カテゴリ:出張( 44 )

 

テキサス

アトランタの後はテキサスです。
朝からアトランタのハーツ・フィールド・ジャクソン空港に行って、そこからテキサス州のダラス・フォートワース空港に降り立ちました。
ハーツ・フィールド・ジャクソンというのはハーツ・フィールドさんとジャクソンさんっていうアトランタの発展に貢献した二人の元市長の名前が由来です。
デルタ航空のハブで、めちゃめちゃ大きいです。
デルタ航空はもともとミシシッピ州の巨大な三角州が肥沃で農業が盛んで、その農地に農薬とかを空中散布する事業がメインだったので、三角=デルタって名前です。
後に旅客部門に進出し、色んな航空会社を買収して大きくなりました。
アメリカにはもともとノースイーストやノースウェスト、ウェスタンなどそれぞれ、アメリカのどこの地区にあるか方位の名前がついた地方航空会社が多くあって、デルタはノースイーストやウェスタンなどと合併しています。
ノースイーストは何年か前まであって国際線も飛ばしてましたよね。
僕も乗ったことがあります。
そのデルタをアトランタに誘致したのがハーツ・フィールドさんです。
アトランタに大きなコンベンションホールなどを作って、全米から人が集まるようにして、それが成功しています。
来年のスーパーボールもアトランタ開催が決まっています。

前置きが長くなりましたが、テキサスに来るのは3~4回目。
テキサスは石油産業が盛んで、数年前からはシェールガス開発でも有名になりました。
前回、前々回はそのシェールガス田に行きました、今回はなし。
ダラス・フォートワース空港から車で20分くらいの企業を訪問して、着いたのはお昼ごろ。
その企業のミーティングルームで、テキサスはステーキが名物だからとまたBBQをご馳走になりました。
毎日、肉食べています。
f0305050_07394374.jpg
こんなのがいっぱいありました。

お仕事の後は、ダラス・フォートワース空港に戻って、今度はもっと南のサンアントニオに飛行機で行きました。
サンアントニオに来るのは2回目。
メキシコ国境に近く、暖かいと思ってスーツケースにコートを閉まっていたのに、着いたら寒いし、雨。
f0305050_08070529.jpg
ほとんど雨が降らないところなので、地球温暖化の影響でしょうか?
肉に飽きてたので晩御飯は日本人がやっている和食になりました。
僕は肉でもよかったのですが。。。

f0305050_08064458.jpg

僕は軽め料理を注文。
味はまぁまぁでした。
f0305050_08101400.jpg
ホテルには暖炉が!!
今日はそんなに寒いんだ。
ちなみに上の一つ星はテキサス州旗と同じです。
テキサスはもともと共和国だったので、他の州旗は合衆国旗よりも少し下に掲げますが、テキサス州旗は同じ高さに並べて掲げるそうです。

翌日のランチはまたまた肉。
f0305050_08144895.jpg
訪問先の人に連れてきてもらったですが、彼らがオーダーしたら前菜からこれですよ。
f0305050_08135963.jpg
鶏の唐揚げに見えますが、中身は大きなマッシュルーム。
f0305050_08141209.jpg
でっかいサラダとスープ。
この後に肉を食べろと?!

前菜でかなりお腹いっぱいになっていましたが、今回の出張で肉を食べるのはこれで最後だろうし、
迷いに迷った末にせっかくテキサスに来たのだから、やっぱりこれしかないでしょうと
約500gのTボーンステーキをオーダーしました。
f0305050_08143140.jpg
大和魂見せて完食しました。
めちゃめちゃ美味しかったので、案外ペロッといけました。
f0305050_08143798.jpg
f0305050_08144463.jpg

ダメ押しのデザートです。
どんだけ頼むねん。

午後はスーパー眠くなりましたが、天然ガスエンジン用の日本にはない再循環排ガスと天然ガスのミキサーを
見せてもらって目が覚めました(なんのこっちゃ)。
f0305050_08145502.jpg
テキサスには竜巻が来た時に逃げ込む部屋があります。
だいたいトイレとか狭いところに柱が多い部屋が指定されています。
f0305050_08150058.jpg
帰りにスーパーによったら案外魚もいっぱい売ってました。

夜はホテルからてくてく歩いてメキシコ料理
f0305050_08152275.jpg
建物もメキシコ風です
f0305050_08151843.jpg
メキシコ料理は好きなので嬉しかったです。
f0305050_08150615.jpg
相変わらずすごい量。
f0305050_08151291.jpg


フローズンマルガリータも美味しかったです。

その後はサンアントニオでは有名なキャナルを散策
f0305050_08320169.jpg
前に来た時も行ったので、だいたい地理はだいたい覚えてました
f0305050_08321481.jpg

