<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

松本

下の娘が長野県の松本の大学に行くことになりました。
先週、金曜日までは「行かない、浪人して京大に入りたい」と言って、予備校の入学手続き終えて80万円も払ってきたのに。
高校の担任に相談したところ、研究者になるなら院からでも京大行ける、1年間受験勉強するより、早く専門の研究を始めたほうがいいってアドバイスをもらい、考えを変えたようです。
それが先週の金曜日。

下の娘さん、自由すぎます。
でも住むところも決まっていません。
後期試験の発表後、1週間以上ほったらかしにしていたので、いいアパートは既にきまっているだろうなぁと諦めつつ、翌日の土曜日にクルマで松本に部屋探しに行ってきました。
f0305050_08165498.jpg
久々の中央道は晴れていて気持がよかったです。
オービスがデジタル化されて、位置も微妙に変わっていました。
気を付けなければ。
とりあえず大学の構内にクルマ止めて、部屋を紹介してもらおうと大学生協に行ったところ、生協では部屋は紹介してないそうです。
あらま。
f0305050_08165940.jpg


学校の近所の不動産屋さんを当たるしかないと正門のほうに歩いていくと、賄い付きの下宿人を探してるおじさんに声をかけられました。
話聞いてみてもいいかなと思ったのですが、娘と妻は賄い付きは選択肢に入っていないみたい。
断ると「一人で毎日ご飯用意するのは大変だからやってみるといいよ」って怒ったように言われました。
そっちから声かけてきて、断ったら怒るなんて、めんどくさい人です。
断るの気の毒だったのですが、やっぱり断ってよかった。

正門の前に行くと不動産屋が2件あって、どちらもすご~く混んでいます
後期試験組が慌てて部屋を探しているのでしょうね。
パンフレットを配ってたほうの不動産屋さんに入って、2件見せてもらって、後のほうが気に入ったので、すぐに契約しました。
築25年と古い建物なのですが学校から近く、窓が大きくて日当たりもよく、女性専用でセキュリティーシステムも装備してありました。
本当は築浅の物件がよかったのですが、前期試験で入学を決めた人もいて、条件のいい物件から埋まっていくはずなので、多少の妥協は仕方ありません。
迷ってる間にもどんどん埋まっていくでしょうし。

次は家具を探しに市内の反対側にあるニトリにクルマで向かいました。
松本市内は川が多くて、城下町の町割りのため道が狭くて直線道路も少なく、どこに行っても渋滞していました。
空気がいいし、街並みきれいなので、自転車やバイクで生活すれば気持ちよさそうです。

Googleさんの案内で狭い裏道をくねくねしながらニトリに到着しました。
車から降りるとなんと財布がありません。
大学の駐車場で車に乗り込む時に落とした可能性が一番高いので、また渋滞の中、取りに戻りました。

そもそも財布を持ってきたのか自分の記憶に自信がなくなってきましたが、高速のSAで休憩するときに、
飲み物でも買おうって持って降りたような気がするので、もし家に帰ってなかったら大変だしと運転しながらも悩んでいました。

駐車場に着いて、停めていた周辺やほかの車の下も覗きこみましたがありません。
あ~ぁ。
ダメもとで駐車場のゲートのおじさんに聞いてみたら届いていました!!
よかった~。
助かりました。

またニトリに戻って家具を注文したら、配達に時間がかかるみたいです。
ベッドが届くまでマットレスと布団で我慢してもらいます。

夕方、松本を出て、軽く渋滞して東京には夜の7時過ぎに戻ってきました。

f0305050_08170329.jpg
日曜日は近所の体育館まで自転車で行ってウェイト。
桜がきれいでした。




[PR]

by yukifukaa | 2018-03-28 07:57 | その他 | Comments(2)  

ドゥカティ東京ウェストエピローグ

ドゥカティ東京ウェスト倒産後、DTWに勤めていた蜂須賀さんと山本さんがドゥカティの専門店「RITMO rumorosso」(リトモ ルモッソ)をオープンしました。
場所はDTWがあった新青梅街道沿いの西東京市、上り車線の道路沿いにあるオールドBMWやオールドモトグッチの専門店ritmo serenoの敷地内にあります。
f0305050_08001862.jpg

お店のロゴマークでーす。
f0305050_07224114.jpg


なにも買わなくて、整備も頼んだワケじゃなく、ただ遊びに行った僕にも蜂須賀さんには丁寧に応対していただきました。
ディラーではないので、メーカーの診断機はありませんが、それ以外の整備はできるそうです。
なにかあったらお願いいたします。

そして東京西部に新しいドゥカティディラーができました。
かなり以前から府中で輸入車を扱っているアライモータースさんがドゥカティのディラーになり、「DUCATI A-bigスポルト」をオープンしました。
もうドゥカティジャパンのサイトに正規ディーラーとして掲載されています。http://www.ducati.co.jp/.../fuchuu/a_big_sport/index.do

