人気ブログランキング |
ブログトップ

ゆきふかブログ

yukifukaa.exblog.jp

Diavelでのあれこれ

カテゴリ:Diavel( 169 )

ブログ友達で「小生の備忘録」のakane8150さんと信州のビーナスラインをツーリングしてきました。

akane8150さんとはバイクやクルマの趣味が似ていることや、家族構成が同じなど共通点が多く、以前から一緒にツーリングしたいと考えていました。
お互い片岡義男の小説にハマった時期もあるので、せっかくなら小説「時には星の下で眠る」の舞台であるビーナスラインを走って、同じ作者の別の小説のカバーガールをやった三好礼子さんのお店「ペレファカフェ」に行こうってことに。
実は7月に一泊で計画していたのですが、雨で会えなく中止。リベンジの9月の3連休も雨で中止。
こうなったら日帰りでもいいからと、今回のツーリングが実現しました。

道の駅こぶちざわに7時の待ち合わせました。
f0305050_08292892.jpg
6時半くらいに到着
akane8150さんは前日から道の駅に隣接する宿泊施設「スパティオ小淵沢」でお泊り。
僕もご一緒して一献かたむけたかったのですが、前日はあいにく友人と飲みのお約束がありました。
f0305050_08293356.jpg
美味しい中国料理で、セーブするはずが少し飲み過ぎました。


akane8150さんとは5月に名古屋で開催された僕がやっている格闘技「空道」の全日本大会(僕が出たのはシニアの部ですけど)に応援に来ていただいた時、以来の再会。
f0305050_08293068.jpg
スパティオ小淵沢はきれいな建物です
f0305050_08293568.jpg
akane8150さんの愛車MT-01

ごあいさつもそこそこに八ヶ岳エコーラインを走りだします。
標高の高いこの辺りはすっかり秋。
景色のいいところで記念撮影。
f0305050_08293879.jpg
やっほー
f0305050_08294545.jpg
快晴です

僕は1人で走る時、停まるのがめんどくさくって、いい景色でも通過してしまって後でもったいなく思うことが多いです。
akane8150さんは撮影スポットでは停止してくれて、僕もぱちぱち撮ってくださるので嬉しいです。
ソロツーリングだとなかなか自分の写真は撮らないので、バイクと景色ばっかりになってしまいます。
今回はビデオも撮っていただいて感謝。
平日の早朝なのでエコーラインはがらがらですが、秋の交通安全運動週間中なので、景色を堪能しながらゆっくり走ります。
エコーラインからビーナスラインに入り、蓼科高原、すずらん峠経由で白樺湖畔のローソンで休憩。
f0305050_08113087.jpg
ホワイト&ブラックですね

ここのローソンは駐車場もテラスも大きくて、とってもきれい。
お勧めです。
f0305050_08113542.jpg
さあ、出発しましょうか

いよいよ見晴らしのいい車山高原~霧ヶ峰高原のワイディングゾーンです。
うきうき。
途中、富士見台の駐車場で休憩しました
f0305050_08113912.jpg
おー!いい見晴らし

富士見台の駐車場からは、ほぼ全域の山が良く見えました。
6月にもクルマで来ましたが、その時は天気が悪くてほとんど見えなかったなぁ。
西は八ヶ岳から遠くの富士山、南は北岳、甲斐駒などの南アルプス、少し南西には御嶽山。西は穂高や槍ヶ岳。西北を見ると黒部峡谷まできれいに見えます。
近所に住んでいるという犬を連れたおじさんが自慢げに解説してくれました。
これだけ雄大な景色なら自慢したくなる気持ちもよく分かります。
富士山はこないだ登ったから次は北岳も登りたいです。
f0305050_08114201.jpg
雄大な景色を撮影するakane8150さん

f0305050_08541075.jpg
雄大な景色。やっぱり晴れている時に来るのが一番ですね。

ここから先、akane8150さんがビデオカメラGoProをヘルメットに装着して、撮影してくれるとおっしゃるので僕が前を走りまーす。
その動画がこちら↓

いいお天気でしょ?
平日のせいか交通量も少なく最高でした。
三峰展望台で休憩。
f0305050_08115236.jpg
ビッグツイン2台

三峰展望台の出入り口はカーブの途中にあるので、出る時に気を使います。
とくに道が空いてる時は、スピードが高めのクルマやバイクが多いから、事故がないのかなぁと心配になりました。

三峰展望台から美ヶ原高原までのワイディングロードは比較的大きめのヘアピンカーブが多くて楽しめます。
僕のシンプソンのヘルメットM30は上方視界がイマイチなので上りのヘアピンは先が見づらいため、マージンを多めにとってあまり攻められません。

美ヶ原高原に到着。
f0305050_08115579.jpg
屋外に彫刻が点在する高原美術館になっています
f0305050_08115796.jpg
今後の予定の確認かな?

