人気ブログランキング |
ブログトップ

ゆきふかブログ

yukifukaa.exblog.jp

Diavelでのあれこれ

タグ:ディアベル ( 9 ) タグの人気記事

ブログ友達で「小生の備忘録」のakane8150さんと信州のビーナスラインをツーリングしてきました。

akane8150さんとはバイクやクルマの趣味が似ていることや、家族構成が同じなど共通点が多く、以前から一緒にツーリングしたいと考えていました。
お互い片岡義男の小説にハマった時期もあるので、せっかくなら小説「時には星の下で眠る」の舞台であるビーナスラインを走って、同じ作者の別の小説のカバーガールをやった三好礼子さんのお店「ペレファカフェ」に行こうってことに。
実は7月に一泊で計画していたのですが、雨で会えなく中止。リベンジの9月の3連休も雨で中止。
こうなったら日帰りでもいいからと、今回のツーリングが実現しました。

道の駅こぶちざわに7時の待ち合わせました。
f0305050_08292892.jpg
6時半くらいに到着
akane8150さんは前日から道の駅に隣接する宿泊施設「スパティオ小淵沢」でお泊り。
僕もご一緒して一献かたむけたかったのですが、前日はあいにく友人と飲みのお約束がありました。
f0305050_08293356.jpg
美味しい中国料理で、セーブするはずが少し飲み過ぎました。


akane8150さんとは5月に名古屋で開催された僕がやっている格闘技「空道」の全日本大会(僕が出たのはシニアの部ですけど)に応援に来ていただいた時、以来の再会。
f0305050_08293068.jpg
スパティオ小淵沢はきれいな建物です
f0305050_08293568.jpg
akane8150さんの愛車MT-01

ごあいさつもそこそこに八ヶ岳エコーラインを走りだします。
標高の高いこの辺りはすっかり秋。
景色のいいところで記念撮影。
f0305050_08293879.jpg
やっほー
f0305050_08294545.jpg
快晴です

僕は1人で走る時、停まるのがめんどくさくって、いい景色でも通過してしまって後でもったいなく思うことが多いです。
akane8150さんは撮影スポットでは停止してくれて、僕もぱちぱち撮ってくださるので嬉しいです。
ソロツーリングだとなかなか自分の写真は撮らないので、バイクと景色ばっかりになってしまいます。
今回はビデオも撮っていただいて感謝。
平日の早朝なのでエコーラインはがらがらですが、秋の交通安全運動週間中なので、景色を堪能しながらゆっくり走ります。
エコーラインからビーナスラインに入り、蓼科高原、すずらん峠経由で白樺湖畔のローソンで休憩。
f0305050_08113087.jpg
ホワイト&ブラックですね

ここのローソンは駐車場もテラスも大きくて、とってもきれい。
お勧めです。
f0305050_08113542.jpg
さあ、出発しましょうか

いよいよ見晴らしのいい車山高原~霧ヶ峰高原のワイディングゾーンです。
うきうき。
途中、富士見台の駐車場で休憩しました
f0305050_08113912.jpg
おー!いい見晴らし

富士見台の駐車場からは、ほぼ全域の山が良く見えました。
6月にもクルマで来ましたが、その時は天気が悪くてほとんど見えなかったなぁ。
西は八ヶ岳から遠くの富士山、南は北岳、甲斐駒などの南アルプス、少し南西には御嶽山。西は穂高や槍ヶ岳。西北を見ると黒部峡谷まできれいに見えます。
近所に住んでいるという犬を連れたおじさんが自慢げに解説してくれました。
これだけ雄大な景色なら自慢したくなる気持ちもよく分かります。
富士山はこないだ登ったから次は北岳も登りたいです。
f0305050_08114201.jpg
雄大な景色を撮影するakane8150さん

f0305050_08541075.jpg
雄大な景色。やっぱり晴れている時に来るのが一番ですね。

ここから先、akane8150さんがビデオカメラGoProをヘルメットに装着して、撮影してくれるとおっしゃるので僕が前を走りまーす。
その動画がこちら↓

いいお天気でしょ?
平日のせいか交通量も少なく最高でした。
三峰展望台で休憩。
f0305050_08115236.jpg
ビッグツイン2台

三峰展望台の出入り口はカーブの途中にあるので、出る時に気を使います。
とくに道が空いてる時は、スピードが高めのクルマやバイクが多いから、事故がないのかなぁと心配になりました。

