人気ブログランキング |
ブログトップ

ゆきふかブログ

yukifukaa.exblog.jp

Diavelでのあれこれ

カテゴリ:その他( 36 )

2230時に起床。
プチ高山病の症状で、なんとなく頭が痛いです。
防寒着兼用のゴアテックスのジャケットを着て、ヘッドランプを装着します。
そんなに寒くないし、登る時に暑くなって汗をかきたくないのでジャケットの前と脇のジッパーは開けたままにしておきます。
下山する2人に挨拶して、ツアーご一行で集合して、ノロノロ登り始めました。
f0305050_08340713.jpg
頂上目指してがんばるぞ~

岩場じゃなくて石がゴロゴロしています。
2列で登りますがところどころ、狭くて1人でしか登れない場所もあります。
速い人は谷側から抜いて行きます。
谷側は滑落の危険や、自分が落ちなくても落石を誘発することがあるので、なるべく山側を歩くのが望ましく、
すれ違いでも山側で待っていたほうがいいとされています。
人を追い抜く時も追い抜く側がリスクを負わなければなりません。
無理に山側から入って、接触して追い抜かれた人が滑落する可能性もあります。
この辺りはバイクとかクルマのレースでも一緒。
イン側が空いていればいいけど、接触するかもしれないほど強引にイン側に入っていくのはマナー違反ですよね。

山でのたいていは谷側から抜いて行きますが、無理に山側に入ってくるのはアジア系の外国人がおおいように感じました。
人種差別とかじゃなくて、我先に行くという習慣の違いでしょう。
岩場で足を置こうとする場所に強引に入ってこられると、さすがにムカつきました(-_-メ)
f0305050_08270471.jpg
下を見るとこんな感じ。ヘッドランプの光の列が続いています

ムカつきましたが、登山の最中に文句を言うとか大人気ないことはしません。
詳しく説明しないと理解できないでしょうし。

高山病予防のため、息を大きく吐いて、吸ってを意識して繰り返します。
のろのろペースなので息が切れることはなく、楽ちんです。
仮眠した太子館は八合目の一番下。
実は八合目の次は九合目じゃなくて本八合目っていう場所があって八合目から本八合目まで約80分もかかります。
あと2合ぶん登れば頂上だと思っていたのに、ゴールポストを後ろに動かされてた気分になります。
八合目から本八合目の間で富士山の次に高い北岳の3193mを越えて、いよいよ日本で一番高い山を登っていることに。
f0305050_08273689.jpg
ずっとほぼ渋滞
f0305050_08272398.jpg
途中の山小屋では疲れ果てて休憩している人が多くなります


高度が上がるにつれ、気温が下がるとともに風も強くなってきたのでゴアテックスのジッパーを全部閉じました。
f0305050_08273904.jpg
あと少しだ~。
プチ頭痛はずっと続いています。
9合目から先はゴアテックスジャケットの下にダウンジャケットも着込みます。
それでも汗をかくほどではありません。
体力的にはそれほどきつくありませんが、睡眠不足のせいか眠かったです。
せめて10分でもいいから目をつぶって眠気を解消したいです。
f0305050_08274957.jpg
下を見るとずっと明かりが続いています。
岩場を抜け最後の鳥居をくぐると頂上です。
やった~。
でも暗いしよく分かりません。
とにかく眠いです。
頂上には一軒も山小屋があって、その内の一軒はツアー客優先でガイドさんが手配してくれて並んで入ります。
なんでも豚汁が名物らしいので、みんな注文します。
富士山の頂上なので仕方ないのですが、800円もします。
注文しないと店内で座らせてもらえないし、1人だけ店に入らないで別行動取るのもな~と変に空気を読んで僕も豚汁を注文しましたが、
正直に言うとエナジーバーとか行動食は多めに持ってきているので、特に食べたくはありませんでした。
f0305050_08344208.jpg
みんなで豚汁食べていまーす
さっさと食べたら、待っている人がいるのでさっさと出されます。
その後はご来光を待って下山の集合時間まで各自で自由行動なので、やっぱ食べなきゃよかった。
f0305050_08281592.jpg
ご来光を待つ人たち
f0305050_08280613.jpg
かなり明るくなってきました
みんな同じ方角を見つめていて、面白いです
f0305050_08290905.jpg
おお~

大晦日までのワクワクが、明けてしまうとふつーになってしまう感じで、日が出てしまうとまたふつーの日曜のはじまりです。
せっかく最高峰にいるので、火口を見学。
f0305050_08290312.jpg
荒涼としてゴツゴツしているだけです
ご来光も見られたし、下山しましょう。

登るより下山するほうが精神的にキツかったです。
下山ルートは岩場はなく崩れやすいガレ場や砂の道を何回も折れ曲がってひたすら降りるだけ。
頂上まで行くんだっていう高揚もなく、ただ降りるだけなので、早く着かないかぁ~って思っていました。
f0305050_08303772.jpg
9合目から見た頂上です。さっきまであそこにいたんだ~。
f0305050_08302655.jpg
雲海がきれいだけど下は雨かな~
f0305050_08313180.jpg
日が出てきたのと高度が下がるので急に気温が上がってきました

