人気ブログランキング |

ガソリン漏れ

先日、ダイレクトイグニッションの先端のゴムを交換する時に、気になったことがありました。
タンクを上げた時に、そこの部分にガソリンが滲んたような跡を発見しました。
f0305050_07333774.jpg
ギャー!なんじゃこりゃ!!

最初は底から挿入してあるポンプのパッキンから漏れているのかなと考えましたが、サイドカバーを止めているボルト穴辺りから滲んだ痕跡があります。
f0305050_07334057.jpg
どーして上から流れた跡があるのかなぁ?

部品がギュウギュウに詰まった場所ではないので、毛細管現象で滲んたガソリンが上に行ったのも考えずらいです。
「Diavle ガソリン漏れ」でググってみたら、すぐに原因が判明しました。
2014年にリコールになっています。
f0305050_07335050.jpg
これは僕のバイク、同じとこでしょ?

タンク交換するのにお金かかるだろうなぁ。パテ埋めで止まるかぁって心配していたので、リコールになっていて助かりました。
リコールは対応期限がなくて、対象を全部交換するまで終わらないというユーザーにとっては非常にありがたい制度。
さっそく近所のディラーのA-bigスポルトさんに電話して、対応をお願いしました。

前に通っていたディラーのドゥカティ TOKYO WESTさんが倒産して以来、ディラーさんには行っていません。
整備や車検はほとんど自分でやるし、ほしい部品もある程度、買っちゃったので、お金落とさないのにディラーさんに行くのは気が引けます
そんな僕でもA-bigスポルトさんは、快く「持ってきてください」とおっしゃっていただけました。
わーい。

持って行く前に、どこかで脱落したウェルナットを装着しました。
純正だと1個500円くらいします。
これはちゃんとQー1032って規格の製品なので、モノタロウだと2個で399円で売っています。
f0305050_07334656.jpg
念のためボルトを刺してみましたがぴったり
f0305050_07340162.jpg
ココのを落としたみたいです。ボルトは刺さってましたので僕の作業ミスかな
f0305050_07340474.jpg
付けてみましょう
f0305050_07342640.jpg
復活(笑)


A-bigスポルトさんは自宅から3キロくらい。
ガソリンの残量警告灯が点灯していたのですが、タンクを脱着するのにガソリンがいっぱいだと重いし、その後はガソリンが滲みを発見したので、満タンにして滲みが酷くなるを避けるため、給油していませんでした。
そしたらA-bigさんに行く途中にガス欠。
近所なのでガソリンスタンドの位置は把握しているので、押して歩いてる時にステップにふくらはぎをぶつけて、ちょー痛んでいたのですが、往来でカッコ悪いのでやせ我慢していました。
でも、なんか血が出てる感じが。
あとで見たら青くなって擦り剝けて血も滲んでいました。
バイクはガソリン滲み、オーナーは血が滲んで似た者同士です。
しくしく。

汗をかきかき、300mくらい押して、スタンドでとりあえず1000円分くらい給油。
満タンにするとタンクの交換作業が大変ですもんね。
ホントは3リットルも入れれば十分だったのですけど、フルサービスのスタンドだとさすがに悪くて。
原付なら気にしないのですけど。
f0305050_07342266.jpg
甲州街道沿いのA-bigスポルトさんに到着
f0305050_07343599.jpg
おっ!新型カタナだ!!
f0305050_07343262.jpg
実物はコンパクトで悪くないわねぇ


先に電話で言ってあったので、話はサクサクと進み、預かっていいですか?ってことになりました。
7月にツーリングの予定があるので、早く修理してもらったほうがいいので、バイクと一緒にヘルメットとグローブも預けて、徒歩で40分くらいかけて帰ってきました。
てくてく。
f0305050_07342912.jpg
お漏らし直してもらってきなさいね~

ドゥカティランキング

# by yukifukaa | 2019-06-10 08:26 | Diavel | Comments(0)

Diavel復活

プラグ交換の際に、ダイレクトイグニッションの先端のゴムがバーチカル側気筒のプラグホールに残って、無理やり取ろうして破損し、片肺になったディアベルちゃん。
ヤフオクで中古品のダイレクトイグニッションを入手できたので、さっそく修理しました。
f0305050_08115496.jpg
片肺のためモーターステージ東京まで行くこともできず自宅で作業です