三峰展望台から美ヶ原高原までのワイディングロードは比較的大きめのヘアピンカーブが多くて楽しめます。
僕のシンプソンのヘルメットM30は上方視界がイマイチなので上りのヘアピンは先が見づらいため、マージンを多めにとってあまり攻められません。

美ヶ原高原に到着。
f0305050_08115579.jpg
屋外に彫刻が点在する高原美術館になっています
f0305050_08115796.jpg
今後の予定の確認かな?

美ヶ原高原でソフトクリームを食べたくなったので、もう開店している売店に行ったらいきなり準備中になりました。
あれっ?さっき開店したばっかりだったのにまた準備中?
ソフトクリームは諦めて、飲むヨーグルトをごくごく。
見晴らしのいい観光地に来るとソフトクリームを食べたくなるのは僕だけでしょうか?
高原のソフトクリーム🍦は美味しいと商業的に刷り込まれているのかもしれません。
美ヶ原高原の北西側に行くには一度山を下る必要があります。

つづく












by yukifukaa | 2019-09-30 08:51 | Diavel | Comments(2)
プレッシャーセンサーエラーが表示されたので、さっそくGoogleさんに尋ねたところ、やはりエラーが出たので交換したという書き込みが数件ありました。
日本語ではないですが、交換手順の動画まであります。
ただ、その動画、英語でもないため何言ってるのかよく分かりません(笑)。
タンクのタイプも微妙に違うし。
でも、おおよその手順とプレッシャーセンサーがどこにあるかも分かったので助かりました。
Diavelのプレッシャーセンサーは2つ。
ネットで探すと新品は2つで16000円。
中古だとパニガーレに着いていたのが2つで12000円。
1個当たり2000円しか違わないので、新品にしました。
プレッシャーセンサーはマップセンサーとか絶対圧センサーとか訳し方によって違いますが同じもの。
インジェクションのバイクやクルマにはたいがい使われていて、値段も似たような感じです。
パニガーレとかDiavelのプレッシャーセンサーはECUと同じで三菱製みたいです。
場所はタンクカバーの下、エアクリーナーカバーの左側についているので、タンクカバーを外さないとアクセスできません。
コネクターの抜き差しで治ることもあるって書き込みを見ましたが、タンクカバーを外すのがめんどくさいので、確認しないで新品を注文しました。
f0305050_08203825.jpg
タンクカバーの外すのは慣れてきました(笑)
f0305050_08204547.jpg
いままでサイドパネルをわざわざ外してたのに、一緒に取れること気づきました
f0305050_08205693.jpg
タンクが見えてきました
f0305050_08210644.jpg
タンクの下はこうなっています
f0305050_08212345.jpg
2つのコネクターを外して、ハーネスのカバーも外して
f0305050_08213796.jpg
ハーネスを右にずらすとプレッシャーセンサーが見えてきます
f0305050_08215097.jpg
こんな感じで作業しています
f0305050_08232252.jpg
1個目のプレッシャーセンサーを外したところです

コネクターを外して、ホースクランプをペンチで挟みながらプレッシャーセンサーを引き抜きます。
ホースクランプは再使用可能なタイプかどうか事前に分からなかったので、同径で欧州車に使われるものと、かしめ用のホースクランププライヤーまで事前に購入して用意していましたが不要でした。
でも一つの部品とか工具がなくて無理に作業すると余計な手間が増えたり、最悪、パーツが破損することもあるので仕方ないです。
特にプレッシャーセンサーがホースに刺さっている部分は細くて折れそうだったので、万全を期しました。
f0305050_08233606.jpg
下が古いほう、上が新品です。見た目はまったく同じ(笑)

まず、一つだけ交換してインストルメントパネルをつないで、スイッチオン!
f0305050_08234119.jpg
えー!ダメじゃん。

1つ目の故障だけならこれで終了って思っていたのに。
2つ目も交換してエラー消えなかったらどうしようと不安になりました。

2つ目も交換して、ドキドキしながらオンにすると。
f0305050_08234357.jpg
やった~。

これで車検行けるぜ。
作業開始から終了まで1時間半くらいでした。

プレッシャーセンサー交換が無事成功したので、翌日は練習の帰り道にあるバイク屋さんで自賠責保険に加入。
車検当日は自転車で市役所で仮ナンバーを借りました
f0305050_08240934.jpg
車検取ったらすぐに外すのでひもで縛って装着