それでも快晴だったおかげで合目辺りまでは楽しく降りてきました。
8合目から下もおほぼ同じような道が続いて、だんだん飽きてきました。

同じツアーの中で体力のない人が遅れ始めて、その人のペースに合わせて降りるので、のろのろ度がアップします。
下山はゆっくりよりも足が重力で前に出るのに合わせて、ブレーキをかけずにスタスタ降りるほうが楽です。
しかも、滑りやすい砂地なので後ろ重心でブレーキかけながらだと余計転びやすくなるので、地面と垂直か若干前かがみ気味に足早に降りるほうが安全です。

でも、ツアーでの団体行動なので1人だけ先に降りまーすって言うわけにもいかず、余計疲れました。
f0305050_08304324.jpg
やっと6合目まで降りてきました
心配してた膝の痛みはでませんでした。
ほとんどの人はストック(ポール)を使っていて、のろのろペースで降りるならあったほうが楽ですが、なくても平気です。
買わなくてよかった。
むしろポールを使い慣れていない人がポールを横に張り出して歩いたり、他人の目の前についたりするので邪魔でした。

六合目から下は曇ってきたものの結局、一度も雨に降られずほぼ快晴だったので楽しく登れました。
先に下山した2人と5合目で合流して、温泉に入って帰ってきました。























by yukifukaa | 2019-09-02 08:53 | その他 | Comments(2)
6合目までは樹林帯の中で、多少ガスっていたこともあり、景色もそれほど見えませんでした。
まだ斜度も大したことなくて、のろのろペースもあり楽ちん。



この先、雲の中なら嫌だなぁと思ながら登ります。
f0305050_08022378.jpg
もや~って感じ


だらだら登ってるとガスが晴れ、ふもとが良く見えるようになってきました。
f0305050_08023947.jpg
おー!ゴルフ場のように見える緑の平面は自衛隊の演習場です
f0305050_08025086.jpg
九十九折を粛々と登ります。
f0305050_08030856.jpg
だんだん、岩がごつごつしてきました
九十九折を3回くらい曲がると休憩。
休憩の時はザックを下ろして、水を飲んでチョコレートとか食べましょうとガイドさんに指示されます。
一度、トレイルランニングをしていた午後に、ちゃんと朝食、昼食食べていたにもかかわらず、栄養が切れたのか
急に疲れたことがあります。
その時は後輩君からゆで卵をめぐんでもらったら、すぐに回復しました。
思いのほかカロリーを消費するので、小まめな栄養補給は重要です。
昔の人はこのようにエネルギーが切れる状態を「ひだる神に憑りつかれた」とも表現したそうです。
ひだる神は餓死して行き倒れた人がなるらしく、憑りつかれるとすぐに食料を食べないと、自分も行き倒れます。
現象と対処法は現代も同じですね。
単に栄養が切れることの警告より、訳が分からないモノに憑りつかれるほうが嫌なので、教訓としてはひだる神のほうが効果があるような気がします。


f0305050_08033589.jpg
f0305050_08040392.jpg
だんだん高度が上がってきました
f0305050_08034848.jpg
それにつれて斜度もましてきます。
岩場をえっちらおっちら
f0305050_07592776.jpg
まだ余裕だよん
上から見るとこんな感じです
どんどん急になってくる~
f0305050_08044684.jpg
この辺りになると手も使って登る人もいます
f0305050_08045443.jpg
でも先はまだまだ
f0305050_07593257.jpg
ときどき長めの休憩があります

トイレは1回200円払う必要があります。
大はバイオ分解しますから、トイレットペーパーは便器に捨てずに、脇に置かれたダンボール箱に入れます。
トイレ代だけでそこそこお金使います。

相変わらずのろのろペースで、ツアー以外の個人の登山者に抜かされますが、抜かしていくほとんどの人は先で長めの休憩をしているので、結局追いつきます。
装備からたぶん米軍人だと思われるグループも何組かいましたが、鍛えている彼らにも追いついてしまいます。
中には富士登山競走などに出てるような超人的なペースで登る人もいますが、そんな人はまれでした。
兎と亀の教訓通りです。
たいして時間が変わらないならノロノロ登るほうが高山病になるリスクが低くなり効果的です。
f0305050_08001780.jpg
今回のご近所さまご一行。1人中学生がいました。

8合目の宿に着く少し手前から一緒に行った仲良しさん(男性)が遅れはじめます。
息が上がったわけじゃないけど、足が動かないそうです。
ガイドさんも数人遅れがちな人を先頭に連れてきて、その人たちのペースにしますが、それでも遅れ始めます。
途中から添乗員さんがザックを持ってくれて、僕が後ろから押し上げるようにして登ります。
高地なので息が切れました。

仮眠を取る予定の山小屋の手前で、ガイドさんから頂上までは無理だから8合目で泊まって翌朝は下山しましょうとアドバイスがありました。
1人で下ろすのは心配なので、僕も一緒に下山しようかなと言ったのですが、それは悪いし、大丈夫だから頂上までいってくれと言われました。
とりあえず、山小屋まで行って考えましょう。
なんとか山小屋に到着しました。
f0305050_08045878.jpg
8合目は雲の上です


f0305050_08050301.jpg
こんな感じで寝ます
8合目の太子館って山小屋でした。
寝袋が用意されていて、ビニールで覆った枕もあり清潔です。
グループごとに場所を割り振ってくれるので、ぜんぜん知らない人の隣で余分な気を使うこともありません。
f0305050_08050988.jpg
晩御飯でーす

下山予定の友人が食欲がないっていうのを、食べなきゃダメって言って無理に食べさせました。
僕はご飯をお替り。
今は晴れていますが、富士山でなくても山の天候は読めないので食べられる時はいっぱい食べておきます。

