人気ブログランキング |
ブログトップ

ゆきふかブログ

yukifukaa.exblog.jp

Diavelでのあれこれ

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年も次女がスタッフとして参加してるかえるまつりが開催されたので松本に行ってきました。
毎年、夏至の前後に開催されます。
f0305050_07570114.jpg
松本城近くの縄手通りで開催されます

6時半ぐらいに東京を出たら、八王子辺りから中央道は豪雨。
甲府を過ぎると晴れてきました。
f0305050_07561690.jpg
原PAで休憩

中央道の下り、甲府盆地辺りは舗装がガタガタでした。それより長野側は舗装が新しくなっていて快適です。
甲府近辺も綺麗にしてほしいな~。
頻繁に集中工事やっているはずなのにどうしてでしょうね。

次女の部屋にお届けものしてから10時過ぎに縄手通りに到着。
受け付けでスタンプラリー用のカードをもらいます。
f0305050_07570408.jpg
スタンプを全部集めるとカエルのイラストが描いてある缶バッジがもらえます
f0305050_07570609.jpg
スタンプは会場の何カ所かにこんな感じでおいてあります
f0305050_07565519.jpg
会場の中はかえるさんがいっぱい
f0305050_07565271.jpg
忍者のコスプレイヤーさんとかえるがポーズ取っていました
お店の前にもかえるさんがいっぱい
f0305050_07564409.jpg
来場者の多くがかえるのグッズを身に付けています
f0305050_07564621.jpg
かえるのストリートアート
f0305050_07563666.jpg
こんな感じでそぞろ歩きは気持ちいいです
f0305050_07564879.jpg
縄手通りの真ん中には蛙大明神があります
f0305050_07565977.jpg
商店街の入り口にある蛙の御神輿

お昼は縄手通りから橋を渡ったお蕎麦屋さん「蔵の花」にしました。
ざるそば800円、僕は大盛の1100円にしました。
f0305050_07570955.jpg
大盛でーす


去年もここで食べました。
近所の商店の人に美味しいお蕎麦屋さん教えてくださいって聞いて、教えてもらったお店だけあって美味しいです。

ランチのあとはデザート。
通りかかった「&s ROAST FACTORY」って冬はコーヒーとチョコレート、夏はかき氷もやってるお店にしました。
山梨の天然氷のカキ氷って宣伝文句と写真に惹かれて店内へ。
テイクアウトのお店でイチゴのカキ氷がなんと1000円。
お店の中で食べられるならまだしも、外で食べなきゃいけないし、もとはただの水とシロップの組み合わせに1000円!!
って怯みましたが、欲望には勝てずイチゴを注文。
f0305050_07571178.jpg
じゃ~ん。

氷の間にもシロップと練乳を入れてくれて、氷の粒が非常に細かくてとても美味しゅうございました。
これで店の中で食べられるなら1000円でも文句ありませんが、テイクアウトで1000円はやはり高いと思います。

特に用がなかったので帰りは松本からアゼリアラインを通って美ヶ原高原経由で東京に戻りました。
山に入ると路面がびっしょり濡れていて、かなり雨が降った後のようです。
アゼリアラインは道幅も広くなくてRがきついカーブが連続します。
車体の大きなSクラスだとそんなに攻めれませんが、午後おそいせいか交通量が少なかったので快調に走りました。

ビーナスラインに入る手前の見晴らし台にドゥカティが数台集まっています。
僕もメンバーのドゥカティオーナーズクラブニッポンの信州の有志が今日、ビーナスラインラインをツーリングするって聞いていたので、
その人達かも?
クルマ止めて声をかけてみると当たりでした。
新年会クルーズでお話した静岡のディアベル乗りの方もいて、ご挨拶できてよかったです。

美ヶ原高原は雨だと教えてもらったので、パスして霧ヶ峰に向かいました。
そこから先は小雨が降ったりやんだり。
せっかくの見晴らしもイマイチです。
f0305050_07571473.jpg
霧ヶ峰もどんより

霧ヶ峰から車山にかけては天気も回復してきて、高原のドライブを楽しめました。
途中で大門街道に入り、茅野まで降りてから八ヶ岳エコーライン経由で小淵沢まで下道をドライブしてから東京に戻ったのは夜7時前。

来月のツーリングは晴れるといいなぁ~。











by yukifukaa | 2019-06-25 08:26 | その他 | Comments(2)
先日、ダイレクトイグニッションの先端のゴムを交換する時に、気になったことがありました。
タンクを上げた時に、そこの部分にガソリンが滲んたような跡を発見しました。
f0305050_07333774.jpg
ギャー!なんじゃこりゃ!!

最初は底から挿入してあるポンプのパッキンから漏れているのかなと考えましたが、サイドカバーを止めているボルト穴辺りから滲んだ痕跡があります。
f0305050_07334057.jpg
どーして上から流れた跡があるのかなぁ?

部品がギュウギュウに詰まった場所ではないので、毛細管現象で滲んたガソリンが上に行ったのも考えずらいです。
「Diavle ガソリン漏れ」でググってみたら、すぐに原因が判明しました。
2014年にリコールになっています。
f0305050_07335050.jpg
これは僕のバイク、同じとこでしょ?