生演奏を聴きながらビールを飲むつもりでしたが、
ちょー寒くて僕はホットコーヒーにしました。
その後、何人かはホテルに戻りましたが、明日は帰国するだけなので、
仲のいい何人かと有名なバー、コヨーテアグリーに行きました。
ここも前に来たことがあって、場所を覚えていました。
f0305050_08323738.jpg

バーテンダーはみんな女性で、入れ替わりでカウンターの上で踊ってくれます。
Tシャツ売っているメキシコ系の子が可愛かったです。
名前を聞いたけど忘れてしまいました(笑)

危ないからホテルまではタクシーで帰るように言われていましたが、
通りの感じから大丈夫だろうと歩いて帰りました。
念のためですけど、僕は人一倍臆病で、まして外国なので無用なトラブルを避けるためには回り道もなんでもしまーす。
同じ街でも通り一本入で危ないところと安全なところが変わることが多いので、路地は避けます。
危ない地区は商店やふつーの家の窓が金網じゃなくて鉄格子になったりして、だいたい分かるようになりました。
おかげで海外で危ない目にあったことはありません。

と思ったら、帰国して成田空港のロビーでバスのチケットを買うのに並ぶ時に変な奴にからまれました(笑)
てめぇ何見てるんだよと。
お巡りさんがウヨウヨいる空港ロビーで殴り合いはしたくないので、
すぐに「お巡りさ~ん!変な人が絡んできまーす」と大声出したら黙りました。

危険はそこら中に潜んでいます。











[PR]

by yukifukaa | 2018-11-28 08:55 | 出張 | Comments(3)  

アトランタ

ワシントンD.C.からジョージア州のアトランタに来ました。
テキサス州以外の南部は初めてです。
f0305050_07415928.jpg
着いたらさっそく晩御飯
ジョージア州なのになぜかルイジアナ料理のお店
細かいことは気にしません
f0305050_07421432.jpg
ニューオーリンズ辺りの名物、ガンボスープです
スパイシーで美味しかったです

メインは定番のステーキ
f0305050_07422169.jpg
とても美味しかったです。
大きかったけど完食しました。
f0305050_07422738.jpg
デザートです。
これもかなりの大きさ。
ホワイトカラーが毎日こんな食事だと長生きできないでしょうね。

出張中はハイカロリーな食事ばかりなので、時間がある時はジムで運動するようにしています
f0305050_07423387.jpg
前日の夕飯がハイカロリーだったので朝食を食べずにその時間を運動に当てました。
同行者に聞くと、このホテルの朝食は珍しく悲惨なメニューだったので食べなくてよかったです。
f0305050_07423810.jpg
ホテルはアトランタオリンピックスタジアムの真ん前。
右のタワーはオリンピックの時の聖火台でした。

訪問先はアトランタ郊外で車で2時間弱の場所。
適度なアップダウンと紅葉が綺麗でバイクでツーリングしたくなる景色でした。

f0305050_07424615.jpg
ランチは訪問先の人たちと一緒にお勧めのBBQハウス
f0305050_07424392.jpg
勧められたコンボっていういろんな肉のBBQの盛り合わせ。
かなりの量で、やはり朝ごはん食べないで運動してよかった。

夜も訪問先の行きつけのお寿司屋さんに連れて行ってもらいました。
海外に行くと「味噌汁飲みたーい」「ラーメン食べたーい」っていう人多いですが、
少なくとも北米や欧州では、僕はそう思ったことまったくありません。
現地のものを美味しく感じます。

海外で何度か和食屋行ったこともありますし、カリフォルニアやニューヨークの日本人がやっている高級店は、
日本の不味い店よりよほど美味しい和食やお寿司を食べましたが、
それ以外の店はだいたい高いのにぜんぜん美味しくないです。
不味い和食に高いお金払うぐらいなら、現地の大衆食堂のほうがよっぽどいいと思います。

と思いながら、アトランタでは夜も訪問先の方がディナーは和食に連れて行ってくれました。
経営者は日本人じゃないそうなので期待していませんでしたが、日本人スタッフも多く、なかなか美味しかったです。
f0305050_07425333.jpg
握りもとても美味しかったです。

帰りにタクシーを呼んでもらったけど、30分くらい待っても来ません。
じゃウーバーだねって、アプリで呼ぶとすぐに2台来ました。
これじゃタクシーだめになるの分かります。

僕は訪問先の人がクルマでホテルまで送ってくれました。
ずっとアトランタなの?って聞いたら、ミシガン州のデトロイト近くの生まれで、
アトランタには大学から~っ言うので、今年2月にデトロイト行ったよって答えて盛り上がりました。
来年、日本に来るそうなので、お寿司連れて行かないと。

翌日にはテキサス州に行かないといけないので、アトランタは2泊ですが実質まる一日で終わりました。


[PR]

by yukifukaa | 2018-11-19 08:13 | 出張 | Comments(4)  

ワシントンD.C.