美ヶ原高原でソフトクリームを食べたくなったので、もう開店している売店に行ったらいきなり準備中になりました。
あれっ?さっき開店したばっかりだったのにまた準備中?
ソフトクリームは諦めて、飲むヨーグルトをごくごく。
見晴らしのいい観光地に来るとソフトクリームを食べたくなるのは僕だけでしょうか?
高原のソフトクリーム🍦は美味しいと商業的に刷り込まれているのかもしれません。
美ヶ原高原の北西側に行くには一度山を下る必要があります。

つづく












by yukifukaa | 2019-09-30 08:51 | Diavel | Comments(2)
プレッシャーセンサーエラーが表示されたので、さっそくGoogleさんに尋ねたところ、やはりエラーが出たので交換したという書き込みが数件ありました。
日本語ではないですが、交換手順の動画まであります。
ただ、その動画、英語でもないため何言ってるのかよく分かりません(笑)。
タンクのタイプも微妙に違うし。
でも、おおよその手順とプレッシャーセンサーがどこにあるかも分かったので助かりました。
Diavelのプレッシャーセンサーは2つ。
ネットで探すと新品は2つで16000円。
中古だとパニガーレに着いていたのが2つで12000円。
1個当たり2000円しか違わないので、新品にしました。
プレッシャーセンサーはマップセンサーとか絶対圧センサーとか訳し方によって違いますが同じもの。
インジェクションのバイクやクルマにはたいがい使われていて、値段も似たような感じです。
パニガーレとかDiavelのプレッシャーセンサーはECUと同じで三菱製みたいです。
場所はタンクカバーの下、エアクリーナーカバーの左側についているので、タンクカバーを外さないとアクセスできません。
コネクターの抜き差しで治ることもあるって書き込みを見ましたが、タンクカバーを外すのがめんどくさいので、確認しないで新品を注文しました。
f0305050_08203825.jpg
タンクカバーの外すのは慣れてきました(笑)
f0305050_08204547.jpg
いままでサイドパネルをわざわざ外してたのに、一緒に取れること気づきました
f0305050_08205693.jpg
タンクが見えてきました
f0305050_08210644.jpg
タンクの下はこうなっています
f0305050_08212345.jpg
2つのコネクターを外して、ハーネスのカバーも外して
f0305050_08213796.jpg
ハーネスを右にずらすとプレッシャーセンサーが見えてきます
f0305050_08215097.jpg
こんな感じで作業しています
f0305050_08232252.jpg
1個目のプレッシャーセンサーを外したところです

コネクターを外して、ホースクランプをペンチで挟みながらプレッシャーセンサーを引き抜きます。
ホースクランプは再使用可能なタイプかどうか事前に分からなかったので、同径で欧州車に使われるものと、かしめ用のホースクランププライヤーまで事前に購入して用意していましたが不要でした。
でも一つの部品とか工具がなくて無理に作業すると余計な手間が増えたり、最悪、パーツが破損することもあるので仕方ないです。
特にプレッシャーセンサーがホースに刺さっている部分は細くて折れそうだったので、万全を期しました。
f0305050_08233606.jpg
下が古いほう、上が新品です。見た目はまったく同じ(笑)

まず、一つだけ交換してインストルメントパネルをつないで、スイッチオン!
f0305050_08234119.jpg
えー!ダメじゃん。

1つ目の故障だけならこれで終了って思っていたのに。
2つ目も交換してエラー消えなかったらどうしようと不安になりました。

2つ目も交換して、ドキドキしながらオンにすると。
f0305050_08234357.jpg
やった~。

これで車検行けるぜ。
作業開始から終了まで1時間半くらいでした。

プレッシャーセンサー交換が無事成功したので、翌日は練習の帰り道にあるバイク屋さんで自賠責保険に加入。
車検当日は自転車で市役所で仮ナンバーを借りました
f0305050_08240934.jpg
車検取ったらすぐに外すのでひもで縛って装着

