人気ブログランキング |

ビーチクルーザー、ボトムブラケット修理

ビーチクルーザーのボトムブラケットから異音がするので分解してみました。
まずペダルを外します。
ビーチクルーザーのクランクは一本でつながっているので、
ペダルを外さないと抜けません。
f0305050_08004348.jpg


ロックナットを外して、アジャスタブルコーンを外します。
ここは両方とも逆ネジなので、通常では締める時計回りに回すと分解できます。
f0305050_08011761.jpg

アジャスタブルコーンを外したらベアリングが見えてきます。
f0305050_08014976.jpg

ぎゃー!
f0305050_08020292.jpg

ボロボロやんけ。
これなら異音も出るはず。
反対側のチェーンリングが付いていほうは?
f0305050_08020532.jpg

どひゃ~!
こっちはもっとボロボロ。
こりゃ受け側のカップも傷だらけでしょうね。
f0305050_08020987.jpg

リテーナーベアリングの球が外れているし

で、ネットで新しいリテーナーベアリングとカップアンドコーンを注文しました。
f0305050_08021354.jpg

自転車の部品って安いですね。
リテーナーベアリングとカップアンドコーンのセットで1500円しません。
ただ、サイズを探すのにプチ苦労しました。
このビーチクルーザーのボトムブラケットはアメリカン規格で、古いBMXにもこのカップアンドコーンとリテーナーベアリングの組み合わせが使われているようです。
左側のは簡易的なカップの圧入工具です。
f0305050_08021836.jpg

中身はこんな感じ。
車体のカップをマイナスドライバーとプラスチックハンマーを使って外してから
ボトムブラケットを清掃しなきゃ。
f0305050_08022724.jpg

汚~い。
清掃した後は簡易工具を使ってカップを圧入。
f0305050_08023050.jpg

簡易工具の円盤を直接、新品のカップに当てるとずれやすいので古いカップを間に挟みました。
簡易工具は2000円もしないけどベアリングが組み込まれていて、締めこんでも取り付けるカップが回転せずに真っ直ぐ入っていく優れもの。
ホームセンターでネジの付いてるボルトと大きめのワッシャーを買えば自作できないこともありませんが、そんなに高い工具でもないので買って正解でした。
もっと本格的な圧入工具もありますが、めったに使わないのでこれで十分です。

ついでにリアのコースターブレーキ内蔵ハブも点検&グリスアップ。
f0305050_08155933.jpg

コースターブレーキはこんな構造でペダルを逆回転するとハブの内側に、画像だと二つに分かれている金属が押し付けられてブレーキをかけます。
ブレーキなのに二硫化モリブデンをたくさん塗っておく必要があります。
f0305050_08154955.jpg


ハブのベアリングは比較的綺麗だったので清掃してグリスアップして組付けました。
f0305050_08160390.jpg

これも汚いから
f0305050_08160860.jpg

外してぴかぴかに。








by yukifukaa | 2019-05-08 08:26 | 自転車 | Comments(2)

Commented by hitohina303 at 2019-05-10 21:07
凄い器用ですね。
僕のビークルなんか放ったらかしです…,。(^◇^;)
Commented by yukifukaa at 2019-05-11 15:43
> hitohina303さん
ぜんぜん器用じゃないでーす
調子悪いとやってみたくなります。
簡単ですよ〜。