11月4日から一週間、アメリカに出張してました。
f0305050_07381435.jpg

行きの飛行機の窓から見た風景です。
月の光が翼に反射して幻想的でした。

約11時間かけてやっとシカゴに到着して、ワシントンD.C.へトランジット。
f0305050_07382323.jpg

ここでまさかの乗り継ぎ失敗!!
3時間弱、乗り継ぎ時間があったのにアメリカン航空のシカゴ到着が遅れたのと、
荷物がなかなか出てこなかったせいです。

それでも乗り継ぎ便のチェックインカウターには30分前に着いたのにダメぽって。
が~~~~ん。

幸い同じアメリカン航空の次の便が取れたので日曜日中にDCには到着できるはずです。

しか~し、夜20時過ぎに離陸予定の次便に搭乗して、1時間寝て起きてもまだシカゴ空港の滑走路でした。
便で22時半くらいにDCのロナルドレーガン空港につくはずが、着いたは23時過ぎ。
f0305050_07382714.jpg

空港の中はがら~んとして誰もいません。
寂しい~。
DCに来たのは15年ぶりです。

ホテル内のレストランを予約していたのですが、遅れるからボックスに詰めて部屋に届けられる手はずになっていたのに、
せっかく来るなら暖かい料理を食べてほしいからと待っていてくれました。
アメリカでは考えられない暖かいおもてなしに感激しました。
料理もとても美味しかったです。
f0305050_07383009.jpg

チップはずまなきゃ。
食べ終わったのは夜中の2時前。
やっとなが~~~~~~~~い初日が終わりました。

でもお仕事は待ってくれません。
幸い最初のお仕事は近くにあるAGAです。
AGAって言ってもわざわざDCまで薄毛治療に行ったわけではございません。
アメリカガス協会の略称です。
f0305050_07384105.jpg

ロゴに炎のマークが入っています。
ちなみに日本ガス協会はJGA。
こちらも、ロゴは炎をデザインしたものなので、洋の東西を問わず考えることは一緒ですね(笑)。

アメリカガス協会からは連邦議事堂が見えました。
f0305050_07383632.jpg

日本ガス協会からは国会議事堂は見えません。

お昼ご飯はポトマック川を見ながらバイキング
f0305050_07384945.jpg

夜中にステーキ食べたのに若干、食べ過ぎですね。
お次はATA。
f0305050_07385431.jpg

あたたたとケンシロウの掛け声みたいな団体ですが、
全米トラック協会です。

ATAが終わったら、もう夕方。
早く終わったらスミソニアン博物館に行きたかったのに17時半に閉まるのでいまから行っても1時間も見れません。
どよ~ん。
f0305050_07385826.jpg

国防総省です。
ペンタゴンの俗称の通り、上空から見ると五角形をしていますが、地上からはだだっ広い巨大なビルにしか見えません。
真ん中は中庭があります。
冷戦時代、まだそれほど精度が高くない衛星でソ連が監視すると、お昼時に多くの人が中庭に行くので、地下施設の入り口が
中庭にあるのではないか?って疑ったいたらしいのですが、実はホットドッグスタンドがあって、みんなお昼ご飯を買いに行っていただけって
嘘かホントか分からない話したあったそうです。

911の時に、ちょーど画像の部分に乗っ取られたボーイングが突っ込んで大破しましたが、いまはどこを補修したかぱっと見では分かりませんでした。

ホテルはホワイトハウスの近くなので、少し散歩。
f0305050_07390683.jpg

ドナルドにご挨拶しに行ったのですが、入れてくれませんでした。
ちょうど中間選挙の前日だったので、オハイオに応援演説に行っていたらしいので、別にいいけど。
夜はチキンでした。
f0305050_07391204.jpg

翌日の中間選挙当日は今回の目玉であるDOE(米国エネルギー省)に行ってきました。
セキュリティーがものすごく厳重で、パソコンとスマホを持ち込むには事前にシリアルナンバーまで登録する必要がありました。
もちろん訪問登録もDOE職員が送付してくれた専用サイトにアクセスして、パスポートナンバーとかその他もろもろの情報を入力して、承認を得なければなりません。
入館ゲートは飛行機に乗る時と同じような金属探知機をつかったセキュリティーチェックがありました。
日本の経済産業省も入館ゲートはありますが、金属探知機を使った入館審査や持ち込むパソコン、スマホまで事前登録する必要はありません。
f0305050_07393334.jpg