車検当日はあいにくの雨。
どよ~ん。
今回は事前にテスター屋でヘッドライトの光軸を調整しないで受けてみることにしました。
光軸でひっかかったら、自分でやってみるて、それでもダメならテスター屋に行けばいいかぁと考えていました。
陸運局に早めに到着して、午後一番の検査でした。
光軸もすんなりOK。
よかったよかった。

雨なのでマフラー交換とプログラムの変更は後日にして、午後はお気に入りのカフェでまったりしました。
f0305050_08241669.jpg








by yukifukaa | 2019-09-24 08:47 | Diavel | Comments(4)
Diavelの車検が8月5日で切れていました。
7月は雨が多くて車検の準備ができず、8月になってようやく晴れて暑くなったと思ったら仕事や富士登山やなんやかんやで陸運局に行くひまがなく、9月になって目途が立ってきたので10日予約しました。

とりあえず、マフラーをノーマルに戻して、ついでにtuneboyで欧州仕様にしていたECUのプログラムも日本仕様に戻します。
後になってFacebook上のドゥカティオーナーズクラブニッポンの数人の方からプログラムは欧州仕様のままで車検通るよ~と教えていただきました。
今ではそのままで行けばよかったと思いましたが、この時点では知る由もなく、トラブルの連鎖が待ち受けようとは思いませんでした。

f0305050_08183547.jpg
いつものように有線で家の中のパソコンに接続
f0305050_08181968.jpg
今回はクルマのセルも回せるというモバイルバッテリーを補助に接続してみました

書き換えには大量の電気を使うので、Diavelに搭載してあるバッテリーだけでは途中で電源が落ちてしまいます。
特に日本仕様のプログラムはチェック項目が多いのか、書き換えに時間がかかるのは経験上分かっていたので、クルマのバッテリー上がり対応用のモバイルバッテリーも補助電源に使ってみましたが、うまくいかず書き換え途中で電源が落ちてしまいました。

書き換え途中で電源が落ちても大丈夫なことも分かっていました。
でもtuneファイルが選択できません。

f0305050_08190830.jpg
本来ならFlash map into ECUがグレーでなく選択できます
げろげろ。
どうしよう。
f0305050_08184116.jpg
そのうちバッテリーの充電不足エラーが!

とりあえず、バッテリー充電のためにこの日は終了。

翌日、バッテリーをフル充電の上にクルマに接続して万全の体制で臨みました。
f0305050_08184712.jpg
S500はリアにバッテリ-があります
でも、ダメぽ。
やはり、選択できません。
ECUのシリアルナンバーも表示されません。
どうしようと途方に暮れ、tuneboyの神、ブログ「ばいく生活あれこれ」のtalkriverさんにメールで質問。

そしたら、「(日本仕様の)STD tune ファイルが選択できるようにするためには、おっしゃるようにシリアル番号を表示させなければなりません。シリアル番号を表示させるために STD tune ファイル以外の tune ファイルを選択してみましたか?」と回答が。
そうか!日本仕様のファイルに戻すことに固執したのがダメでした。
これまでも電源が途中で落ちてシリアルナンバーが表示されなくても、ファイルを書き込めたのはすべて欧州使用などのtuneファイルにする時でした。

さっそく、欧州仕様のファイルを選択するとFlash map into ECU」が押せるようになりました。
f0305050_08192577.jpg
書き込み開始
f0305050_08194304.jpg
電源、持ってくれ~
f0305050_08201232.jpg
あとちょっと
無事欧州仕様のtuneファイルと書き込めたのですが、これは古いバージョン。
インストルメントパネルの表示がノーマルのスポーツ、ツーリングとかじゃなくて、レース、スポーツとか少し違います。
これで車検行くのもな~って思って最新バージョンを書き込もうとするのですが、なぜかこんなエラーがでます。
f0305050_08202441.jpg
こんなエラー初めてみます。
どうせパソコンにつないでるので、万全を期して日本仕様のSTD tuneファイルにトライしてみると、無事書き込めました。