車検当日はあいにくの雨。
どよ~ん。
今回は事前にテスター屋でヘッドライトの光軸を調整しないで受けてみることにしました。
光軸でひっかかったら、自分でやってみるて、それでもダメならテスター屋に行けばいいかぁと考えていました。
陸運局に早めに到着して、午後一番の検査でした。
光軸もすんなりOK。
よかったよかった。

雨なのでマフラー交換とプログラムの変更は後日にして、午後はお気に入りのカフェでまったりしました。
f0305050_08241669.jpg








by yukifukaa | 2019-09-24 08:47 | Diavel | Comments(4)
Diavelの車検が8月5日で切れていました。
7月は雨が多くて車検の準備ができず、8月になってようやく晴れて暑くなったと思ったら仕事や富士登山やなんやかんやで陸運局に行くひまがなく、9月になって目途が立ってきたので10日予約しました。

とりあえず、マフラーをノーマルに戻して、ついでにtuneboyで欧州仕様にしていたECUのプログラムも日本仕様に戻します。
後になってFacebook上のドゥカティオーナーズクラブニッポンの数人の方からプログラムは欧州仕様のままで車検通るよ~と教えていただきました。
今ではそのままで行けばよかったと思いましたが、この時点では知る由もなく、トラブルの連鎖が待ち受けようとは思いませんでした。

f0305050_08183547.jpg
いつものように有線で家の中のパソコンに接続
f0305050_08181968.jpg
今回はクルマのセルも回せるというモバイルバッテリーを補助に接続してみました

書き換えには大量の電気を使うので、Diavelに搭載してあるバッテリーだけでは途中で電源が落ちてしまいます。
特に日本仕様のプログラムはチェック項目が多いのか、書き換えに時間がかかるのは経験上分かっていたので、クルマのバッテリー上がり対応用のモバイルバッテリーも補助電源に使ってみましたが、うまくいかず書き換え途中で電源が落ちてしまいました。

書き換え途中で電源が落ちても大丈夫なことも分かっていました。
でもtuneファイルが選択できません。

f0305050_08190830.jpg
本来ならFlash map into ECUがグレーでなく選択できます
げろげろ。
どうしよう。
f0305050_08184116.jpg
そのうちバッテリーの充電不足エラーが!

とりあえず、バッテリー充電のためにこの日は終了。

翌日、バッテリーをフル充電の上にクルマに接続して万全の体制で臨みました。
f0305050_08184712.jpg
S500はリアにバッテリ-があります
でも、ダメぽ。
やはり、選択できません。
ECUのシリアルナンバーも表示されません。
どうしようと途方に暮れ、tuneboyの神、ブログ「ばいく生活あれこれ」のtalkriverさんにメールで質問。

そしたら、「(日本仕様の)STD tune ファイルが選択できるようにするためには、おっしゃるようにシリアル番号を表示させなければなりません。シリアル番号を表示させるために STD tune ファイル以外の tune ファイルを選択してみましたか?」と回答が。
そうか!日本仕様のファイルに戻すことに固執したのがダメでした。
これまでも電源が途中で落ちてシリアルナンバーが表示されなくても、ファイルを書き込めたのはすべて欧州使用などのtuneファイルにする時でした。

さっそく、欧州仕様のファイルを選択するとFlash map into ECU」が押せるようになりました。
f0305050_08192577.jpg
書き込み開始
f0305050_08194304.jpg
電源、持ってくれ~
f0305050_08201232.jpg
あとちょっと
無事欧州仕様のtuneファイルと書き込めたのですが、これは古いバージョン。
インストルメントパネルの表示がノーマルのスポーツ、ツーリングとかじゃなくて、レース、スポーツとか少し違います。
これで車検行くのもな~って思って最新バージョンを書き込もうとするのですが、なぜかこんなエラーがでます。
f0305050_08202441.jpg
こんなエラー初めてみます。
どうせパソコンにつないでるので、万全を期して日本仕様のSTD tuneファイルにトライしてみると、無事書き込めました。