タンクを外すためにまずはエアインテークカバーを外します。
f0305050_08113337.jpg
先端のメッシュ部分を外しました。
f0305050_08113775.jpg
外した部品はネジと一緒に柵の上に。青空ガレージなので、雨が降らない時を見計らっての作業です
f0305050_08113934.jpg
エアインテークカバーを外すとこんな感じ
次はタンク上部のパネルを外します
それからタンクカバーを
カバー類が多くて、ガレージセールみたいです
やっとヘッドが見えてきました。


何回もこの作業やっているので、ここまであっと言う間にできるようになりました。
f0305050_08115734.jpg
上が元々のダイレクトイグニッション
ドイツのBERU製です。
下はヤフオクで入手した同じBERU製


もともとディアベルについているのとは品番の最後の3つの数字が45B,ヤフオクで入手したモンスターS4RSの中古品のダイレクトイグニッションは43B。同じテスタトレッタエンジン用なのでたぶん一緒だし、製品の年式が違うだけなのでゴムは使えると考えて落札しましたが、もし合わない可能性もあるという一抹の不安がありました。
f0305050_08120131.jpg
左がディアベル、右がモンスターS4RS用
ダイレクトイグニッション本体の色が違いますが長さと径は同じで使えそうです。
左がダメしたゴム、右がモンスターS4RS用から取り外したゴム
見た目は同一の製品のようです。
f0305050_08120660.jpg
ゴムだけをDiavelのダイレクトイグニッションに移植。
ピッタリでした。


ヤフオクで買った中古品のダイレクトイグニッションは、2本で送料込みで約1万円。
高くついたプラグ交換でしたが、予備のダイレクトイグニッションが入手できたと前向きに考えます。
エンジンを始動したら警告灯は点灯せず、ちゃんと2気筒とも元気よく動いてました。









# by yukifukaa | 2019-06-03 08:41 | Diavel | Comments(6)

Diavel プラグ交換再チャレンジ

ダイレクトイグニッション先端のゴムが直立側のシリンダーヘッド内に残ったため、水平側だけで断念したディアベルのプラグ交換。
工具を揃えて再チャレンジしました。
f0305050_08302348.jpg
今回揃えたのはこちら

工具をネットで販売してるモノタロウ製で二つ買っても2500円くらいです。
これで取れるかなぁ
f0305050_08302848.jpg
ハゼットのロングノーズプラグプライヤー

ホントはこれが欲しかったのですが1万5000円くらいするので断念しました。
1回しか使わない工具に1万5000円はさすがにコスパ悪すぎです。

また後輩君のお店に行って作業しました。
エアインテークやサイドパネル外してからタンクカバーの取り外しです。
f0305050_08263561.jpg
こないだやったばかりなのでサクサク進みます。
f0305050_08263783.jpg
順調順調♫
f0305050_08264150.jpg
あっと言うま?にシリンダーヘッドが見えてきました。
f0305050_08264323.jpg
問題はここから
f0305050_08264621.jpg
まずダイレクトイグニションコイルの頭が見えています

持ち込んだ工具でプラグホールに残ったゴムをいくら引っ張っても千切れるだけでぜんぜん外れません。
だんだんボロボロになっていきます。
f0305050_08265196.jpg
プラグのターミナルナットの周りにゴムがあります。
どうしよう。
ディラーのA-bigSportさんに電話で聞いてみました。
前にも電話したのですが、その時はドゥカティの担当の方がお休みでした。
まず、ダイレクトイグニッションのゴムだけを欲しいと聞くと、ゴムだけじゃ売ってないからダイレクトイグニッションごとのアッセンブリーになるというお返事。
が~~~ん。

で、プラグホールにゴムが残って取れないというと引っ張っちゃダメって。
えっ!
思いっきり引っ張ってましたがなぁ~。
CRCなどの潤滑剤をかけて、ゴムを押しながら回転させるとプラグとの固着がなくなり取れやすくなるそうです。
千切れるくらい引っ張って取れないものが、それで取れるのかなぁと半信半疑でやってみると、簡単に取れました。
あっちゃ~、最初から聞いていれば、ゴムをダメにすることなかったのに。
A-bigSportさん、ありがとうございます。そして疑って申し訳ありませんでした。
さすがプロって感心しました。
今度から部品、買わせていただきます。
f0305050_08265890.jpg
ゴムがなくなってプラグが露出したプラグホール
f0305050_08265421.jpg
取れたゴム、ホントはこの倍の長さがあります。
f0305050_08270522.jpg
無残にも千切れたゴム
ダメにわかメカニックの典型ですね。
反省