これで、車検通した後に最新のtuneファイルの戻せばいいやって思ったら、なんと!
f0305050_08234119.jpg
あいやー!
なんじゃ、このエラーは?
表示が小さくなってもインストルメントパネルに残ってます。
f0305050_08203125.jpg
まじですか
4輪では以前はエラー表示ががメーターにあっても車検はOKでしたが、数年前から厳しくなってエラー表示があるとNGになったって聞いています。
二輪は分からないですが、有給取って陸運局まで行ってこれでダメって言われたら悲惨なので、プレッシャーセンサーを交換することにしました。

もちろん、自分でやります。
つづく


by yukifukaa | 2019-09-19 08:41 | Diavel | Comments(2)
東京では1カ月以上、ほぼ太陽を拝めない長~い梅雨が終わったと思ったら、いきなり猛暑になりました。
発熱量の多いディアベルちゃんだと昼間、交通量の都内を走るのは苦行です。
走るなら夜か早朝ですね~。

というわけで日曜日の朝、後輩君を誘って早朝ツーリングに行ってきました。
ホントは5時くらいに集合したかったのですが、そんなに早く起きられませーんという後輩君の意見を聞いて、6~7時の間でそっちに行くわってあいまいな集合時間を設定。
5時に起きて、ゆっくり支度して6時くらいに家を出たら7時くらいには後輩君のところに着けるな~って思っていると、後輩君からおはようございます。とラインが来ました。
起きられるやんけ。

いそいそと支度して5時30分に家を出たら、6時前には後輩君と合流。
途中、多摩尾根環状道路でとても速そうなヤマハのYZF R-1と一緒になり、しばらくランデブー走行しました。
僕は途中で後輩君との合流のために脇道にそれてバイバイ。
f0305050_07565434.jpg
モーターステージ東京で合流

じゃあ、宮ヶ瀬ダム経由でヤビツ峠行くかって話になり、出発。
宮ヶ瀬方面に向かったものの僕が途中で曲がり道間違えて、相模湖方面に行ってしまい、ならこのまま道志道走ろうと行先を変更しました。

道志道はけっこうバイクもクルマも多く、途中、気持ちよく走れたものの、すぐに先行車に追いついてしまいました。
それでも無理じゃない程度で前に出たりして、ふつーのペースでツーリング。
道の駅道志まで行って折り返そうかなぁ。
もう少しで道の駅だな~って思っていると、遅いワゴン車に捕まっている10台くらいのバイクの集団の後ろに付きました。
無理な追い越しはしたくないので、最後尾について同じペースで走っていて、よく見ると2台前は多摩尾根環状道路で一緒だったあのヤマハのYZF R-1。
ヘルメットも服装も覚えていたので、間違えありません。
バイクの先頭はハーレーのスポーツスターが2台。
あんまり上手そうじゃなので、ワゴン車を抜かすことはないなーと諦めてゆくっり走っていたら、ワゴン車が右折。
てっきりこのグループと一緒だと思っていたYZF R-1は左からスルスルと先頭に出ます。
僕も付いていってクリアになったワインディングをいい感じで走れました。
やっぱりYZF R-1さん、かなり速かったです。

あっという間に道の駅道志について休憩。
f0305050_07571616.jpg
早朝なのにバイクがいっぱいでーす


YZF R-1さんにオネカン(多摩尾根環状道路)で一緒でしたよね~って話かけると、向こうも覚えていてくれました。

道の駅に入る前に珍しいバイクを見ました。
ゴディエ・ジュヌーのカワサキのパフォーマンスレプリカ。
往年の耐久レーサーのような外観です。
後ろから見た時は特徴的なシートカウルの形状とカラーリングから、てっきり空冷2バルブエンジンのZ1000Jベースの1135Rと思っていましたが、横から見ると最新の水冷エンジンを積んでいます。
そんなモデルあったんだ~。
f0305050_07570383.jpg
まだ8時前なのでお店は開いてないので自動販売機でコーヒーを後輩君が買ってくれました
f0305050_07570767.jpg
とうふが名物なのかなぁ
f0305050_07571266.jpg
缶コーヒー飲みながらまったり