ご飯を食べたら2230時まで仮眠。
隣の二人はいびきをかいて熟睡していましたが、僕はあまり眠れませんでした。
そのうち、一緒に参加した女性が起きてどこかに行ったまま戻りません。
後で聞いたら、高山病で頭が痛くてしょうがないので医務室で診察してもらって薬も飲んだので、明日は下山するそうです。
7人で来て、2人の下山が決定しました。
ほかに同じツアーからも下山する人がいるそうなので、僕が付き添わなくても大丈夫になりました。

女性は登りは元気いっぱいだったのですが、前日あまり寝てなかったそうです。
体調が万全でないと高山病になりやすいのですね~。

ちなみにもう一人の男性も医務室で診てもらうと、血中の酸素濃度がかなり低かったそうです。
40年以上のヘビースモーカーなので、肺の機能が低下しているのだろうという見立てでした。
やっぱりタバコはよくありませんね。

僕はタバコ吸わないけど富士登山前はあまり寝てないし、前々日は格闘技の練習で前日にはウェイトトレーニングしたし(アホ)、ちょっと頭痛いし、大丈夫かなぁ~。























by yukifukaa | 2019-08-27 09:06 | その他 | Comments(0)
近所のオジさん、オバさんに(僕もオジさんだけど)誘われて富士山に登ってきました。
実は昨年もエントリーしていたのですが、悪天候で中止になりました。

はとバスのガイド付きツアーに全員で申し込みました。
一般客の富士登山は7月の山開きからほぼ2カ月しかできません。
それ以外は登山道や山小屋が閉鎖されトイレも使えず、排泄物は自分で持ち帰えるほか携帯電話が通じにくくなり、登山計画書を提出する必要があるなど、かなりハードになります。

逆に登山シーズンは5号目まで自家用車は通行できなくなり、バスとかタクシーを利用することになります。
ツアーを利用してもコスト面では個人とほぼ変わりません。
山小屋の予約とか頂上での休憩所がツアー客優先になるなど、登山後、温泉に連れて行ってくれるなどコスト面以外のメリットもあります。

ご近所さん7人でリーダー格の女性が、色々比較検討してくれたので、僕はのっかるだけです。
格闘技で痛めている膝がほんの少し不安ですが練習は続けているし、山はそこそこ経験あるし、ここ2年くらいは行ってませんが、トレイルランニングも何回か経験しているので、体力的には大丈夫だと思いました。

富士山は1回は登ってみたかったのですが、混んでそうだし、自分だけだと思い立たないので、いい機会なので参加を決めました。
ほかの山に一緒に行った人だとか、もともと仲良しさんとか知らない人はいないというのも大きかったです。

ご来光を頂上で見るため、明け方に頂上に着くため防寒着と、天候が変わりやすいのでしっかりしたレインウエア以外はなるべく荷物を少なくしました。
もちろんエナジーバーとかの行動食は余分に持っていきます。

f0305050_08031191.jpg
近所の駅で集合

バスは新宿から出発でした。
f0305050_08031440.jpg
僕の荷物はこれだけです

登山用のポール(ストック)があったほうが、特に下りでは膝が痛くならなくていいと聞いていたので、買うかどうするかかなり迷ったのですが、ほかの山でもトレイルランニングでもポールの必要性を感じたことはありません。
トレイルランニングだと競技に出るなら必要なのでしょうが、そんな計画もないし。
富士山のためだけに買って、屋根裏部屋の肥やしになるのが目に見えていたので、結局買いませんでした。

水は家から500ミリリットルのペットボトル2本を持参。
ツアー客には出発時に500mlと8合目でも500mlの2本が支給されると分かっていたので合計2ℓ。
あと350mlの缶ビール2本。
ほんとは良くないのですがせっかくのバス旅行なので行きのバスの中で1本と8合目で寝る前に1本飲む計画でした。
f0305050_08012775.jpg
吉田ルートの5号目はこんな感じ。人がいっぱいいます。
f0305050_08013263.jpg
がんばるぞ~
5合目でこれから富士山登る人にビーコンの装着をお願いする実証実験「富士山チャレンジ」(https://www.fujisanchallenge.or.jp/が行われていました。
「これつけて登ってくださーい」とかわいい子に頼まれたので、もちろん了承。
ビーコンがあると遭難者の特定や混雑状況の把握が容易になります。
スマホを活用すると自分の位置や友達の位置も分かるので便利です。
f0305050_08013530.jpg
ビーコンでーす。

5合目で1時間少し昼食取るなどしながら高地順応します。
同じツアーの参加者でまとまって登り始めると、めっちゃ遅いペース。
おいおいこれじゃ何時間かかるんだよと呆れましたが、実はこののろのろペースが大正解なことが後になって実感できました。

5合目から登るつもりが、むしろ道は下っています。
えー、どうせ登らなきゃいけないのに下るの~、もったいないってブツブツいいながら歩きます。
f0305050_08014136.jpg
 
6合目で休憩


ガイドさんから注意事項を伝達されます。
f0305050_08014457.jpg
みんな真面目に聞いています
f0305050_08015369.jpg
6合目にある安全指導センターです
f0305050_08015628.jpg
え~!!!!!










by yukifukaa | 2019-08-26 09:07 | その他 | Comments(2)
今年も次女がスタッフとして参加してるかえるまつりが開催されたので松本に行ってきました。
毎年、夏至の前後に開催されます。
f0305050_07570114.jpg
松本城近くの縄手通りで開催されます