DUCATI A-bigスポルトにもDTWで働いていた人が何人かいるそうです。
これで東京西部のドゥカティ乗りも安心ですね。


バイク(ドゥカティ)ランキングへ

[PR]

by yukifukaa | 2018-03-14 08:22 | Diavel | Comments(2)  

バッテリー交換

クルマのバッテリーが上がってしまいました。
恥ずかしながら、ここ1カ月で2回目。

前にバッテリー交換したのはよく覚えてないのですが4年前くらいだと思います。
最初にJAF呼んでジャンプスターターしてもらった時に、そろそろ交換時期ですね~ってアドバイスされたにもかかわらず、1、2月は雪が車に積もったりしたので、その影響かなぁ?暖かくなってきたから、もう少しは使えるだろうとタカくくったのが間違いでした。

前日にバイクを出すのにクルマを始動した時、ちょっとセルの回り方がモタついたので嫌な予感がしましたが、その時は無事エンジンかかりました。
夜にバイクを入れる時も普通に始動できましたが、その2回の始動とライト点灯なのでバッテリーの残量を使ってしまったみたいです。
2回とも少ししか動かさなかったので、ほとんど充電できていなかったと思います。
5リットルのエンジン始動にはけっこう電気使うんですね~。

日曜の朝、電装系はすべて生きていましたが、エンジンかけようすると少しクランキングしただけでセルが回らなくなってしまいました。
すぐにJAFに電話して来てもらうとともに、ネットでAmazonでバッテリー注文しました。
前は近所のオードバックスで買いましたが、Amazonのほうが安いので。
f0305050_07221079.jpg


届きました。ヤナセ純正のユーロブラックっていうバッテリーです。
もの自体はBOCSH整です。

f0305050_07221611.jpg
箱から出していつから使っているかって記入したシールをぺったん。
f0305050_07222282.jpg
そのまま装着してもいいのですが、念のため充電器につないでみると。
あらフル充電になってない。

せっかくの新品なのでフルに充電してから取り付けることにします。
f0305050_07222503.jpg
夜、クルマ使おうとすると古いバッテリーのままなので、またセルが回りません。
先週末は20㎞くらい乗ったのに、やっぱり寿命ですね~。
仕方なく、暗い中バッテリー交換。
作業自体はバッテリー本体を止めてあるプレートのボルト外して、マイナスとプラスのターミナルケーブルを外して、新品に付け替えるだけなので簡単なのですが、とにかくバッテリーが重い。

バッテリーを出し入れするのにトランクの真後ろからじゃなくて、右側面からのほうがいいのですが、クルマが動かせないので狭い駐車スペースでやるしかなく苦労しました。
しかも暗いし。

無事装着して買い物に行くとエンジンまで調子いい。
気分の問題か、弱ったバッテリーだったのでプラグの火花がきれいに飛んでなかったのか分かりません。
f0305050_07223623.jpg
いままで働いてくれたVARTAのバッテリーさん。
おつかれさまでした。


バイク(ドゥカティ)ランキングへ




ほっとフォトコンテスト





[PR]

by yukifukaa | 2018-03-13 07:40 | メルセデス | Comments(0)  

いすゞプラザ

お仕事でいすゞ自動車の藤沢工場に行ってきました。
東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせたくらいの巨大な工場です。
トラックの組み立てラインを見学しましたが、もちろん撮影不可。

そのあと、広報施設のいすゞプラザを見てきました。
これが楽しい!
オートバイやクルマ、飛行機、自転車、船など乗り物はなんでも好きですが、
正直に言って商用車は仕事以上の興味はありませんでした。
そんな僕でもワクワクするような展示が多くて、まさに大人も子供も楽しめる施設です。

f0305050_07503212.jpg
入口は綺麗なお姉さんがいました。
いすゞ製のロボットだとびっくりするのですが、生身の人間でした。
そのほうがいいです。
f0305050_07591829.jpg
いすゞの歴史を説明するパネルのある長い廊下を抜けると
f0305050_08010941.jpg
架空の街、いすず町のジオラマがあります。
日本最大級らしいです
f0305050_08011684.jpg
現代の街にある建物や遊園地などの施設はほぼ再現されています。
昭和の街並みもありました。
約80分の1のスケールだそうです。
f0305050_08013980.jpg
街の一日が再現され夕焼けや夜になったりします。
コンピューターとモーターが搭載して街を走行するクルマもあります。
街の中の信号は作動して、赤になるとちゃんと止まるし、曲がるときはウィンカーが点灯します。
消防車や救急車などの緊急車両は信号に関係なく走行します。
公園ではジェミニがランデブー走行する昔のコマーシャルが再現されていてうれしくなりました。
f0305050_07385583.jpg
夕焼けやの街でーす。
人の顔と比べるとだいたいの大きさがわかると思います。
f0305050_08012990.jpg
天然ガススタンドもありました(笑)。

ジオラマの次は実車などが展示されていて、乗り込むこともできます。
f0305050_07390770.jpg
自衛隊で使われている輸送車両です。
f0305050_08240627.jpg