まだ8時前だったのですが、後輩君は10時からモーターステージ東京をオープンさせなきゃいけないので、折り返して帰ることにしました。
帰りは行きよりもずっと空いていて、ワインディングを気持ちよく走れました。
9時前にモーターステージ東京に帰ってきて後輩君と別れて、そこからも快調に走れて家でアニメのワンピースを見るのに間に合いました。









by yukifukaa | 2019-08-06 08:29 | Diavel | Comments(4)
ディアベルをタンクとナンバープレートステーのリコール交換に出していたディラーのA-bigスポルトさんから、できたよ~って連絡もらったので、日曜日、霧雨が降ってましたが取りにいきました。
わが家から徒歩で約40分ぐらいの距離なんでてくてく歩いていきました。

f0305050_07575187.jpg
到着~

1FはBMW、2Fはカワサキ専門と、お店には色んなバイクがあります
まずは1F
f0305050_08001640.jpg
乗りやすそうでかっこいい
f0305050_08002003.jpg
これもいいな~

カワサキ専門の2Fは外装がカーボンになったH2のニューモデルがありました。
写真は撮りませんでした。
3階はドゥカティやほかのメーカーのバイクもあります。
f0305050_08002457.jpg
あっ、銀色のニューカタナ。やっぱりカタナはこの色ですよね。
f0305050_08002778.jpg
新しくなったディアベルです。いいな~。
f0305050_08002935.jpg
僕のと違ってエンジンを構造の一部とするダイアモンドフレームになっています。
後ろが絞れているタンク形状が好きなので、いいなぁ
f0305050_08003559.jpg
1FにはV4パニガーレの試乗車もありました。
小さくて乗りやすそうです。

3週間ぶりにご対面の僕のディアベルちゃん
f0305050_08003741.jpg
綺麗に掃除してもらっていまーす。
f0305050_08004304.jpg
補強の鉄板が入ったニューステー。
デザインは前のほうがよかったので代えていませんでした。

少し前にエキパイのスプリングが伸びてエキパイとマフラーの継ぎ目が外れました。
純正のスプリングは高いので同じ長さの汎用品をネットで注文。
f0305050_08173341.jpg
4個セットです。
新品と比べて見ると伸びているのがよく分かります。

f0305050_08141533.jpg
外れた人のアドバイスに従って2本掛け。

これで安心して7月のツーリング行けます。







by yukifukaa | 2019-07-01 08:22 | Diavel | Comments(8)
先日、ダイレクトイグニッションの先端のゴムを交換する時に、気になったことがありました。
タンクを上げた時に、そこの部分にガソリンが滲んたような跡を発見しました。
f0305050_07333774.jpg
ギャー!なんじゃこりゃ!!

最初は底から挿入してあるポンプのパッキンから漏れているのかなと考えましたが、サイドカバーを止めているボルト穴辺りから滲んだ痕跡があります。
f0305050_07334057.jpg
どーして上から流れた跡があるのかなぁ?

部品がギュウギュウに詰まった場所ではないので、毛細管現象で滲んたガソリンが上に行ったのも考えずらいです。
「Diavle ガソリン漏れ」でググってみたら、すぐに原因が判明しました。
2014年にリコールになっています。
f0305050_07335050.jpg
これは僕のバイク、同じとこでしょ?

タンク交換するのにお金かかるだろうなぁ。パテ埋めで止まるかぁって心配していたので、リコールになっていて助かりました。
リコールは対応期限がなくて、対象を全部交換するまで終わらないというユーザーにとっては非常にありがたい制度。
さっそく近所のディラーのA-bigスポルトさんに電話して、対応をお願いしました。

前に通っていたディラーのドゥカティ TOKYO WESTさんが倒産して以来、ディラーさんには行っていません。
整備や車検はほとんど自分でやるし、ほしい部品もある程度、買っちゃったので、お金落とさないのにディラーさんに行くのは気が引けます
そんな僕でもA-bigスポルトさんは、快く「持ってきてください」とおっしゃっていただけました。
わーい。

持って行く前に、どこかで脱落したウェルナットを装着しました。
純正だと1個500円くらいします。
これはちゃんとQー1032って規格の製品なので、モノタロウだと2個で399円で売っています。
f0305050_07334656.jpg
念のためボルトを刺してみましたがぴったり
f0305050_07340162.jpg
ココのを落としたみたいです。ボルトは刺さってましたので僕の作業ミスかな
f0305050_07340474.jpg
付けてみましょう
f0305050_07342640.jpg
復活(笑)