6時半ぐらいに東京を出たら、八王子辺りから中央道は豪雨。
甲府を過ぎると晴れてきました。
f0305050_07561690.jpg
原PAで休憩

中央道の下り、甲府盆地辺りは舗装がガタガタでした。それより長野側は舗装が新しくなっていて快適です。
甲府近辺も綺麗にしてほしいな~。
頻繁に集中工事やっているはずなのにどうしてでしょうね。

次女の部屋にお届けものしてから10時過ぎに縄手通りに到着。
受け付けでスタンプラリー用のカードをもらいます。
f0305050_07570408.jpg
スタンプを全部集めるとカエルのイラストが描いてある缶バッジがもらえます
f0305050_07570609.jpg
スタンプは会場の何カ所かにこんな感じでおいてあります
f0305050_07565519.jpg
会場の中はかえるさんがいっぱい
f0305050_07565271.jpg
忍者のコスプレイヤーさんとかえるがポーズ取っていました
お店の前にもかえるさんがいっぱい
f0305050_07564409.jpg
来場者の多くがかえるのグッズを身に付けています
f0305050_07564621.jpg
かえるのストリートアート
f0305050_07563666.jpg
こんな感じでそぞろ歩きは気持ちいいです
f0305050_07564879.jpg
縄手通りの真ん中には蛙大明神があります
f0305050_07565977.jpg
商店街の入り口にある蛙の御神輿

お昼は縄手通りから橋を渡ったお蕎麦屋さん「蔵の花」にしました。
ざるそば800円、僕は大盛の1100円にしました。
f0305050_07570955.jpg
大盛でーす


去年もここで食べました。
近所の商店の人に美味しいお蕎麦屋さん教えてくださいって聞いて、教えてもらったお店だけあって美味しいです。

ランチのあとはデザート。
通りかかった「&s ROAST FACTORY」って冬はコーヒーとチョコレート、夏はかき氷もやってるお店にしました。
山梨の天然氷のカキ氷って宣伝文句と写真に惹かれて店内へ。
テイクアウトのお店でイチゴのカキ氷がなんと1000円。
お店の中で食べられるならまだしも、外で食べなきゃいけないし、もとはただの水とシロップの組み合わせに1000円!!
って怯みましたが、欲望には勝てずイチゴを注文。
f0305050_07571178.jpg
じゃ~ん。

氷の間にもシロップと練乳を入れてくれて、氷の粒が非常に細かくてとても美味しゅうございました。
これで店の中で食べられるなら1000円でも文句ありませんが、テイクアウトで1000円はやはり高いと思います。

特に用がなかったので帰りは松本からアゼリアラインを通って美ヶ原高原経由で東京に戻りました。
山に入ると路面がびっしょり濡れていて、かなり雨が降った後のようです。
アゼリアラインは道幅も広くなくてRがきついカーブが連続します。
車体の大きなSクラスだとそんなに攻めれませんが、午後おそいせいか交通量が少なかったので快調に走りました。

ビーナスラインに入る手前の見晴らし台にドゥカティが数台集まっています。
僕もメンバーのドゥカティオーナーズクラブニッポンの信州の有志が今日、ビーナスラインラインをツーリングするって聞いていたので、
その人達かも?
クルマ止めて声をかけてみると当たりでした。
新年会クルーズでお話した静岡のディアベル乗りの方もいて、ご挨拶できてよかったです。

美ヶ原高原は雨だと教えてもらったので、パスして霧ヶ峰に向かいました。
そこから先は小雨が降ったりやんだり。
せっかくの見晴らしもイマイチです。
f0305050_07571473.jpg
霧ヶ峰もどんより

霧ヶ峰から車山にかけては天気も回復してきて、高原のドライブを楽しめました。
途中で大門街道に入り、茅野まで降りてから八ヶ岳エコーライン経由で小淵沢まで下道をドライブしてから東京に戻ったのは夜7時前。

来月のツーリングは晴れるといいなぁ~。











by yukifukaa | 2019-06-25 08:26 | その他 | Comments(2)
カナダから友人が来日しました。
sucide forestに行きたいというので、一瞬どこだか分かりませんでしたが青木ヶ原樹海でした。
海外では自殺の森で有名らしいです。
たしかに。

品川のグランドプリンスホテル新高輪までクルマで迎えに行きました。
7年前にカナダのバンクーバーで会って以来。
感動の再会?もそこそこにクルマに乗せてsucide forestに連れてきました。
f0305050_07353745.jpg

この2人です。

右はK-1やHIROSなどの格闘技イベントにブラックマンバってリングネームで出場していたカルター君。
今回は3月31日に両国国技館で開催されたONEチャンピョンシップという大会に出場したビビアーノ・フェルナンデスのセコンドとして来日しました。
ビビアーノは相手の反則により見事、ONEチャンピョンシップのバンタム級世界チャンピオンに返り咲きました。
僕も何回か会ったことあります。

左は同じくビビアーノのセコンドのために来日したコリン君。
アトランタオリンピックのレスリングカナダ代表選手でビビアーノのレスリングコーチでもあります。

まずは、風穴に案内しました。
f0305050_07431327.jpg
地下世界に降りていきます。
f0305050_07441057.jpg
ところどころ、低い場所がありました。
ブラックマンバってアフリカにいる毒蛇なので、にゅろにゅろ進むかと思いきや、試合で痛めた膝が~って言ってました。
僕も膝痛いです。
f0305050_07445591.jpg
地下のダンジョンで記念撮影しました。
f0305050_07583104.jpg
風穴は養蚕に利用されていたそうです。
蚕はえさになる桑の芽吹きに合わせて卵から孵化させる必要があり温度管理が重要ですが、風穴を冷蔵庫代わりにすることで、温度管理の手間が軽減されたそうです。
ほかの松の実なども保存されていました。