タンク交換するのにお金かかるだろうなぁ。パテ埋めで止まるかぁって心配していたので、リコールになっていて助かりました。
リコールは対応期限がなくて、対象を全部交換するまで終わらないというユーザーにとっては非常にありがたい制度。
さっそく近所のディラーのA-bigスポルトさんに電話して、対応をお願いしました。

前に通っていたディラーのドゥカティ TOKYO WESTさんが倒産して以来、ディラーさんには行っていません。
整備や車検はほとんど自分でやるし、ほしい部品もある程度、買っちゃったので、お金落とさないのにディラーさんに行くのは気が引けます
そんな僕でもA-bigスポルトさんは、快く「持ってきてください」とおっしゃっていただけました。
わーい。

持って行く前に、どこかで脱落したウェルナットを装着しました。
純正だと1個500円くらいします。
これはちゃんとQー1032って規格の製品なので、モノタロウだと2個で399円で売っています。
f0305050_07334656.jpg
念のためボルトを刺してみましたがぴったり
f0305050_07340162.jpg
ココのを落としたみたいです。ボルトは刺さってましたので僕の作業ミスかな
f0305050_07340474.jpg
付けてみましょう
f0305050_07342640.jpg
復活(笑)


A-bigスポルトさんは自宅から3キロくらい。
ガソリンの残量警告灯が点灯していたのですが、タンクを脱着するのにガソリンがいっぱいだと重いし、その後はガソリンが滲みを発見したので、満タンにして滲みが酷くなるを避けるため、給油していませんでした。
そしたらA-bigさんに行く途中にガス欠。
近所なのでガソリンスタンドの位置は把握しているので、押して歩いてる時にステップにふくらはぎをぶつけて、ちょー痛んでいたのですが、往来でカッコ悪いのでやせ我慢していました。
でも、なんか血が出てる感じが。
あとで見たら青くなって擦り剝けて血も滲んでいました。
バイクはガソリン滲み、オーナーは血が滲んで似た者同士です。
しくしく。

汗をかきかき、300mくらい押して、スタンドでとりあえず1000円分くらい給油。
満タンにするとタンクの交換作業が大変ですもんね。
ホントは3リットルも入れれば十分だったのですけど、フルサービスのスタンドだとさすがに悪くて。
原付なら気にしないのですけど。
f0305050_07342266.jpg
甲州街道沿いのA-bigスポルトさんに到着
f0305050_07343599.jpg
おっ!新型カタナだ!!
f0305050_07343262.jpg
実物はコンパクトで悪くないわねぇ


先に電話で言ってあったので、話はサクサクと進み、預かっていいですか?ってことになりました。
7月にツーリングの予定があるので、早く修理してもらったほうがいいので、バイクと一緒にヘルメットとグローブも預けて、徒歩で40分くらいかけて帰ってきました。
てくてく。
f0305050_07342912.jpg
お漏らし直してもらってきなさいね~

ドゥカティランキング
by yukifukaa | 2019-06-10 08:26 | Diavel | Comments(0)
プラグ交換の際に、ダイレクトイグニッションの先端のゴムがバーチカル側気筒のプラグホールに残って、無理やり取ろうして破損し、片肺になったディアベルちゃん。
ヤフオクで中古品のダイレクトイグニッションを入手できたので、さっそく修理しました。
f0305050_08115496.jpg
片肺のためモーターステージ東京まで行くこともできず自宅で作業です

タンクを外すためにまずはエアインテークカバーを外します。
f0305050_08113337.jpg
先端のメッシュ部分を外しました。
f0305050_08113775.jpg
外した部品はネジと一緒に柵の上に。青空ガレージなので、雨が降らない時を見計らっての作業です
f0305050_08113934.jpg
エアインテークカバーを外すとこんな感じ
次はタンク上部のパネルを外します
それからタンクカバーを
カバー類が多くて、ガレージセールみたいです
やっとヘッドが見えてきました。


何回もこの作業やっているので、ここまであっと言う間にできるようになりました。
f0305050_08115734.jpg
上が元々のダイレクトイグニッション
ドイツのBERU製です。
下はヤフオクで入手した同じBERU製


もともとディアベルについているのとは品番の最後の3つの数字が45B,ヤフオクで入手したモンスターS4RSの中古品のダイレクトイグニッションは43B。同じテスタトレッタエンジン用なのでたぶん一緒だし、製品の年式が違うだけなのでゴムは使えると考えて落札しましたが、もし合わない可能性もあるという一抹の不安がありました。
f0305050_08120131.jpg
左がディアベル、右がモンスターS4RS用
ダイレクトイグニッション本体の色が違いますが長さと径は同じで使えそうです。
左がダメしたゴム、右がモンスターS4RS用から取り外したゴム
見た目は同一の製品のようです。
f0305050_08120660.jpg
ゴムだけをDiavelのダイレクトイグニッションに移植。
ピッタリでした。


ヤフオクで買った中古品のダイレクトイグニッションは、2本で送料込みで約1万円。
高くついたプラグ交換でしたが、予備のダイレクトイグニッションが入手できたと前向きに考えます。
エンジンを始動したら警告灯は点灯せず、ちゃんと2気筒とも元気よく動いてました。









by yukifukaa | 2019-06-03 08:41 | Diavel | Comments(6)