せっかく来たので、お歴々と記念撮影(笑)

予定を1時間オーバーしてお仕事終了。
夕方には次の目的地に行くために飛行場に行く必要があります。
渋滞を考えると14時半には出なければ不安です。

お昼食べたらスミソニアン博物館行く時間ないやんけ。
松本零士世代の日本男児はランチよりゼロ戦だ!!ということで45分だけスミソニアン博物館に行くことにしました。
スミソニアン博物館は実はスミソニアン協会が運営する複数の博物館とか美術館の集合体のことです。
自然史博物館など多くはDCですが、別の州にもあります。
DCにあるのだけでも、全部見るには一週間はかかると言われています。
それを45分でなんて、どんだけ早送りやねん。

で、究極の取捨選択で子供頃から見たかった航空宇宙博物館に行ってきました。
見たいのだけをダッシュでまわります。
悲しいの~。
ちなみに展示物はすべて本物です。
f0305050_07394160.jpg

まずはこれ!
なんだか分かります?
僕は分かりました。
ソ連が打ち上げた人類初の人工衛星スプートニクです。
おおっ~~~と感動してたら既に2分経過。
残り43分。

f0305050_07362703.jpg

アメリカ初の有人宇宙船、マーキュリー宇宙船です。
ちなみに人類初の宇宙船はガガーリンが乗ったソビエトのボストークでーす。
f0305050_07361653.jpg
マーキュリー計画の次のジェミニ宇宙船
中めちゃ狭いです。これ乗って宇宙行けって言われたら、スーパーびびりますよね。


f0305050_07395592.jpg

じゃ~ん。
でました、アポロ月着陸船。
すげ~。
大阪の生駒山山頂にあった生駒宇宙科学館で子どもの時、見たことがありますが、それはレプリカだったはず。
やっと本物を見られました。

着陸船は上段の人間が乗っているところはロケット噴射で母船に帰還し、下半分はそのまま月面に放置されてるはずだから、
本物があるのはおかしい?って考えたアナタ。
鋭い指摘です。

アメリカの宇宙計画に使用する機材の多くは万一のためのバックアップ用として2つ作るそうです。
ここにあるのは、そのバックアップ用で未使用のやつ。
一部、地球に帰還した使用済みのものもあります。

f0305050_07400599.jpg
これはアポロなんかを打ち上げたサターンロケットのエンジン部分。
めっちゃ大きいです。
f0305050_07475852.jpg
奥のがアボロの司令船、月着陸船の上部分がこいつとドッキングします。
円筒形の部分は宇宙に置いてきて、三角錐の部分が地球に帰還します。
f0305050_07471996.jpg
これが地球に帰還した三角錐の司令船

f0305050_07394655.jpg
そこは大気圏突入時の熱で真っ黒に焦げていました。
次は飛行機
f0305050_07401243.jpg
これも本物のライトフライヤー
ライト兄弟が作った世界初の飛行機です
f0305050_07401872.jpg
日本が誇る名機、零戦です!
見たかったのよ。
実物はコンパクトでカッコいいです。
f0305050_07402518.jpg
下はアメリカのマスタング、上はイタリアのマッキ202ファルゴーレ
マッキにはフェラーリの跳馬のマークがついていますが、エンジンはドイツのメルセデス製です。
僕のクルマと一緒だ~。ちなみに跳馬のマークはフェラーリのじゃなくて、イタリアの撃墜王が自機につけていたのがオリジナルです。
エンツィオ・フェラーリはそのマークの使用を戦死した撃墜王さんのご両親から使用を許されたそうです。
f0305050_07403344.jpg
でました、松本零士世代のあこがれ
ベルリンの黒騎士が最後に乗っていた
世界初のジェット戦闘機メッサーシュミットMe262
f0305050_08121485.jpg
ジンベイザメみたいです。
かっこいい!!!
f0305050_07403780.jpg
前から見るとこんな感じ。
いまでも十分通用するデザインですね。

ちなみに航空宇宙博物館の展示物の復元施設にはバラバラの第二次世界大戦末期の日本の局地戦闘機、震電があるそうです。機体略号はJ7W1。
実はこの震電の話を子どもの頃から母親に聞かされていました。
僕の母親は九州飛行機に勤めていました。
そこで新型戦闘機を開発しているという噂は聞いていたそうで。
震電って名前は母親は知りませんでしたが、J7って呼んでいたって言ってました。
終戦間際が終戦の日、いままで見たこともないような形の飛行機J7が飛ぶのを眺めていたらしいです。
Wikipediaだと試験飛行でエンジンが壊れたので連絡している間に終戦を迎えたって書いてますが、どっちなんでしょうね。
それまで厳密に情報遮断されていたらしいのですが、日本が降伏すると薄々分かっていたのか、
終戦の日か、情報統制が緩んでJ7が飛ぶっていうので同僚と滑走路まで行って見物したって話してました。