なぜかコリンは松の実の保存に詳しく、カナダでも保存する時は、こうやって松の実をぎゅうぎゅう詰めにするんだって話してました。
f0305050_07584257.jpg
ヒカリゴケをバックにするブラックマンバ。
怖いです。
f0305050_07590016.jpg
次は樹海探検です。
遊歩道沿いはいいのですが、溶岩層なので遊歩道から外れるとかなり凸凹している上に、ところどころガスが抜け出た穴があり、その上に土が被っているので非常に危ないです。1~2mの高低差があちらこちらにあるので、真っ直ぐ進みづらいので森の奥に入ると簡単に方向を見失います。

ただ、GPSがついた携帯電話が普及した今、一度入ると出てこれないというのは都市伝説です。
ちゃんとGPSは使えるので電池がなくならない限り、かなり奥まで入っても出てこられます。
溶岩が磁気を含んでいるため方位磁石が狂うっていうのも都市伝説です。
方位磁石を地面置いて使えば機能しない場所もありますが、立って手に持って使えば狂っても1~2度なので影響はありません。
でもGPSも磁石も持たずに奥まで行ったら迷うと思います。
そんな話をしながらお散歩。
f0305050_07591727.jpg
蔦か木かよく分からない不思議な植物に興味を示す2人。

せっかくなので少し遊歩道を外れて奥を探検してみました。
良い子はマネしちゃだめですよ。
f0305050_08213496.jpg
10分ほど探検して、もっと奥行く?って来たら、もういいって(笑)
昼間だから怖いというより、とにかく歩きずらくて気を抜くと怪我しそうでした。
車道が近いはずなのに音が吸収されるのか、ずっと静かで暗くなったらかなり怖いと思います。

せっかくなので氷穴にも連れて行きました。
f0305050_08001405.jpg
風穴は水平に近い斜めに広がっていますが、氷穴は垂直に近い感じで地下に降りて行きま
す。
f0305050_07594977.jpg
生成される時のガスの抜け方により、溶岩洞穴は数種類分類されているようです。
f0305050_07594107.jpg
一気に底に降りると水平になります。
f0305050_08001870.jpg
日本の観光地にある顔出す看板も珍しいみたいで喜んでいました。

なんでも食べられるというのでランチは山梨名物のほうとうにしました。
f0305050_08002497.jpg
繭のような面白い形の建物で有名なほうとう屋さんに連れてきました。
彼らはイーグル(エスキモーが雪でつくるドーム)みたいだって。
たしかに。
f0305050_08002713.jpg
大丈夫かなぁって心配でしたが、ちゃんと食べていました。

夜は僕の地元の総業47年っていう古い日本家屋のお寿司屋を予約していましたが、
コリンが急にビビアーノのトレーニングセッションのためにホテルに戻らないとならなくなり、ホテル経由で地元に戻りました。

もともと大道塾の後輩の女の子が就職のため、僕の隣町に引っ越してきたので、引っ越し祝いで予約していたところにブラックマンバをジョインさせたので、初対面の二人を紹介。
f0305050_08004446.jpg
彼女はカナダに一カ月留学していたこともあってすぐに打ち解けて、2人でビールを飲んでいました。
僕はブラックマンバをまたホテルに送って行かなきゃいけなかったのでノンアルコール。
f0305050_08004882.jpg
コースを頼んだのでお肉のお鍋も出て
f0305050_08005638.jpg
最後はお寿司で絞め。

この日はホテルまで送って行って解散しました。

ビール好きのブラックマンバは試合前日も飲もうぜってことになり、今度は電車でホテルまで迎えに行って、エビスビールの発祥地、恵比寿駅のビアホールでまずいっぱい。
f0305050_07464659.jpg
次は回転寿司屋でまたビール。
f0305050_07465210.jpg
僕が着ているは以前に彼からもらったカナダで彼が経営するジムMamba MMAのスウェットです。
色々な話をして、ホテルに送るの帰りの電車で偶然、ビビアーノの奥さんと息子さんに遭遇。
せっかくなので、みんなでもう一杯飲もうよって話になって品川の駅ナカでまたビール。
f0305050_07465664.jpg
ブラックマンバはただの酔っぱらいのオヤジになってビビアーノの息子さんに、ドラッグやっちゃだめだとか色々説教していました(笑)。










by yukifukaa | 2019-04-08 07:52 | その他 | Comments(2)
主にハーレーのマフラーやパーツ、ECU書き換え、国産用を含めたサスペンションなどを取り扱うモーターステージが東京に初出店しました。
僕は社員じゃないですけど店舗選びから、店長の紹介など色々、関わっています。

住所:東京都町田市小山町1216-1-103号
   TEL 042-860-1010 FAX042-860-1011 
 
https://www.google.com/…/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018fd39…

f0305050_08131468.jpg
いよいよオープンだわよ!お客さん来るかな~。
オープンは10月20日でした。
f0305050_08131984.jpg
色んなところからお花いただきました