で、やっとプラグ交換
f0305050_08270801.jpg
そんなに状態は悪くありませんでした

プラグは新品にしましたが、交換換用のゴムは入手していないからせっかく外したゴムを入れてとりあえず組み上げます。
防水面で若干の不安はありますが、タンクやタンクカバーがあるので大量の雨が降らなきゃ大丈夫でしょ。
って甘い判断が命取りに。
とりあえず組んでからエンジンかけたら音が少し静か。
まぁいいか、帰らなきゃってお店を後にしたけど、加速が悪く、明らかに片肺です。

ダイレクトイグニッションとプラグターミナルとの間にスプリングが入っていて、そのスプリングを介して電気がプラグに供給されているのですが、ゴムが短くなったため組み立てる時にスプリングが倒れてプラグに電気が供給されていないか、もしくはゴムがなくなったためプラグホールとスプリングの間がむき出しになって金属製のプラグホールに電気がリークして正常にスパークしなくなったのが原因と思います。
と言っても、ゴム自体がないので家まで帰るしかないとそのまま走っているとパネルにエラーメッセージが表示されました。
f0305050_08271106.jpg
きゃー!大変!!

一度、エンジンを切るとリセットされることもあるのでトライしてみたら、今度はエンジンがかかりません。
え~、レッカーかなぁと暗い気持ちになりましたが、しばらく待って再始動してみるとエンジンは無事かかり、エラーメッセージも消えています。
片肺状態には変わりないので、正常な信号がコンピューターに送られてないのでエラーメッセージが出たのでしょう。
あとでエラーメッセージの内容を調べてみると、やはりそうでした。
早めにゴムを入手して交換しないと。。。










# by yukifukaa | 2019-05-21 08:43 | Diavel | Comments(2)

全日本大会in名古屋

僕がやっている空道って格闘技の全日本大会が名古屋で開催されました。
オッサン(と言っても35歳以上)のシニア全日本選抜大会も併催され、僕はシニア軽量級に出場しました。

空道ってもともとは極真空手の全日本王者である東孝先生が始めた大道塾が顔面を殴ってもいいし、肘膝、頭突き、体力差がある場合は金的(男性の股間の急所のことです)攻撃も認め、その上、投げても絞めてもいいって制約が少ないルールの「格闘空手」で、僕が学生の時に新宿支部に入門した時はまだ空手でした。

仕事が忙しくなっていけなくなってしまい、余裕が出てきて吉祥寺支部に再入門した時には空道って名前が変わって、寝技の比重が少し多くなりましたが、制約の少なさは変わっていません。
道着を着用してプラスチックのシールドが付いたお面を被るのと、金的をカバーするカップを以外はなにもなくて殴ったり蹴ったり投げたり関節技かけたり絞めたりしまーす。
お面もプラスチックのシールドがあるので鼻や目の骨折はありませんが、衝撃は多少しか緩和されないので、まともに攻撃もらうとノックアウトされちゃいます。
制約が少ないので、シニアクラスにも柔道とかレスリングとか空手とか日本拳法とかの経験者が出場してくるので、競技としては面白いと思いますが、殴った後、すぐ組み合いになって、一見地味な展開が多く、技術を知らない方になかなか面白さを伝えるのが難しい競技です。

全日本大会は毎年、春が体力別(柔道など大半の格闘技はクラス分けする場合、体重で決めますが空道は身長+体重の体力指数って独自のルールです)、秋は無差別(最重量って意味じゃなくて小さい人から大きい人まで誰でもクラス分けなし)の2回開催されます。

春は仙台、秋は東京開催が多かったのですが、春は名古屋でも開催され始め、一昨年は東京の代々木第二体育館でも行われました。
今年は春、秋とも名古屋開催だそうです。

ってことでゴールデンウィークは名古屋に向けて練習がんばっていました。

試合前々日はフルスケールの試合スペースを想定して、職場の新人歓迎会をバックレて、三鷹のSUBARUスポーツセンターで調整しました。
f0305050_07220831.jpg
画像は練習にお付き合いしてくれた先輩経達。
2人とも元全日本王者なだけにカッコいいです。
f0305050_07221314.jpg
そして前日、東京から名古屋に移動でーす。
f0305050_07221669.jpg
先輩2人は新幹線の中でかなり飲んでいました。
f0305050_07222258.jpg

ちょっと飲みすぎでしょ?