僕が子どものころに母親が話していましたが、J7って戦闘機がどんな飛行機かも分からなかったので、ホントかなぁ~って思っていましたが、
中学生くらいになって松本零士の「零士のメカゾーン」ってイラスト集に震電のイラストが掲載されていたので、前に話してくれたのコレのこと?
って聞いたら、これこれ!って懐かしがっていました。母親はもう亡くなっていませんがいい思い出です。

航空宇宙博物館を急いでみて回ってロナルドレーガン空港でチェックイン。
飛行機乗ったころには夕暮れでした。
f0305050_07404454.jpg
ばいばいDC







[PR]

by yukifukaa | 2018-11-16 08:38 | 出張 | Comments(0)  

大阪北部地震

本業のお仕事で、大きな地震があるとなぜか僕にまっさきにお声がかかります。
東日本大震災や熊本地震、今回の大阪北部地震も行ける?行ってきて~と。

都市ガスが大きな範囲で供給停止になると、同業の都市ガス事業者が全国から復旧応援に駆けつけます。
阪神淡路大震災や東日本大震災と比べると被害地区は極所的で、狭い範囲に集中していました。
導管の損傷も比較的少なかったのですが、まったくなかったわけではありません。
まず、導管を修繕します。
f0305050_07524281.jpg
あいにくの大雨でガス管を掘り出すのに、周囲から水が流れ込んで大変な現場でした

一定範囲の導管の修繕が終わると、気密試験をして漏れがないか確認した後、一件一件回って開栓作業を行います。
電気の場合、一件ずつ回ることはしませんが、都市ガスの場合、敷地内のガス管が損傷している可能性もあるので、開栓には点検と需要家の立ち合いが必要なため
ものすご~く時間と人手がいります。
ちなみに、ほとんどのガスメーターに気密試験機能が搭載されているので、宅内のガス器具を使わない状態にして、ガス管などから漏れがないか検査できます。

開栓作業早く終わらせるには大量の人員を投入して一気にやるので、全国から来た応援隊で早く復旧させるぞ~と出発式をやりました。
f0305050_07530269.jpg
今回は吹田市の万博記念公園駅に開栓応援隊の前線基地が設置されました。
f0305050_07532166.jpg
いろんなガス会社の車両があります。

ホテルに帰って、原稿書いたり、本社に写真送ったりとけっこう忙しです。

でも、せっかくホームタウンに帰ってきているので、なんとか時間作って夜遊びも少し。
お友達に連絡したら、なぜか謎の中国人たちとの飲み会になりました。

大阪南部までえっちらおっちら電車とタクシー乗り継いで、初めてのお店です。
なんでこんなとこまでと思ったのですが、料理はとってもよかったです。
f0305050_07533904.jpg
お刺身とか
f0305050_07534409.jpg
f0305050_07534867.jpg

f0305050_07535112.jpg
えびとかハモもでました。
f0305050_07534867.jpg
葉巻を勧めてくれたタイガーってあだ名の中国人。虎さんの入れ墨がいっぱい入っているそうです。

はじめてだし、向こうは日本語、僕は中国語まったく話せないし、総勢8人に通訳一人なので、あまり会話にはなりませんでしたが、なぜか盛り上がって楽しかったです。
中国人たちの分かれた後は、友達と北新地で飲みなおして、何時にホテルに戻ったのか覚えていません。
しかも目が覚めたのはホテルの自分の部屋の前の廊下。
うつ伏せに倒れてました。
なにがあったんだ(笑)。
こんなことはじめの経験です。
財布も鍵もなくったものはありませんでしたし、怪我もありませんでした。
翌朝6時半にはホテルを出なきゃいけなかったので、飛び起きて現場に向かってちゃんと間に合いました(笑)。
一件目から中国人と何回も一気飲みやったのと、その後の北新地のクラブでもかなり飲んだし、よせばいいのにアフターでイタリアンに行ってワインもいっぱい飲んで、ホテルまで歩いて帰ったのは覚えています。
たぶん、そこで力尽きたのでしょう。






[PR]

by yukifukaa | 2018-06-29 08:28 | 出張 | Comments(2)  