これで、車検通した後に最新のtuneファイルの戻せばいいやって思ったら、なんと!
f0305050_08234119.jpg
あいやー!
なんじゃ、このエラーは?
表示が小さくなってもインストルメントパネルに残ってます。
f0305050_08203125.jpg
まじですか
4輪では以前はエラー表示ががメーターにあっても車検はOKでしたが、数年前から厳しくなってエラー表示があるとNGになったって聞いています。
二輪は分からないですが、有給取って陸運局まで行ってこれでダメって言われたら悲惨なので、プレッシャーセンサーを交換することにしました。

もちろん、自分でやります。
つづく


by yukifukaa | 2019-09-19 08:41 | Diavel | Comments(2)
ダイレクトイグニッション先端のゴムが直立側のシリンダーヘッド内に残ったため、水平側だけで断念したディアベルのプラグ交換。
工具を揃えて再チャレンジしました。
f0305050_08302348.jpg
今回揃えたのはこちら

工具をネットで販売してるモノタロウ製で二つ買っても2500円くらいです。
これで取れるかなぁ
f0305050_08302848.jpg
ハゼットのロングノーズプラグプライヤー

ホントはこれが欲しかったのですが1万5000円くらいするので断念しました。
1回しか使わない工具に1万5000円はさすがにコスパ悪すぎです。

また後輩君のお店に行って作業しました。
エアインテークやサイドパネル外してからタンクカバーの取り外しです。
f0305050_08263561.jpg
こないだやったばかりなのでサクサク進みます。
f0305050_08263783.jpg
順調順調♫
f0305050_08264150.jpg
あっと言うま?にシリンダーヘッドが見えてきました。
f0305050_08264323.jpg
問題はここから
f0305050_08264621.jpg
まずダイレクトイグニションコイルの頭が見えています

持ち込んだ工具でプラグホールに残ったゴムをいくら引っ張っても千切れるだけでぜんぜん外れません。
だんだんボロボロになっていきます。
f0305050_08265196.jpg
プラグのターミナルナットの周りにゴムがあります。
どうしよう。
ディラーのA-bigSportさんに電話で聞いてみました。
前にも電話したのですが、その時はドゥカティの担当の方がお休みでした。
まず、ダイレクトイグニッションのゴムだけを欲しいと聞くと、ゴムだけじゃ売ってないからダイレクトイグニッションごとのアッセンブリーになるというお返事。
が~~~ん。

で、プラグホールにゴムが残って取れないというと引っ張っちゃダメって。
えっ!
思いっきり引っ張ってましたがなぁ~。
CRCなどの潤滑剤をかけて、ゴムを押しながら回転させるとプラグとの固着がなくなり取れやすくなるそうです。
千切れるくらい引っ張って取れないものが、それで取れるのかなぁと半信半疑でやってみると、簡単に取れました。
あっちゃ~、最初から聞いていれば、ゴムをダメにすることなかったのに。
A-bigSportさん、ありがとうございます。そして疑って申し訳ありませんでした。
さすがプロって感心しました。
今度から部品、買わせていただきます。
f0305050_08265890.jpg
ゴムがなくなってプラグが露出したプラグホール
f0305050_08265421.jpg
取れたゴム、ホントはこの倍の長さがあります。
f0305050_08270522.jpg
無残にも千切れたゴム
ダメにわかメカニックの典型ですね。
反省


で、やっとプラグ交換
f0305050_08270801.jpg
そんなに状態は悪くありませんでした

プラグは新品にしましたが、交換換用のゴムは入手していないからせっかく外したゴムを入れてとりあえず組み上げます。
防水面で若干の不安はありますが、タンクやタンクカバーがあるので大量の雨が降らなきゃ大丈夫でしょ。
って甘い判断が命取りに。
とりあえず組んでからエンジンかけたら音が少し静か。
まぁいいか、帰らなきゃってお店を後にしたけど、加速が悪く、明らかに片肺です。

ダイレクトイグニッションとプラグターミナルとの間にスプリングが入っていて、そのスプリングを介して電気がプラグに供給されているのですが、ゴムが短くなったため組み立てる時にスプリングが倒れてプラグに電気が供給されていないか、もしくはゴムがなくなったためプラグホールとスプリングの間がむき出しになって金属製のプラグホールに電気がリークして正常にスパークしなくなったのが原因と思います。
と言っても、ゴム自体がないので家まで帰るしかないとそのまま走っているとパネルにエラーメッセージが表示されました。
f0305050_08271106.jpg
きゃー!大変!!