無事計量もパスして、晩御飯は仙台南支部の方達と一緒に名古屋駅の近くでタイ料理屋に行くことになりました。
f0305050_07231290.jpg
途中、名古屋駅前のお嬢さんとやらせ写真を撮られました。
f0305050_07222536.jpg
みなさん今年の夏もタイに練習旅行に行くらしく僕も誘われました。
行きたいのですが、お仕事が~。

対戦表は試合当日にならないと配布されません。
仙台南支部の桐田さんはシニア全日本王者経験者で、明日僕と対戦するかもしれません。
その桐田さん(緑色とのシャツの人)も一緒だったので、まさに呉越同舟。
f0305050_07222962.jpg
最初は微妙な空気感もありましたが、対戦経験もある2人なので最後は打ち解けてみんなで記念撮影。試合は相手を倒すつもりで本気でやりあいますが、基本的の同じ種類の人間なので同じ階級でも仲がいい人がほとんどです。

試合当日。
桐田さんと初戦で当たることを考えていましたが、幸か不幸か今回は別の階級でした。
シニアの場合、3回勝てば優勝になるよう階級を組んで行くのでその時に出場人数やそれぞれの体格によって階級が変わります。
僕は軽量級と中量級をいったりきたりしていて、関東大会では中量級でしたが、今回は軽量級になりました。
桐田さんは増量したらしく軽中量級。

僕の初戦の相手は何回もこのクラスの全日本王者になっている仙台の剛腕、AGさん。
AGさんは僕より身長は低いけど体重は3キロほど重く、ベンチプレスで125キログラム上げる怖い人です。
実はAGさんとは以前から仲良しですが、今回が初対戦。
初戦からヤバい人が相手です。
f0305050_07223274.jpg
対戦相手ですが、仲良しなので微妙な空気感の中、対戦前にパチリ。
AGさんのフックまともにもらって歩いて帰れなくなるの嫌だなぁ。
f0305050_07330506.jpg
アップをすませて開会式に向かいます。
f0305050_07234265.jpg
日本全国から集まってきますので、交流の場であり、対戦までは比較的和気あいあいとしています。


先輩が作ってくれた横断幕が2年ぶりに登場。
f0305050_16230076.png
吉祥寺支部のアイドル、萌ちゃんが撮ってくれました。と思いつつも試合は刻々と近づいていきます。


僕の試合は24試合目だったので午前中にはできるだろうと思っていましたが、20分の昼休憩後になりました。
せっかくアップしていたのに開会式と試合までの空き時間と緊張で身体が固くなっていきます。
軽く身体を動かすのですが、緊張から無意識に呼吸が浅くなっていて、息が上がるのが早いです。
そんな中、名古屋にお住いのブログ友達(失礼)、akane8150さんが奥さまと応援にいらしてくださいましたのでご挨拶。
貴重なお休みにこんなむさくるしいところにお呼びするのは恐縮の極みだったのですが、以前からバイクとクルマの趣味や経験が非常に似ていて、ぜひお会いしたかったのでお誘いしました。
来ていただいてとても嬉しかったです。

肝心の試合はパンチで「効果」というポイントを二つ取られてあっさり負けてしまいました。
どよ~ん。
AGさんのパンチに合わせて膝を入れることができて、首を取って倒したのはよかったのですが、キメ突きの「効果」はポイントにならず。
AGさんのタフなボディに僕の得意の膝は跳ね返されました。

今回、同階級で決勝戦を行った二人はとても仲好しで、優勝した糸永さんとは出稽古に行き会ったり、2人でサンボの講習会に参加したりもしています。
その二人と僕を比べると、フィジカルと稽古量圧倒的に劣っていると痛感しました。
とはいいつつも、仕事と年齢から、その二つを急に伸ばすことは難しいので、効率的かつ集中した取り組みをしようと意識改革からやらねばと思っています。