ヴェルルテ

もう帰国しているのですが、
ブログ書く時間がありませんでした。

ミュンヘンの空港の早朝です。
f0305050_08144281.jpg
そして空いている飛行機にのって
f0305050_08144727.jpg
さようならミュンヘン。
f0305050_08151644.jpg
こんにちはブレーメン。
f0305050_08152400.jpg
ブレーメンの空港はこんな感じでした。
f0305050_08154271.jpg
なんで柱がボクシンググローブやねん。

そこから車に乗り、ドイツ北部をドライブ。
f0305050_08160825.jpg
ニーダーザクセン州のヴェルルテって
田舎の街だか村が目的地です。
f0305050_08162120.jpg
田舎の上に平日の昼間なので、
人がほとんどいません。

f0305050_08164964.jpg
オクトーバーフェストここでも
小規模なのがやっています。
ミュンヘンじゃないのに。
でも日本でもやってますもんね。
やはり秋まつり的な感覚なんでしょうね。

お腹空いたのでご飯。
北部ドイツに来たのにどドイツ料理に飽きたので
イタリアン。
f0305050_08173155.jpg
洒落た店構えです。
f0305050_08165753.jpg
前菜、美味しかったです。
f0305050_08170659.jpg
野菜が美味しい。
f0305050_08170979.jpg
お肉食べて。

f0305050_08172225.jpg
デザートでした。

そしてお仕事。
ここまで来た目的はアウディが展開している
合成メタン「e-gas」のプラントを見ること。

アウディは太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギー
由来の電力(あくまで計算上)で作った水素と
バイオ由来のCO2を合成させたメタンをe-gasと
呼んで、CO2フリーの燃料として同社の天然ガス自動車
に供給(これも計算上)するプロジェクトを推進しています。

f0305050_08173759.jpg
じゃーん。
これが水を電気分解して水素を取り出す装置でーす。

このように水素から合成メタンを作る装置は
実は日本の東北大学が以前から研究・実用化してきた
技術が基になっています。

かなり古くからあって、エジプトのアスワンハイダムにも
装備されています。

普及しなかったのはコストが掛かるから。
でも、最近は環境意識が高まり、コストだけじゃなくて
CO2フリーならある程度コストかかってもしょーがないよね~
って世の中が変わってきたので、日の目を見ました。

と、たまには真面目なお話。
欧州で遊んでばかりではありません(笑)。
つーか、ホントは遊ぶ暇はほとんどなくて
ちゃんとお仕事していました。

f0305050_08174447.jpg
どいつの田舎のお家。
2階のところが猫バスの口みたい。
招かれざる訪問者は食べられるのでしょうか?
こわ~。






バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

by yukifukaa | 2016-11-15 08:49 | 出張 | Comments(0)  

オクトーバーフェスト

ミュンヘンの晩御飯はこんな感じ。
f0305050_08185740.jpg
ひさしぶりに夕食で野菜食べた気がしました。
なぜかメインは魚。
f0305050_08162172.jpg
なんの魚かよく分かりませんでした。
f0305050_08190769.jpg
デザートは美味しかったです。

そしてミュンヘンと言えばビール
f0305050_08190107.jpg
おいしゅうございました。

これでは飲み足らず、
ミュンヘンが本場のビールのお祭り
オクトーバーフェストの期間中だったので、
翌朝、早い時間の飛行機に
乗らなきゃいけなかったのに
のこのこ行ってきました。

夜の住宅街をてくてく。
f0305050_08191221.jpg
日本とよりかなり暗いです。

地下鉄乗って
f0305050_08195181.jpg
途中で乗り換えたのですが、こっちは
比較的新しい車両。
モダンデザインでした。
もっと古いのは日本の地下鉄ぽかったです。

フェストの会場の駅に着きました。
f0305050_08200158.jpg
オクトーバーフェストはこっちだよ~
って看板。
よく見ると案内板の上にもう一枚
板かシールが貼り付けてあるので
フェストの期間中だけなのでしょう。
f0305050_08202966.jpg
日本の夜祭みたいに夜店がいっぱいありました。

入口につきました。
f0305050_08210190.jpg
警官やセキュリティがいっぱい。
欧州がテロが多いので警戒しているのでしょう。
入場はただでした。

オクトーバーフェストの由来はバイエルンの皇太子
だかの結婚式のお祝いだって聞いたような気がしますが違うかも。

もっとちいさな会場をそうぞう
してましたが、期間中600万人が来るそうで
一つの小さな町くらいの広さがありました。
f0305050_08212248.jpg
会場の見取り図でーす。