A-bigスポルトさんは自宅から3キロくらい。
ガソリンの残量警告灯が点灯していたのですが、タンクを脱着するのにガソリンがいっぱいだと重いし、その後はガソリンが滲みを発見したので、満タンにして滲みが酷くなるを避けるため、給油していませんでした。
そしたらA-bigさんに行く途中にガス欠。
近所なのでガソリンスタンドの位置は把握しているので、押して歩いてる時にステップにふくらはぎをぶつけて、ちょー痛んでいたのですが、往来でカッコ悪いのでやせ我慢していました。
でも、なんか血が出てる感じが。
あとで見たら青くなって擦り剝けて血も滲んでいました。
バイクはガソリン滲み、オーナーは血が滲んで似た者同士です。
しくしく。

汗をかきかき、300mくらい押して、スタンドでとりあえず1000円分くらい給油。
満タンにするとタンクの交換作業が大変ですもんね。
ホントは3リットルも入れれば十分だったのですけど、フルサービスのスタンドだとさすがに悪くて。
原付なら気にしないのですけど。
f0305050_07342266.jpg
甲州街道沿いのA-bigスポルトさんに到着
f0305050_07343599.jpg
おっ!新型カタナだ!!
f0305050_07343262.jpg
実物はコンパクトで悪くないわねぇ


先に電話で言ってあったので、話はサクサクと進み、預かっていいですか?ってことになりました。
7月にツーリングの予定があるので、早く修理してもらったほうがいいので、バイクと一緒にヘルメットとグローブも預けて、徒歩で40分くらいかけて帰ってきました。
てくてく。
f0305050_07342912.jpg
お漏らし直してもらってきなさいね~

ドゥカティランキング
by yukifukaa | 2019-06-10 08:26 | Diavel | Comments(0)
プラグ交換の際に、ダイレクトイグニッションの先端のゴムがバーチカル側気筒のプラグホールに残って、無理やり取ろうして破損し、片肺になったディアベルちゃん。
ヤフオクで中古品のダイレクトイグニッションを入手できたので、さっそく修理しました。
f0305050_08115496.jpg
片肺のためモーターステージ東京まで行くこともできず自宅で作業です

タンクを外すためにまずはエアインテークカバーを外します。
f0305050_08113337.jpg
先端のメッシュ部分を外しました。
f0305050_08113775.jpg
外した部品はネジと一緒に柵の上に。青空ガレージなので、雨が降らない時を見計らっての作業です
f0305050_08113934.jpg
エアインテークカバーを外すとこんな感じ
次はタンク上部のパネルを外します
それからタンクカバーを
カバー類が多くて、ガレージセールみたいです
やっとヘッドが見えてきました。


何回もこの作業やっているので、ここまであっと言う間にできるようになりました。
f0305050_08115734.jpg
上が元々のダイレクトイグニッション
ドイツのBERU製です。
下はヤフオクで入手した同じBERU製


もともとディアベルについているのとは品番の最後の3つの数字が45B,ヤフオクで入手したモンスターS4RSの中古品のダイレクトイグニッションは43B。同じテスタトレッタエンジン用なのでたぶん一緒だし、製品の年式が違うだけなのでゴムは使えると考えて落札しましたが、もし合わない可能性もあるという一抹の不安がありました。
f0305050_08120131.jpg
左がディアベル、右がモンスターS4RS用
ダイレクトイグニッション本体の色が違いますが長さと径は同じで使えそうです。
左がダメしたゴム、右がモンスターS4RS用から取り外したゴム
見た目は同一の製品のようです。
f0305050_08120660.jpg
ゴムだけをDiavelのダイレクトイグニッションに移植。
ピッタリでした。


ヤフオクで買った中古品のダイレクトイグニッションは、2本で送料込みで約1万円。
高くついたプラグ交換でしたが、予備のダイレクトイグニッションが入手できたと前向きに考えます。
エンジンを始動したら警告灯は点灯せず、ちゃんと2気筒とも元気よく動いてました。









by yukifukaa | 2019-06-03 08:41 | Diavel | Comments(6)
ダイレクトイグニッション先端のゴムが直立側のシリンダーヘッド内に残ったため、水平側だけで断念したディアベルのプラグ交換。
工具を揃えて再チャレンジしました。
f0305050_08302348.jpg
今回揃えたのはこちら

