人気ブログランキング |

Diavelプラグ交換

Diavelちゃんの燃費はTuneboyのプログラムを入れ替えても燃費が改善しないので、スパークプラグを交換してみます。

フロント側の気筒は簡単ですが、リア側の気筒のプラグを交換するには、タンクを外さないとプラグにたどり着きません。
タンクを外すにはエアインテークとか色々外す必要があり面倒です。
ディラーに交換作業をお願いすると工賃はだいたい4500円から9000円の間みたいです。
手間や利益を考えると決して高くはありません。
ただプラグは定価になるはずなので、プラグ代が1本4000円弱。
それがネットで買うと2本で4200円です。
ディラーだと安くても1万円以上かかるのが自分でやると4200円。
約6000円あったら、美味しいもの食べるかツーリング行ったほうがいいって思って面倒でも自分でやることにしました。

ただ自宅で1人で黙々とやっても面白くないので、後輩君のお店でやらせていただくことに。

エアインテークはETCを付けた時にバラしたことはあるので、さくさく外します。
f0305050_08371837.jpg
このタンクカバーはプラスチック製だと思っていたら、なんと鉄製。
案外重いです。
カーボン製が欲しいな~。

f0305050_08374790.jpg

タンクカバーの下にタンク本体があります。
f0305050_08375703.jpg

やっとタンクを外せてリアの気筒のヘッドが見えてきました。
f0305050_08380710.jpg
プラグ交換だけなので、少しタンクを浮かせれば可能です。
後はプラグを外して新品に交換するだけって安心していたら、そうは問屋がおろさず。

ダイレクトイグニッションを引き抜いたら先のゴムがありません。
f0305050_08372573.jpg
ゴムがシリンダーヘッドのプラグホールに残っているので、それが邪魔になりプラグレンチがプラグに到達できずプラグを外せません。
ゴムが外れないか少しトライしてみましたが、何らかの原因でプラグとゴムが固着しているのか外せません。
無理にやってゴムを破損したら乗って帰れなくなるので、ロングノーズプライヤーかプラグブーツプライヤ―で再度挑戦することにして、リアの気筒のプラグは交換せずにそのまま元に戻しました。
ゴムを破損した時に備えて、次にバラす時は予備のゴムを入手しておきたいです。
まだディラーに聞いてませんが、もしゴムだけでパーツが出ないならダイレクトイグニッションの中古品をネットオークションで探します。

このダイレクトイグニッションはDENSOなどの国産品なら4輪用などを流用できるかなと調べて見ましたがドイツのBERU製みたいで、ゴムだけ手に入れるのは難しそうです。

フロント側の気筒のプラグはゴムが外れることもなく簡単に交換できました。
f0305050_08381148.jpg

かなりカーボンが付着していますので、この状態を見るとリア側も早く交換したいです。






by yukifukaa | 2019-05-09 08:23 | Diavel | Comments(2)

Commented by talkriver at 2019-05-18 20:29 x
んんー 自分でプラグ交換しようとは思えなくなりまたー(笑)
Commented by yukifukaa at 2019-05-20 07:39
> talkriverさん
ゴムが残ったトラブルはレアケースだと思いますので、ご自分でやりましょう(笑)