初日は知人だけかと思ったら、SNSで知りましたというお客さんが次々にご来店。
お手伝いの僕も接客で、ランチを食べる暇もありませんでした。
f0305050_08132422.jpg
雑誌ストリートバイカーズの編集長安田さんと編集部員の柴原さんも取材に来てくれました

お店はモーターステージ製品だけの販売と取り付け、ECUの書き換えだけを行います。

f0305050_08145312.jpg
お客さん同士もそれぞれのバイクを見ながらワイワイ
f0305050_08195668.jpg
ECU書き換えのお客さまもいらっしゃいました
f0305050_08201325.jpg
これが店長の弓場君でーす

昼間は快晴だったのに閉店1時間くらい前から真っ黒な雲が出てきて雨が~。
書き換えのお客さまは、しばし雨宿りした後に小降りになったのを見計らって、帰っていかれました。
満足してもらっているといいな~。

f0305050_08145878.jpg
初日の営業が終了

夜は関係者で今後の成功を願ってささやかな祝宴をあげました。
f0305050_08253261.jpg
関アジさんと関サバさん
f0305050_08252934.jpg
平目さん

関東地方のみなさま、よろしくお願いいたします。
たま~に僕もお手伝いでお店にいるかもです。






by yukifukaa | 2018-10-23 08:32 | その他 | Comments(0)
モーターステージTOKYOの店長兼スタッフ(つまり一人)として上京してきた後輩君が、
足としてバイクが欲しいと言い出しました。
車や自転車2台も持って来たのに贅沢なやつです。

オークションでホンダのGB250が欲しいと言ったのですが、
250は遅いからせめてGB400にしなさいとアドバイス。
いや、回せば250だってなんだって速く走れるのは知っています。
ただ、両方とも古いバイクで同じよう値段だし、それならトルクあるほうが楽しいって言いました。

ちなにみ僕も昔はSR400所有していました。
RZ350新車で買って、CB750K4の中古を10万円で買って、何回かスピード違反で捕まって、
このままだと免許なくなっちゃうと、ゆっくり走っても楽しいバイクが欲しくなってSR400も新車で買いました。
そのころ毎晩のように通っていたのは、シングル専門のお店「Wellington」。
今のモーターステージの社長、廿枝さんが最初に作ったお店で、僕はお客第一号でした。
SR400はマフラーをスーパートラップのショート付けて、九州行ったりしてそれなりに楽しみましたが、
その頃の僕はやっぱり速いバイクが好きだったので、半年くらいでWellingtonに引き取ってもらいました。

GB400より同じエンジンでダートトラックをイメージしたFT400や500のほうが好きですが、
後輩君は実は昔からGB400に乗りたかったとウキウキです。

後輩君が入札希望しているオークションの車両の画像を見ると古い割にはきれい。
でも、写真の撮り方や加工でごまかせますから、実車を見てみないとなんとも言えません。
出品者を調べてみると、たぶん業者のオークションで売れないような不人気車をいっぱい集めてる倉庫みたいなところで、
点検前なので安いから状態には責任持てませんと但し書きがあります。
それに対して「整備して普通に走れる状態にしたらいくら?」って質問がありましたが、「点検前だから、分かりません」って回答。
そりゃそうだ。

その業者が出しているのは不人気車ばかりなので、整備する手間とか部品代を回収できるほど価格が上がるとは思えません。
それなら引き取って、そのままオークションで売れれば利幅は少なくとも、経費も安くすむってビジネスモデルなのでしょう。
バイクのことをほとんど知らない人が画像だけで買うのはリスクが高すぎます。
その反面、修理前提のベース車両と割り切っても納得できるお値段。
エンジンをかけた動画もアップされいて、はっきり分かる異音は聞き取れませんでした。

以上のことを後輩君に言うと彼も理解しており、欲しいと言います。
無事落札できました。

で、レンタカー借りて取りに行くことに。
実車見てキャンセルする場合、落札額の2割が必要だそうです。
もし、あまりにボロボロの状態だったら、その場で別の車両を選んで交渉するか、最悪の場合、オークションのアカウントに未練がないというのでバックレることも考えてました(よい子はマネしちゃいけません)。

埼玉にあるお店に到着。
f0305050_07475749.jpg


倉庫って感じです。
ネットの評判を見るとスタッフの態度が悪いとか書いてありますが、そんなことはなく丁寧に対応していだけました。
並べてあるのは不人気車ばっかりです。
f0305050_07480274.jpg


ハーレーのXLCR。
これは欲しくなりました。
でもショベルヘッドの4カムのエンジンは維持するのが大変って知っていますので、簡単に手は出せません。
GB400をトラックに積んでモーターステージTOKYOまで持ってきました。
f0305050_07480617.jpg

タイヤはひび割れているし、転倒した擦り傷が右のフォークのアウターチューブとエンジンのクラッチカバー、マフラーに
ありましたが、それ以外は思ったより綺麗です。
f0305050_07481138.jpg

引き取りを手伝った御礼にと焼肉食べ放題をおごってくれました。
ありがとう。

エンジンオイルとブレーキフィールドをとりあえず交換しましたが、出てきたオイル類は両方とも驚くほど綺麗でちゃんと整備されいてた車両みたいです。エンジンもすんなりかかるし、やはり異音もありません。
これは当たりかも。

廃車の書類からバイク王に売却された車両のようです。
たぶん業者向けのオークションに出したのに売れなかったのを格安で引き取ったのでしょうね。
f0305050_07481837.jpg