工具をネットで販売してるモノタロウ製で二つ買っても2500円くらいです。
これで取れるかなぁ
f0305050_08302848.jpg
ハゼットのロングノーズプラグプライヤー

ホントはこれが欲しかったのですが1万5000円くらいするので断念しました。
1回しか使わない工具に1万5000円はさすがにコスパ悪すぎです。

また後輩君のお店に行って作業しました。
エアインテークやサイドパネル外してからタンクカバーの取り外しです。
f0305050_08263561.jpg
こないだやったばかりなのでサクサク進みます。
f0305050_08263783.jpg
順調順調♫
f0305050_08264150.jpg
あっと言うま?にシリンダーヘッドが見えてきました。
f0305050_08264323.jpg
問題はここから
f0305050_08264621.jpg
まずダイレクトイグニションコイルの頭が見えています

持ち込んだ工具でプラグホールに残ったゴムをいくら引っ張っても千切れるだけでぜんぜん外れません。
だんだんボロボロになっていきます。
f0305050_08265196.jpg
プラグのターミナルナットの周りにゴムがあります。
どうしよう。
ディラーのA-bigSportさんに電話で聞いてみました。
前にも電話したのですが、その時はドゥカティの担当の方がお休みでした。
まず、ダイレクトイグニッションのゴムだけを欲しいと聞くと、ゴムだけじゃ売ってないからダイレクトイグニッションごとのアッセンブリーになるというお返事。
が~~~ん。

で、プラグホールにゴムが残って取れないというと引っ張っちゃダメって。
えっ!
思いっきり引っ張ってましたがなぁ~。
CRCなどの潤滑剤をかけて、ゴムを押しながら回転させるとプラグとの固着がなくなり取れやすくなるそうです。
千切れるくらい引っ張って取れないものが、それで取れるのかなぁと半信半疑でやってみると、簡単に取れました。
あっちゃ~、最初から聞いていれば、ゴムをダメにすることなかったのに。
A-bigSportさん、ありがとうございます。そして疑って申し訳ありませんでした。
さすがプロって感心しました。
今度から部品、買わせていただきます。
f0305050_08265890.jpg
ゴムがなくなってプラグが露出したプラグホール
f0305050_08265421.jpg
取れたゴム、ホントはこの倍の長さがあります。
f0305050_08270522.jpg
無残にも千切れたゴム
ダメにわかメカニックの典型ですね。
反省


で、やっとプラグ交換
f0305050_08270801.jpg
そんなに状態は悪くありませんでした

プラグは新品にしましたが、交換換用のゴムは入手していないからせっかく外したゴムを入れてとりあえず組み上げます。
防水面で若干の不安はありますが、タンクやタンクカバーがあるので大量の雨が降らなきゃ大丈夫でしょ。
って甘い判断が命取りに。
とりあえず組んでからエンジンかけたら音が少し静か。
まぁいいか、帰らなきゃってお店を後にしたけど、加速が悪く、明らかに片肺です。

ダイレクトイグニッションとプラグターミナルとの間にスプリングが入っていて、そのスプリングを介して電気がプラグに供給されているのですが、ゴムが短くなったため組み立てる時にスプリングが倒れてプラグに電気が供給されていないか、もしくはゴムがなくなったためプラグホールとスプリングの間がむき出しになって金属製のプラグホールに電気がリークして正常にスパークしなくなったのが原因と思います。
と言っても、ゴム自体がないので家まで帰るしかないとそのまま走っているとパネルにエラーメッセージが表示されました。
f0305050_08271106.jpg
きゃー!大変!!