今年も負け犬弁当を食べることになりました。
f0305050_07224893.jpg
選手にはお弁当が支給されるのですが、決勝まで行くと弁当を食べる暇がないので、弁当を食べている選手はみんな決勝に行けなかったってことから負け犬弁当と吉祥寺支部では呼んでいます。
中にはまだ試合が残っているのに弁当食べる猛者もいますが。
f0305050_07225983.jpg
同じ支部のマンモス小林と一緒にぱくぱく。
負け犬弁当を食べていると「涙で塩味のスパイスが効いて美味しいでしょ?」とか負けて落ち込んでいる選手に容赦ない突っ込みが入ります。
鬼かよ。
f0305050_07225380.jpg
しかし、名古屋のお弁当はいつも悔しいけど美味しいです。名古屋名物の鰻やみそカツ、手羽先まで入って、名古屋を食べ歩きした気分になります。
結局、吉祥寺支部から出場した3人は加藤弟君(他流の道場の所属ですが練習は吉祥寺)が一般の重量級で惜しくも準優勝が最高成績でした。
加藤弟君は軽重量級では全日本王者に何回かなっていますが、世界大会を見据えてデカくてパワーのある相手と戦うために、1階級上げての挑戦だったので見事です。
f0305050_07230270.jpg
決勝にも行けなかった僕とマンモスは土下座での記念撮影。
しくしく。
帰りはマンモス号に乗せてもらいました。
f0305050_07230884.jpg
減量の反動から浜松SAで山盛りの餃子を食べるマンモス。
餃子だけなら100個は余裕だそうです。
ここにも超人がいました。










# by yukifukaa | 2019-05-15 08:39 | 格闘技 | Comments(2)

Diavelプラグ交換

Diavelちゃんの燃費はTuneboyのプログラムを入れ替えても燃費が改善しないので、スパークプラグを交換してみます。

フロント側の気筒は簡単ですが、リア側の気筒のプラグを交換するには、タンクを外さないとプラグにたどり着きません。
タンクを外すにはエアインテークとか色々外す必要があり面倒です。
ディラーに交換作業をお願いすると工賃はだいたい4500円から9000円の間みたいです。
手間や利益を考えると決して高くはありません。
ただプラグは定価になるはずなので、プラグ代が1本4000円弱。
それがネットで買うと2本で4200円です。
ディラーだと安くても1万円以上かかるのが自分でやると4200円。
約6000円あったら、美味しいもの食べるかツーリング行ったほうがいいって思って面倒でも自分でやることにしました。

ただ自宅で1人で黙々とやっても面白くないので、後輩君のお店でやらせていただくことに。

エアインテークはETCを付けた時にバラしたことはあるので、さくさく外します。
f0305050_08371837.jpg
このタンクカバーはプラスチック製だと思っていたら、なんと鉄製。
案外重いです。
カーボン製が欲しいな~。

f0305050_08374790.jpg

タンクカバーの下にタンク本体があります。
f0305050_08375703.jpg

やっとタンクを外せてリアの気筒のヘッドが見えてきました。
f0305050_08380710.jpg
プラグ交換だけなので、少しタンクを浮かせれば可能です。
後はプラグを外して新品に交換するだけって安心していたら、そうは問屋がおろさず。

ダイレクトイグニッションを引き抜いたら先のゴムがありません。
f0305050_08372573.jpg
ゴムがシリンダーヘッドのプラグホールに残っているので、それが邪魔になりプラグレンチがプラグに到達できずプラグを外せません。
ゴムが外れないか少しトライしてみましたが、何らかの原因でプラグとゴムが固着しているのか外せません。
無理にやってゴムを破損したら乗って帰れなくなるので、ロングノーズプライヤーかプラグブーツプライヤ―で再度挑戦することにして、リアの気筒のプラグは交換せずにそのまま元に戻しました。
ゴムを破損した時に備えて、次にバラす時は予備のゴムを入手しておきたいです。
まだディラーに聞いてませんが、もしゴムだけでパーツが出ないならダイレクトイグニッションの中古品をネットオークションで探します。

このダイレクトイグニッションはDENSOなどの国産品なら4輪用などを流用できるかなと調べて見ましたがドイツのBERU製みたいで、ゴムだけ手に入れるのは難しそうです。

フロント側の気筒のプラグはゴムが外れることもなく簡単に交換できました。
f0305050_08381148.jpg

かなりカーボンが付着していますので、この状態を見るとリア側も早く交換したいです。






# by yukifukaa | 2019-05-09 08:23 | Diavel | Comments(2)