敷地内を少し走らせてみましたが、まったく問題ありません。
タイヤさえ変えれば車検通りそうです。
f0305050_07482145.jpg

後日、仮ナンバー付けて近所のライコランドでタイヤ交換して、無事に車検取ってきたと後輩君から連絡がありました。










by yukifukaa | 2018-09-25 08:02 | その他 | Comments(2)
今年4月から松本市で暮らしている次女から「かえる祭りやるよ~。ボランティアで参加するよ~」と教えてもらいました。
松本城近くの縄手商店会のシンボルはかえる。
ふだんから、かえるのオブジェが設置してあり、お店でかえるグッズがいっぱい売ってるし、かえる大明神まであります。
そこで年に一度、かえる祭りが開催されるそうです。
全国からかえるの着ぐるみが集まるかえるサミットや、子どもがかえるに扮装するケロウィンとか催しものも色々あると言うことでした。
次女はボランティアスタッフなので、少ししか一緒に見学できないそうですが、面白そうなので言ってきました。

前日は雨だったのですが、当日は晴れの予報。
早朝、東京を出るときは雨が降っているせいか中央道は日曜日の割には交通量は少なめでした。
途中から晴れてきて、気持ちよく運転できました。
8時くらいに松本に到着。
野菜ジュースやら日曜品などをいっぱい届けるために車で次女の部屋に行ったら、もう出かけた後でした。
次女のアパートの近くに車を停めて、用事があったので、大学の中を通って不動産屋に向かいます。
f0305050_07570170.jpg
緑が多いキャンパスは気持ちよさそう
f0305050_07570663.jpg
図書館は比較的新しい建物のようです
f0305050_07571139.jpg
ここで勉強してるんだ~。

そこからバスで縄手通りに向かいます。
f0305050_07571487.jpg
着きました。いっぱいお店が出ています。
f0305050_07571842.jpg
ほほう、なるほどかえるだらけ
f0305050_07572317.jpg
かえるさん、なかなかの人気です
f0305050_07572799.jpg
僕は知らなかったのですが、このかえるさんはJリーグのキャラのようでかなりの人気でした。
f0305050_07574080.jpg
実際は立体的に見えるストリートアートです
f0305050_07580052.jpg
スタンプ集めるとなにかもらるらしいので参加しました
f0305050_07580693.jpg
いろんなかえるグッズが売っています
f0305050_07581098.jpg
財布もかえる
f0305050_07581357.jpg
来場者もかえるグッズを身に付けてた人が多くいました
f0305050_07581549.jpg
ビールまでかえる
f0305050_07582431.jpg
空手しているかえるがいて、一瞬ほしくなりました
f0305050_07582193.jpg
抹茶アイスたい焼き美味しかったです

ちょうど休憩時間に入った次女と1時間くらいウロウロできました。
その後は妻とお食事。
お土産屋さんで聞いた美味しいお蕎麦屋さんに行くことにしました。
縄手通り商店買いから橋を渡ってすぐです
f0305050_07583488.jpg
なかなか美味しかったです。
下りの渋滞が嫌なので、13時過ぎには松本を出ました。
いつもの小仏トンネル手前で少し渋滞がありましたが、16時前には家に着きました。
思いのほか早く帰って来られたので、いつも通りウェイトトレーニングにも行けて、いい日曜日でした。







ドゥカティランキング
by yukifukaa | 2018-07-02 08:14 | その他 | Comments(2)
4月から松本で一人暮らしする次女用にAmazonで冷蔵庫を注文しました。
それが3月27日。
在庫ありになっていて、4~7日で出荷するという表示でした。
で、4月31日に製品の入荷が遅れているから、配達できるのが4月の8日から11日になりますって、メールが来ました。
もう一人暮らし始めているので、冷蔵庫ないと不便だけど、年度初めのピークだし、人気ある商品みたいなので仕方ないね~って待っていました。
再度遅れるって連絡がこないので、配達予定日の最終日には届くだろうって期待を込めて。
そしたら配達予定最終日の昨日の朝、4時に入荷が遅れて、次の配達予定は5月の2~11日の間になりますってメールが届きました。

はぁ?
諸所の事情があって遅れるのはしょうがないと理解できます。
でも配達予定最終日まで連絡こないってどういうこと。
もっと早く連絡いただければ待たないでほかの製品に変更したりしたのに。
Amazonを経由したストアの製品じゃなくてAmazonが直接販売する商品です。

もちろん、Amazonにクレーム入れました。
奥さまのアカウントで注文したので、奥さまのアカウントからのクレームしか受け付けてくれません。
カスタマーサービスからチャットを使って言ったのですが、遅れて申し訳ありませんの一点張り。
お詫びにって300円のクーポンをくれたそうです。
さ、300円って、子供のお駄賃?
お金が欲しくてのクレームじゃなくて、代替品でもいいから早く届けてほしいのに、それはなし。
しかもクーポンって、もっとAmazonで買えってことですよね。
バカにしてるのか?