そして来てるおっさんおばさんは
民族衣装を身に付けてます。

日本だと夏祭りや花火大会に浴衣きていく
のにちかい感覚だと思います。
f0305050_08211353.jpg
中を歩きます。
f0305050_08215182.jpg
きょろきょろ。

巨大テントがいっぱいあります。
f0305050_08214010.jpg
テントに入ってみようっと。
f0305050_08221116.jpg
人がいっぱい。
f0305050_08222605.jpg
こんなテントがたくさんあります。

移動式のアトラクションもありました。
f0305050_08224607.jpg
これ動くとスピード速くて少し怖いかも。

いろんなテントがあり、それぞれ屋号
がついてました。
f0305050_08234136.jpg
別のテントに入って。
f0305050_08231370.jpg
席は取れなかったけど、
やはり来たからにはコレでしょう。
f0305050_08231805.jpg
ごくごく。

美味しかったでーす。






バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

by yukifukaa | 2016-10-28 08:37 | 出張 | Comments(0)  

ミュンヘン

フランスのストラスブールから国境を越えて
ドイツに入りました。

目指すはミュンヘン。

国境って言ってもEU圏内なんで
ゲートもなにもありません。
ライン川を渡るだけです。
f0305050_08172020.jpg
ドイツに入って憧れのアウトバーンを
走っているのですが、この道は
けっこう混むので有名らしく、
渋滞も多かったです。

ただ空いてるところはベンツやポルシェ、
アウディがたぶん200キロオーバーで
すっ飛ばしてました。

アウトバーンのサービスエリアの
トイレにはコンドームが売ってました。
f0305050_08172574.jpg
クルマは飛ばすけど、
アレは飛ばすなと。
下品で失礼しました。

途中、シュトゥットガルトの側を通りました。
ここにはメルセデスの工場があります。
僕の車の消耗品買いたかったな~。

アウクスブルグの街でランチ。
f0305050_08175158.jpg
いい感じの街を少し歩いて

ドラキュラって店がありました
f0305050_08180632.jpg
アウクスブルグにいるよ~と後輩にラインしたら、
そこはプロテスタントとカトリックが手打ちした
有名な街ですって教えてくれました。

便利な世の中です。

ランチのスープ。
f0305050_08181543.jpg
ミートボールがどーんって入ってます。
美味しかったです。
f0305050_08182063.jpg
メインは豚肉。
まぁまぁでした。
f0305050_08403383.jpg
そしてデザート。
食べ過ぎですね。

で、さくっと仕事してミュンヘンの
ホテルに着いたのは夜でした。







バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

by yukifukaa | 2016-10-25 08:43 | 出張 | Comments(0)  

欧州出張・ストラスブール

ナンシーから160㎞ほど移動し、
ドイツ国境に近いアルザス地方の街、
ストラスブールに来ました。
f0305050_07583115.jpg
夕食まで少し時間があったので
街をぶらぶらしました。

f0305050_08011370.jpg
アニメーション映画
「ハウルの動く城」に出てくるような街並みです。
f0305050_08014362.jpg
てくてく。
もっと先まで行ってみよう。
f0305050_08022636.jpg
ますます「ハウル」っぽく
なってきました~。
f0305050_08025168.jpg
夕方の斜めの日差しに照らされて綺麗です
f0305050_08034761.jpg
おっさん独りで歩くのがもったいない

f0305050_08032228.jpg
ロマンチックでーす

f0305050_08025877.jpg
建物が赤っぽいのは夕焼けの
せいだけではありません。
f0305050_08030314.jpg
地元の砂岩で建てられているため
もともと赤っぽい色でーす。

晩御飯はドイツに近いせいか、
ドイツ料理でした。
f0305050_08041402.jpg
ウェイターの兄ちゃんが僕の膝に
ビールをこぼしたお詫びに
サービスでグラッパを
持って来てくれました。
f0305050_08042088.jpg
このグラッパはアルコール度数が高く
たぶん、50度を越えてました。
罰ゲームか?

f0305050_08042829.jpg

デザートは美味しかったです。
泊まったホテルはここでーす。
f0305050_08045057.jpg
中はこんな感じ。
f0305050_08055922.jpg


翌朝、早起きして街を走りました。
f0305050_08051317.jpg
夜明けだよ~。
世界遺産の街並みを走るのは気持ちよかったです。
f0305050_08055177.jpg
走ってるうちに明るくなってきました。




バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

by yukifukaa | 2016-10-14 08:38 | 出張 | Comments(2)  

欧州出張・ナンシー

早朝にパリを出発して、
バスで約350キロ先のナンシーまで
行きました。

4号線のゲートでーす
f0305050_08123905.jpg
パリを出るとほとんど田園風景
ず~~~と畑や草原が続いて
フランスは農業国なことを実感できました。
適度にアップダウンがあり、
北海道の富良野辺りに似ていました。
バイクでツーリングしたくなりました。