一度、エンジンを切るとリセットされることもあるのでトライしてみたら、今度はエンジンがかかりません。
え~、レッカーかなぁと暗い気持ちになりましたが、しばらく待って再始動してみるとエンジンは無事かかり、エラーメッセージも消えています。
片肺状態には変わりないので、正常な信号がコンピューターに送られてないのでエラーメッセージが出たのでしょう。
あとでエラーメッセージの内容を調べてみると、やはりそうでした。
早めにゴムを入手して交換しないと。。。










by yukifukaa | 2019-05-21 08:43 | Diavel | Comments(2)
Diavelちゃんの燃費はTuneboyのプログラムを入れ替えても燃費が改善しないので、スパークプラグを交換してみます。

フロント側の気筒は簡単ですが、リア側の気筒のプラグを交換するには、タンクを外さないとプラグにたどり着きません。
タンクを外すにはエアインテークとか色々外す必要があり面倒です。
ディラーに交換作業をお願いすると工賃はだいたい4500円から9000円の間みたいです。
手間や利益を考えると決して高くはありません。
ただプラグは定価になるはずなので、プラグ代が1本4000円弱。
それがネットで買うと2本で4200円です。
ディラーだと安くても1万円以上かかるのが自分でやると4200円。
約6000円あったら、美味しいもの食べるかツーリング行ったほうがいいって思って面倒でも自分でやることにしました。

ただ自宅で1人で黙々とやっても面白くないので、後輩君のお店でやらせていただくことに。

エアインテークはETCを付けた時にバラしたことはあるので、さくさく外します。
f0305050_08371837.jpg
このタンクカバーはプラスチック製だと思っていたら、なんと鉄製。
案外重いです。
カーボン製が欲しいな~。

f0305050_08374790.jpg

タンクカバーの下にタンク本体があります。
f0305050_08375703.jpg

やっとタンクを外せてリアの気筒のヘッドが見えてきました。
f0305050_08380710.jpg
プラグ交換だけなので、少しタンクを浮かせれば可能です。
後はプラグを外して新品に交換するだけって安心していたら、そうは問屋がおろさず。

ダイレクトイグニッションを引き抜いたら先のゴムがありません。
f0305050_08372573.jpg
ゴムがシリンダーヘッドのプラグホールに残っているので、それが邪魔になりプラグレンチがプラグに到達できずプラグを外せません。
ゴムが外れないか少しトライしてみましたが、何らかの原因でプラグとゴムが固着しているのか外せません。
無理にやってゴムを破損したら乗って帰れなくなるので、ロングノーズプライヤーかプラグブーツプライヤ―で再度挑戦することにして、リアの気筒のプラグは交換せずにそのまま元に戻しました。
ゴムを破損した時に備えて、次にバラす時は予備のゴムを入手しておきたいです。
まだディラーに聞いてませんが、もしゴムだけでパーツが出ないならダイレクトイグニッションの中古品をネットオークションで探します。

このダイレクトイグニッションはDENSOなどの国産品なら4輪用などを流用できるかなと調べて見ましたがドイツのBERU製みたいで、ゴムだけ手に入れるのは難しそうです。

フロント側の気筒のプラグはゴムが外れることもなく簡単に交換できました。
f0305050_08381148.jpg

かなりカーボンが付着していますので、この状態を見るとリア側も早く交換したいです。






by yukifukaa | 2019-05-09 08:23 | Diavel | Comments(2)
1年点検やリコール対応などの整備をお願いしたり、たまに部品やグッズを買っていたディラーのドゥカティ東京ウェストが昨年12月27日に倒産したそうです。