一度、エンジンを切るとリセットされることもあるのでトライしてみたら、今度はエンジンがかかりません。
え~、レッカーかなぁと暗い気持ちになりましたが、しばらく待って再始動してみるとエンジンは無事かかり、エラーメッセージも消えています。
片肺状態には変わりないので、正常な信号がコンピューターに送られてないのでエラーメッセージが出たのでしょう。
あとでエラーメッセージの内容を調べてみると、やはりそうでした。
早めにゴムを入手して交換しないと。。。










by yukifukaa | 2019-05-21 08:43 | Diavel | Comments(2)
Diavelちゃんの燃費はTuneboyのプログラムを入れ替えても燃費が改善しないので、スパークプラグを交換してみます。

フロント側の気筒は簡単ですが、リア側の気筒のプラグを交換するには、タンクを外さないとプラグにたどり着きません。
タンクを外すにはエアインテークとか色々外す必要があり面倒です。
ディラーに交換作業をお願いすると工賃はだいたい4500円から9000円の間みたいです。
手間や利益を考えると決して高くはありません。
ただプラグは定価になるはずなので、プラグ代が1本4000円弱。
それがネットで買うと2本で4200円です。
ディラーだと安くても1万円以上かかるのが自分でやると4200円。
約6000円あったら、美味しいもの食べるかツーリング行ったほうがいいって思って面倒でも自分でやることにしました。

ただ自宅で1人で黙々とやっても面白くないので、後輩君のお店でやらせていただくことに。

エアインテークはETCを付けた時にバラしたことはあるので、さくさく外します。
f0305050_08371837.jpg
このタンクカバーはプラスチック製だと思っていたら、なんと鉄製。
案外重いです。
カーボン製が欲しいな~。

f0305050_08374790.jpg

タンクカバーの下にタンク本体があります。
f0305050_08375703.jpg

やっとタンクを外せてリアの気筒のヘッドが見えてきました。
f0305050_08380710.jpg
プラグ交換だけなので、少しタンクを浮かせれば可能です。
後はプラグを外して新品に交換するだけって安心していたら、そうは問屋がおろさず。

ダイレクトイグニッションを引き抜いたら先のゴムがありません。
f0305050_08372573.jpg
ゴムがシリンダーヘッドのプラグホールに残っているので、それが邪魔になりプラグレンチがプラグに到達できずプラグを外せません。
ゴムが外れないか少しトライしてみましたが、何らかの原因でプラグとゴムが固着しているのか外せません。
無理にやってゴムを破損したら乗って帰れなくなるので、ロングノーズプライヤーかプラグブーツプライヤ―で再度挑戦することにして、リアの気筒のプラグは交換せずにそのまま元に戻しました。
ゴムを破損した時に備えて、次にバラす時は予備のゴムを入手しておきたいです。
まだディラーに聞いてませんが、もしゴムだけでパーツが出ないならダイレクトイグニッションの中古品をネットオークションで探します。

このダイレクトイグニッションはDENSOなどの国産品なら4輪用などを流用できるかなと調べて見ましたがドイツのBERU製みたいで、ゴムだけ手に入れるのは難しそうです。

フロント側の気筒のプラグはゴムが外れることもなく簡単に交換できました。
f0305050_08381148.jpg

かなりカーボンが付着していますので、この状態を見るとリア側も早く交換したいです。






by yukifukaa | 2019-05-09 08:23 | Diavel | Comments(2)
Diavelのプログラムを入れ替えるも燃費はあまり改善せず。
始動はすんなりしたもののエンジン温度が低い状態で走り出したらパンパンとバックファイヤーが酷く出ました。
エンジンが温まったら異常は収まりましたが、やっぱりプラグがダメで、自動で濃く調整しているから燃費が悪いのかな~と思われますので、とりあえずプラグ交換してみます。
f0305050_08223917.jpg

朝からディアベルの調子を見ながら走ってたらオバハンの運転するワゴンが飛び出してきて死にそうなりました。

こっちは青信号で向こうは脇道だから歩行者用の赤信号。

なんで左右確認もせずに出これるのか。

降りいって文句言おうかとも思いましたが、カメラで撮られてトラブルになると面倒なので、思い留まりました。

みなさんも気をつけてくださーい。

f0305050_08225608.jpg
途中から排気音が大きくなったなぁと思って確認するとなぜかエキパイが外れてました。
これで2回目です。
はめ直す時に確認したらエキパイと連結パイプを止めるスプリングがゆるゆるになっていました。
Facebook上のクラブ、ドゥカティオーナーズクラブニッポンでエキパイスプリング外れたと投稿したら、社外のスリップオンに変えている人は割とよく経験する症状だそうです。
外れ防止にスプリングを2本がけしているって方もいらっしゃいました。
ありがたいアドバイスなので、僕もマネしようとスプリング4本注文しました。


by yukifukaa | 2019-04-22 08:29 | Diavel | Comments(10)