あっそうだ。
パリでドゥカティのディアベルも何台か見かけました。
フランスでも人気なのですね。

シャンパンで有名なシャンパーニュの
サービスエリアで休憩。
f0305050_08124791.jpg
途中のサービスエリアでは
日本と一緒でアルコールは売ってなかった
のに、ここではシャンパンが売ってました。
ええのんかい?
f0305050_08132278.jpg
そうこうしているうちにナンシーに到着。
どーせフランスの田舎町だろーなと期待せずに行ったら。
f0305050_08134565.jpg
こんな街並み。
あ~ら素敵。

そして歩いた先には。
f0305050_08142070.jpg
世界遺産の広場がありました。
f0305050_08144686.jpg
期待していなかった分、
嬉しかったです。
f0305050_08254095.jpg
この広場を作ったらしい侯爵さん
の象が広場の中心にありました。

お腹が空いたのでレストランでランチ。
ここに入りました。
f0305050_08153071.jpg
相変わらずイマイチなメニュー。
f0305050_08150750.jpg
味はまぁまぁでしたが、外でほかの人が食べていた
パスタのほうが美味しそうでした。
f0305050_08155297.jpg
でも外のテーブルにはハトが載かってきます。
この夫婦は心が広いのか、真剣に追い払っては
いませんでしたが、ご飯食べてるところに
ハトは汚さそうで僕はいやだなぁ。

仕事先で面白いもの発見
f0305050_08160241.jpg
トラックやバスのホイールのボルトに
付けるキャップです。

緩むと向き合ってる三角がずれるので
すぐに分かります。




バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

by yukifukaa | 2016-10-12 08:33 | 出張 | Comments(0)  

欧州出張・パリ

翼よあれがパリの灯だ!
(ってまだ明るいけど)
f0305050_07505967.jpg
やってきました花の都パリ
でもホテルに着いたのは夜。
f0305050_07511753.jpg
しょぼいご飯を食べてすぐ寝ました。
ほとんど芋やん。
f0305050_07512199.jpg
朝食のほうがいいかも
f0305050_07512741.jpg
で早朝からお仕事して
f0305050_07515556.jpg
移動の途中にみたトライアンフ
ストリートトリプルだと思いますが、
かなり改造してあります。
かっこいい

でまたお仕事してお昼ご飯。
フランス人とランチご一緒したら、
食べるし、ワインがぶがぶ飲むし。
お付き合いして、僕の美味しいワインいただきました。
メインデッシュは子羊ちゃん。
f0305050_07521649.jpg
癖もなく美味しかったです。

トイレに行ったらフランス語で表示
男性用はこっちの表記で
f0305050_07523820.jpg

巨大なデザート
大きかったらシェアしたいからどのくらいの大きさ?
ってウェイターに聞いたら、手でこんなものって
小さい輪を作るので、1人1個にしたら、ぜんぜん違って
大きかったです
f0305050_07522380.jpg
ナイフとフォークと比べてみてください
f0305050_08023596.jpg
もちろん大和魂見せて、
1人でたいらげました。

フランスではけっこうな
比率でオートバイにエプロンみたいな
足かけがついてました
f0305050_07524270.jpg
これはスクーターですが、
ふつーのロードタイプも付けてました
暖かそうなのでいいな~

少し酔ってお腹パンパンだけど、
午後からもお仕事。
f0305050_07525657.jpg
こんなところにある事務所いいな~

f0305050_07530055.jpg
事務所のある建物のエレベーター
雰囲気ありました。

お仕事して
f0305050_07530453.jpg
やっと今日の予定はおしまい
バスの窓から見たコンコルド広場
f0305050_07532489.jpg
で、せっかくパリに来たので
f0305050_07540479.jpg
凱旋門と
f0305050_07541665.jpg
エッフェル塔

前にも来たことあるので、
ふ~んって感じ

仕事じゃなくてプライベートで散歩したいです

ユネスコの本部
f0305050_08110849.jpg
晩御飯はリヨンの駅の近所で食べました
f0305050_08125058.jpg
店構えは悪くないけど、
あいかわらずしょぽい

子牛のクリーム煮です
f0305050_07544619.jpg
ホテルのあるベルシーまで
歩いて2キロぐらいだったので、
セーヌ川沿いを散歩して帰りました。


f0305050_07550012.jpg


バイク(ドゥカティ)ランキングへ

[PR]

by yukifukaa | 2016-10-11 08:21 | 出張 | Comments(2)