ひやり

クルマでお買い物に行った帰りのことです。
走っているのは大きい公園の側を通る、比較的幅員が広い道。
信号と信号の間隔が空いているので、スピードが出やすいところです。

昨日の夕方、南行きは五日市街道との交差点の信号で渋滞していました。
青信号になって前のクルマが発進したので、僕もスタート。
さぁ加速するかって瞬間に、右からおじいさんが僕のクルマの前に飛び出してきました。
もちろん横断歩道でもないし、幅員が広いので横断する人はほとんどいません。
油断していました。


おいおいおい

急ブレーキでなんとか停まれました。
ドライブレコーダーの映像があっても、当たっていたら僕が前方不注意で賠償&罰金でした。
最近は判断力がおかしい人が増えてほんとうに困ります。

[PR]

by yukifukaa | 2018-05-21 07:53 | メルセデス | Comments(4)  

Commented by talkriver at 2018-05-22 21:40 x
ドライブレコーダーでしょうか。

私も最近ヒヤッとして件があるのですが、事故に逢わないためには、運転者の技量や注意だけではなく '運' もやっぱり必要って思っちゃいますね。
Commented by akane8150 at 2018-05-22 23:51
拝見しました。。。よくブレーキペダルに足が届きましたね(°0°) 動体視力とその反応、大したものです!
Commented by yukifukaa at 2018-05-23 07:40
> talkriverさん
iPhoneを吸盤付きホルダーでフロントガラス上部に貼り付けて、無料のドライブレコーダーアプリ「Safety Sight」を使っています。加速度センサーを利用し、急ブレーキや衝突時の前後10秒ぐらいの映像を記録してくれるので便利です。デメリットは夏だとiPhoneが高熱になって、たぶんバッテリーの寿命が短くなることと、電池の減りが早いことです。

僕も運が大きく左右すると思います。たまにyoutubeで事故の映像を見るのですが、カーブで対向車のはみ出しとか注意しても避けられない事故も多いですよね~。
Commented by yukifukaa at 2018-05-23 07:45
> akane8150さん
おはようございます。

発進した直後でドライブレコーダーの記録だと時速8kmだったので、空走距離がほとんどなく停まれました。
レンズが広角なので、横からくる様子が見えますが、実際にはいきなり目の前に人が出てきた感じです。かなり幅員のある道路ですし、まさかこの場所を渡ってくる歩行者がいるとは思わなくて油断していました。常に左右確認大事ですね~。
ドカだともっと早く加速始めるので、停まれなかったかもしれません。

<< オイルサービスランプリセット ビーナスラインツーリング >>