がび~ん。

昨年の12月3日、用もないのにぶら~っと遊びに行った時はまったくふつーに営業していました。
f0305050_07501225.jpg
僕のほかにもお客いたし。
f0305050_07505265.jpg
新車や中古車もいっぱい展示してありました。
f0305050_07513291.jpg
バックステップとカーボンホイールが付いたXDiavelいいな~
f0305050_07523459.jpg
パニガーレもかっこいいなぁ~と展示車両を見てるだけで満足して帰りました。

なのに、倒産したって聞いて1月6日に行って見ると
f0305050_07543550.jpg
入口には試乗車らしきものが並んでいるものの
f0305050_07544450.jpg
中はがら~ん。
f0305050_07550688.jpg
いつも沢山の整備待ち車両が並んでいたサービス工場もシャッターが閉まっています。

いいお店だったのになぁ。

僕のDiavelはドゥカティ大阪箕面で納車して、そのまま東京に持ってきて、初回点検以降はドゥカティ東京ウエストさんで面倒見てもらっていました。

ただディラーでしかできない整備以外はほとんど自分でやるし、車検もユーザー車検で自分で通したので、お店にとってはいいお客じゃなかったのかもしれません。その分、パーツは通販で買うのと同額ならば直接メーカーから購入せずに、ドゥカティ東京ウエストさん経由で買っていました。

それでもこのお店で車両を購入した客じゃないのに、日曜日の午後にお友達と試乗に行くと、嫌な顔もせずにすぐに試乗させてくれたり、Diavelのサイドナンバープレートホルダーを注文しようとすると、「思ったよりよこに張り出して邪魔だし、バンク角も少なくなるから考え直したほうがいいですよ」と販売店らしからぬアドバイスをもらったこともあります。

こっちも気を使ってTシャツとかマグカップとか小物を購入していました。

のんびりした雰囲気のお店で、暇な休日の午後に遊びに行くのが好きでした。

ただ、最近はこのお店らしからぬ話も少し聞いていたので、あれっ?と思っていましたが、まさか倒産するとは。

良心的なお店がなくなるのは悲しいです。

さよなら東京ウェスト

f0305050_08152109.jpg











バイク(ドゥカティ) ブログランキングへ




第2回プラチナブロガーコンテスト



by yukifukaa | 2018-01-09 08:19 | Diavel | Comments(8)
こないだ書いた知人のディアベルのリアショックリンク部品の破損、他にも事例があるらしく海外のDiavelのサイトでも話題になっています。
同じタイミングなので、ある程度の距離に達すると破損する可能性が高まるのかもしれません。
f0305050_07515188.jpg
リンク内に入っているこのベアリングが壊れるみたいです。
f0305050_07515775.jpg
この部分です。

3日前くらいにイギリスの人が「28000キロで壊れた。ほかに壊れた人いる?」って投稿したら、
俺も俺もって感じで、「ディアベル共通の課題」って言ってる人もいました。

ニュージーランドの人は壊れたベアリングの画像をアップ
f0305050_07531359.jpg
こんなになるのですね~。

僕の知人のも壊れたよ~ってポストしたら、「触媒のコンバーターを外せば長持ちするよ~」ってアドバイスもらったのですが、
触媒のコンバーターってどこにあるの?って感じです。
排気ガスのCOを除去する触媒はかなり高熱になるので、それが近くにある影響でベアリングのテフロンが劣化するよってことだと推察するのですが、
ディアベルの排気触媒ってサイレンサーの中なのかエキパイの中なのかかが分かりません。
ちなみにハーレーはエキパイの中に触媒入っています。
エキパイはリアのリンクからは遠いので、たぶん触媒はサイレンサーの中だと思うのですが、
だとしたらいつもはノーマルのサイレンサー使っていないので、僕のは長持ちするかも。

3万キロ超えたら、点検したほうがいいかも。




バイク(ドゥカティ)ランキングへ
by yukifukaa | 2017-12-22 08:18 | Diavel | Comments(10)
ホールを外してニュータイヤとともに環七南千束2りんかんまでクルマで行ってきました。