運転席に座ってみたけどいたってふつーでした。
f0305050_07400287.jpg
大型トラックGIGAの運転席
思ったよりコンパクトでした。
運転しやすそうです。

子供向けのお勉強コーナーもあります。
f0305050_07404764.jpg
寒い国では雪道でも走れること
f0305050_07405651.jpg
岩だらけの凸凹道でも走れるクルマがいるよ~とか世界中にはいろんなニーズがあることを説明しています
f0305050_07411099.jpg
自分で好きなクルマも作れます。
変な色の消防車
f0305050_07412723.jpg
作ったクルマを3D地図上で走らせることができました。
楽しいでーす。
f0305050_07413418.jpg
これはプレス工程を再現したもの
自分で紙をプレスして部品が作れます。
f0305050_07414022.jpg
ほかにも色んなことをして遊べます。
f0305050_07511935.jpg
f0305050_07510448.jpg
実車の展示車両もいっぱいです。
すべて動態保存で、走行可能な状態です。

土曜日と休日が予約なしで自由に見学できまーす。
火曜日から金曜日まで予約見学でウェブサイトで予約できます。
いすゞプラザの隣には、一般の方にも利用できる宿泊施設「PLAZA annex」もあるそうでーす。












バイク(ドゥカティ)ランキングへ




ほっとフォトコンテスト





[PR]

by yukifukaa | 2018-03-12 08:09 | その他 | Comments(2)  

DetoroitⅣ

仕事が忙しくて間が空いてしまいました。

シューティングの後はお昼ご飯。
ホテルの近くで気になっていたイタリアンに行ってみました。
f0305050_08054576.jpg

外観から大したことないからと思っていたのですが、なかなかちゃんとしたお店でした。

まずはサラダ。
惜しかったです。

昨夜も食べたのにまたラビオリをオーターしてしまいました。

後輩君はエビにパスタ。
少しもらいました。
これもなかなか行けました。

アメリカでも高いレストランはそれなりに美味しいです。
ランチを食べた後は、昨日行ったけど定休日だったハーレーダビッドソンモーターシティを見に行きました。

すごく広い。
新車はカラーバリエーションを含め、すべてあるかもって感じの品ぞろえ。
すご~。
f0305050_08150223.jpg


ただ、品ぞろえの良さ以外は特になんてこともなく。
ディスプレイは日本のディラーのほうが工夫している感じです。

ホテルに帰ってお昼寝して晩御飯は予約していたノバイにお寿司屋さんに行きました。
f0305050_08061851.jpg

スーパームーンを見ながら車で30分くらいです。

ノバイにある写楽。
写楽は東京や大阪、アメリカはニューヨークにもあります。
大阪のお店にはよく連れて行ってもらいます。
ミシガン州ノバイの写楽は厳密に言うと系列店ではありません。
以前、写楽の大阪、ニューヨークで働いていたベテランの板前さんが、自分で店を出すときに暖簾分けしてもらったお店。
オーナーの鈴木さんは廿枝さんのお友達で、僕も10代のころに何回か会ったことがあります。
お互い、すっかり忘れていたのですが、お店に話しているうちに、あ~覚えてるぅって再会を喜び合いました。

インテリアは日本と同じ。

オーナーの鈴木さんです。

再会を喜び会って乾杯する廿枝さんたち。
f0305050_08063745.jpg
まずはお刺身から。
ミシガンの川で取れた新鮮な刺身です(嘘)。


美味しい日本酒もあります。
f0305050_08064122.jpg
カリフォルニアロールならぬオリジナルのドラゴンロールを握ってもらいました。

来ているお客さんは日本からの駐在員がほとんど。
Novi近郊には自動車関係の日系企業がたくさんあり、日本からの駐在員がたくさん居住しています。
鈴木さん、なかなかいい場所に目を付けたと思います。

肝心の味は、ほぼ日本と同じ。
アメリカには韓国人や中国人が経営している寿司もどきのお店もたくさんありますが、
ここでは日本の名店のお寿司とほぼ同じ味を堪能できます。

握りもすごく美味しかったです。
貝類などネタにないものもありますが、ミシガンで美味しいお寿司を食べたくなったらぜひどうぞ。
もちろん日本語はばりばり通じます。

再会を祝して記念撮影。

ホテルの帰りは運転代行を呼んでもらいました。

運転代行って日本だけかと思っていて、アメリカで運転代行って商売があるのまったく知りませんでした。
ひょっとしたら日系企業が多い、Novi周辺だけかもしれません。
来たのは白人のおばちゃん2人。
女性だけで危なくないの?とも思いますが、この辺りはアメリカの中でも収入が高い地域です。
地獄のようなデトロイト市内とはまったく別。
エミネムの映画8マイルは現実した。

翌日は遅く起きて帰るだけ。

成田に着いたら「ユーは何しに日本へ?」のインタビュアーがいました~。
f0305050_08070121.jpg
帰ってきただけで~す。


おしまい
バイク(ドゥカティ)ランキングへ




ほっとフォトコンテスト





[PR]

by yukifukaa | 2018-03-05 08:44 | Comments(2)