色違いなら在庫がある表示になっていたので、最初の注文をキャンセルして、色違いを早く届けてって言いましたが、
出荷予定は画面の表示と変わらず4~7日で出荷らしいです。

ヤマダ電機のウェブストアを見ると違う製品ですが、同じくらいの大きさのがあります。
奥さまが問い合わせたところ、明日配達してくれて、据え付けまでしてくれるとのこと。
結局、Amazonをキャンセルしてヤマダ電機に注文しました。

Amazonに対抗するためか製品価格自体はほぼ同じ。
配送料が1000円と少しかかりますが、急いでいるし、据え付けてくれるならそっちのほうがありがたいです。

腹の虫が収まらないので、帰宅して奥さまのアカウントからチャットで、どうして配達予定最終日まで連絡くれないのか問い合わせました。
「なるべく早くお届けするため、ぎりぎりまで入荷を待っていたためです」とお返事。
あと数日遅れで発送していただけるなら、「ぎりぎりまで」待っていたというなら理解できますが、次の配達予定は最短でも20日もあとですよね?
それをぎりぎりまで伝えるのを待つ意味あります?って聞いたら、「おっしゃる通りで返す言葉がございません。申し訳ございません。貴重なご意見、今後の参考にさせていただきます」って(笑)。

僕はAmazonの業務向上方法を提言しているワケじゃなくて、どーしてこんなに泥縄的な対応になったのか、Amazonが表示している発送予定は、みんないい加減なのかが知りたかったのですが、そこは回答いただけませんでした。

まったく納得できませんが、これ以上言っても時間の無駄なので「マニュアル通りの対応ありがとうございました」と言って終了しました。
ひょっとして僕とチャットしていた相手はAIだったかもしれません。
アレクサ、ご苦労様って言ってみればよかったです。

チャットの画面を閉じると、「地球上で最もお客様を大切にする企業Amazon」って表示されました。
「地球上で最もクレームに対してマニュアル通りの対応する企業Amazon」に変えたほうがいいのに。

これからもAmazonは使うでしょうが、納期を気にするものはほかで買います。
Amazonジャパンは安いのだけが取り柄だって理解して、ヤマダ電機やヨドバシカメラのほか、日本の小売り業に頑張ってほしいと思います。



by yukifukaa | 2018-04-12 08:12 | その他 | Comments(4)
下の娘が長野県の松本の大学に行くことになりました。
先週、金曜日までは「行かない、浪人して京大に入りたい」と言って、予備校の入学手続き終えて80万円も払ってきたのに。
高校の担任に相談したところ、研究者になるなら院からでも京大行ける、1年間受験勉強するより、早く専門の研究を始めたほうがいいってアドバイスをもらい、考えを変えたようです。
それが先週の金曜日。

下の娘さん、自由すぎます。
でも住むところも決まっていません。
後期試験の発表後、1週間以上ほったらかしにしていたので、いいアパートは既にきまっているだろうなぁと諦めつつ、翌日の土曜日にクルマで松本に部屋探しに行ってきました。
f0305050_08165498.jpg
久々の中央道は晴れていて気持がよかったです。
オービスがデジタル化されて、位置も微妙に変わっていました。
気を付けなければ。
とりあえず大学の構内にクルマ止めて、部屋を紹介してもらおうと大学生協に行ったところ、生協では部屋は紹介してないそうです。
あらま。
f0305050_08165940.jpg


学校の近所の不動産屋さんを当たるしかないと正門のほうに歩いていくと、賄い付きの下宿人を探してるおじさんに声をかけられました。
話聞いてみてもいいかなと思ったのですが、娘と妻は賄い付きは選択肢に入っていないみたい。
断ると「一人で毎日ご飯用意するのは大変だからやってみるといいよ」って怒ったように言われました。
そっちから声かけてきて、断ったら怒るなんて、めんどくさい人です。
断るの気の毒だったのですが、やっぱり断ってよかった。

正門の前に行くと不動産屋が2件あって、どちらもすご~く混んでいます
後期試験組が慌てて部屋を探しているのでしょうね。
パンフレットを配ってたほうの不動産屋さんに入って、2件見せてもらって、後のほうが気に入ったので、すぐに契約しました。
築25年と古い建物なのですが学校から近く、窓が大きくて日当たりもよく、女性専用でセキュリティーシステムも装備してありました。
本当は築浅の物件がよかったのですが、前期試験で入学を決めた人もいて、条件のいい物件から埋まっていくはずなので、多少の妥協は仕方ありません。
迷ってる間にもどんどん埋まっていくでしょうし。

次は家具を探しに市内の反対側にあるニトリにクルマで向かいました。
松本市内は川が多くて、城下町の町割りのため道が狭くて直線道路も少なく、どこに行っても渋滞していました。
空気がいいし、街並みきれいなので、自転車やバイクで生活すれば気持ちよさそうです。

Googleさんの案内で狭い裏道をくねくねしながらニトリに到着しました。
車から降りるとなんと財布がありません。
大学の駐車場で車に乗り込む時に落とした可能性が一番高いので、また渋滞の中、取りに戻りました。

そもそも財布を持ってきたのか自分の記憶に自信がなくなってきましたが、高速のSAで休憩するときに、
飲み物でも買おうって持って降りたような気がするので、もし家に帰ってなかったら大変だしと運転しながらも悩んでいました。

駐車場に着いて、停めていた周辺やほかの車の下も覗きこみましたがありません。
あ~ぁ。
ダメもとで駐車場のゲートのおじさんに聞いてみたら届いていました!!
よかった~。
助かりました。

またニトリに戻って家具を注文したら、配達に時間がかかるみたいです。
ベッドが届くまでマットレスと布団で我慢してもらいます。

夕方、松本を出て、軽く渋滞して東京には夜の7時過ぎに戻ってきました。

f0305050_08170329.jpg
日曜日は近所の体育館まで自転車で行ってウェイト。
桜がきれいでした。




by yukifukaa | 2018-03-28 07:57 | その他 | Comments(2)