そしたら、バランサーのアタッチメントが合わないから、バランス取れないかもって言われました。

え~~~~~!
ココだと最新のバランサーだからバランス取れるって府中店で言われて来たのに、
なんとかして~ってお願いしました。

やってみるって言って少し待っていたら、バランサーの説明書読んだら、載っていましただって。
よかったよかった。

もし、ダメだった時のことも考えて、待っている間にディラーに電話で聞いたら、
やっぱり持ち込みだと工賃すごく高い。
持ち込む意味ないじゃん。

ほかに持ち込みでやってくれて、そこそこ安いのは練馬のお店ぐらい。
最悪、そっち行くかなぁと思っていたので助かりました。

待っている間に近くの「磯焼・広島焼 ふじ」ってお店で海鮮丼のランチ食べたのですが、
すごく美味しかったです。
ランチ食べてる時にタイヤ交換終わったってお店から連絡いただきました。

じゃ~ん!
f0305050_07560648.jpg
やっぱりニュータイヤはいいですね~

家に帰ってきて、さっそく組み込み。
つーか、組み込まないとバイク動かせません。
f0305050_07562007.jpg
ちゃんと組めました~。
f0305050_08075496.jpg
かっこいい~と自画自賛(笑)。

取り合えず、肝心の締め付けは1人でできるところまで締めて、
後日に後輩に手伝ってもらって当初、マーキングしていたところまで締め付て完了しました。















by yukifukaa | 2017-06-05 08:18 | Diavel | Comments(4)

僕のtuneboyのハードウェア使って
いつものお友達のDiavelをフルパワー化しました。
f0305050_08252293.jpg
追加のチューニングキーは年末のセールの時に買ってありました。
クルーズコントロールは必要ないと言うので、
チューニングキーだけ買いました。
現物があるわけじゃなくて、実際にはメールで
パスワードを教えてもらうだけです。

ECU書き換え中にバッテリー残量がなくなったら
嫌なので念のためバッテリーを充電器に
つなぐためにアンダーカウルを開けまーす。
f0305050_08250433.jpg
前にもやったのですが、細かいことは
忘れました(笑)。
元に戻す時に困らないように
配線なのオリジナルの状態を
ケータイのカメラで撮りながら
作業します。

いまは便利ですね~。
昔は、アレ?どうだったって?
ってよくありましたとオッサンの回想。
f0305050_08264393.jpg
おおっ!これは!!
f0305050_08264851.jpg
バックがうまくトンでスタジオで撮ったか
フォトショップで加工したみたい。

いまのケータイのカメラはすごいですね~。

こないだパソコン新しくして、
もちろんtuneboyのファイルも移行してあるのですが、
OSがウィンドウズ10なので、上手くいくか自信がありません。
自分のDiavelだったら、上手くいかなくても別の日にやれば
いいのですが、お友達に何回も来てもらうのは
忍びないので、今回はXPの古いパソコンを使いました。

wifiじゃなくてUBSケーブルでDiavelに接続したtuneboyの
ハードウェアWB-01をつないで、パソコンと通信しました。
デスクトップタイプのパソコンなんで、窓からUBSケーブル
外にひっぱってDiavelと接続するスーパーアナログな手法(笑)。
f0305050_08254864.jpg
それでもちゃんと通信確立できました。
f0305050_08261640.jpg
おんぼろパソコンなんで、モニターの色がおかしいです。
友達はクルーズコントロールキーは購入してないので、
tuning keyだけのところを選択。

一反木綿のポインターがかわいいでしょ?

ECU書き換え作業はDiavel本体の電源オン、オフや
WB-1を接続したり取り外したりが伴うので、
お友達と二人でやると便利でした。

f0305050_08255654.jpg
1人でやった時は、途中であら?電源落ちてる~
やり直しだ~と家と外を何回か往復したけど、
今回は家の中から「電源落としてくださーい」とか
指示するだけ。
楽ちんでーす。
f0305050_09052504.jpg
無事、書き換え完了。
trimファイルも3つ入れられました。

バッテリーも元に戻して
f0305050_08270681.jpg
ついでに洗車して
f0305050_08272392.jpg
近所を試運転して、問題ないことを確認しました。
f0305050_08272649.jpg
帰宅したお友達から、日曜日の夕方の都内ではそんなにスピード
だせなかったのでフルパワーが実感できるほど回せなかったけど、
中低速がスムーズになって乗りやすくなったと喜びのLINE
が届きました。

仲良しとバイクいじりの休日は最高でした。









バイク(ドゥカティ)ランキングへ
by yukifukaa | 2016-08-17 09:14 | Diavel | Comments(4)