アクティブキー電池交換

ディアベルのカギはポケットに入れているだけで
ハンドルロックが解除できたり、エンジンスタートできたりする優れものです。

そんな優れものでも電池が切れたら、使い物になりません。
こないだのツーリング中に、カギの電池がヤバいよ~ってワーニングランプが点灯しました。
f0305050_08015607.jpg
最初はバッテリーの電圧低下かと思って焦りました。
みにくいけど右上の黄色いやつです。
f0305050_08035115.jpg
よく見るとカギのイラストです。
あぁ、鍵の電池か~。

調べてみるとCR2032っていうよく使われているボタン電池で駆動しているみたい。
コンビニでも売ってますが、貧乏人(うぅっ、悲しい)の僕は、百均に行ったついでに買いました。

金属製の物理的に開けるカギ(メンドクサイ)を出して、その脇にコインをつっこんで
ネジって開けるみたいですが、コインなんかじゃとても開きません。
10円玉曲がっちゃいました。

大きめのマイナスドライバー使ったほうが簡単です。
f0305050_08083486.jpg
で、右上のグリーンの基板の上にボタン電池が入っています。
こままじゃボタン電池を取り出せないので、基板をプラスティックのケースから分離。
f0305050_08085435.jpg
これでボタン電池が外せます。
アクティブキーの肝はこの基板だけ。
黒いケースには配線もなく、ただ基板をガードするのと、金属キーを取り付けているだけ。
後はケースのフタをパチッとはめればおしまい。

f0305050_08242541.jpg
ハロウィンナイトの夜走りではなくて、格闘技の練習に行ってきただけでした。

バイク(ドゥカティ) ブログランキングへ
[PR]

# by yukifukaa | 2017-11-01 08:26 | Diavel | Comments(0)  

東京モーターショー

お仕事でプレスデーに東京モーターショーに行ってきました~。
お目当ては仕事と関係ないZ900RS。
f0305050_07333236.jpg
むかし、Z750RSを持っていたこともあって、興味ありありです。
雑誌に掲載されていた予想図よりもいい出来でした。
f0305050_07381614.jpg
ライトも回りもいい感じ。
ブレーキのマスターシリンダーもZ2と似たようなデザインなのが、
泣かせます。

同時にカスタムモデルが展示されてました。
f0305050_07374688.jpg
その中でもドレミコレクションのモデルが気に入りました。
f0305050_07404477.jpg
4本だしマフラーも昔のデザイン。
f0305050_07412425.jpg
Z1やZ2とフレームの取り回しが違うので間延びしたサイドのデザインも黒いカバー
でうまく処理しています。
サイドカバーのデザインは昔に近く、遠目にはいいのですが、エアクリーナーの
カバーがでかすぎてイマイチかは意見が分かれるところだと思います。
Z1とは違いますが、カスタム前のデザインも悪くないかぁ。

f0305050_07465884.jpg
あんこ抜き風のシートもいいですね~。
僕もZ2のシート薄くして乗っていました。

f0305050_07460381.jpg
メーター周りはこんな感じです。

ほかでかっこいいと思ったのは
f0305050_07491196.jpg
ホンダのこいつ。

ヤマハはロッシのバイクを展示していました。
f0305050_07500072.jpg
あとは1人で起き上がることができる電動バイク
f0305050_07504711.jpg
ステアリングはハンドルとホイールが直結でなくて、
モーターを介しています。
だから戦闘機みたいなレーバーを少し動かすだけで、
操縦できるということでした。
最高速だとか航続距離は聞いたけど、まだ言えないそうです。
f0305050_07533528.jpg
ロボットとロッシの対決ビデオも流してました。
でも、車の自動運転なら分かりますが、趣味性の強いバイクで
ロボット使う意味がイマイチ分かりません。
運転者がミスっても転ばないバイクの開発が目的なのでしょうが、
公道だと路面や周囲の環境変化の差がありすぎるので、
どんな状況でもコケないことを実現するのは、困難だと思います。
サーキットだけに限れば可能かもしれませんが、それだと
開発する価値があるのかなぁ。
いまのレースバイクでも電子的に転倒を避ける制御はなされてますが、
介入度合が大きくて、絶対転ばないとなると人間が乗る意味がなくて、
AI搭載のバイクだけでレースしても、誰が見るねん?と疑問です。
f0305050_08030986.jpg
無限の電動バイク。
2輪はこのくらいです。

4輪は
f0305050_08005710.jpg
ホンダの電動スポーツカー。
拡大して見ると、グリルの中のLED照明が
Hello!って言ってます。
こういう遊びすきです。
f0305050_08032047.jpg
ゲームのコンセプトカー
f0305050_08033243.jpg
メルセデスのレースカー
これはかっこよかったです。
f0305050_08034408.jpg
トヨタのハイブリッドの86みたいなやつ
f0305050_08035112.jpg
トヨタの電気自動車。

ほかにも画像はいっぱい撮ったのですが、
そっちは仕事用カメラで次世代車中心です。

今回のTMSは全体的に電動と人工知能がキーワードで
スポーツカーやスポーツバイクというより、コミューターが中心の印象を受けました。

電気のコミューターだと、デザインや高性能よりも最終的には割安でいっぱい乗れるのが重視されると思います。
そうなると日本のメーカーより、中国など新興国が優位になるのではないでしょうか?
数が売れるコミューターが重要なのは理解していますが、やはりフラッグシップやスーパースポーツは
電動でもいいので出展してほしかったです。









バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

# by yukifukaa | 2017-10-27 08:14 | その他 | Comments(2)  

ボンネットスプリング交換

クルマのボンネットを開けたらなんか落ちてきました。
f0305050_07563244.jpg
拾ったら、こんな部品。
コレなに?
ボンネットをよく見ると、こんなのが付いています。
f0305050_07515570.jpg
あ~、いままで注意して見たことなかったけど、運転席の
ボンネットをオープナーを引くとボンネットが少し上がります。
その押し上げるスプリングだ。
プラステックの部品が経年劣化で壊れたのでした。
合わせてみるとぴったり。

コレないとボンネットを開かなくなるのかぁと思いつつ、
そんなことないだろうとボンネットを閉じたら、開きません。
ヤバたん。

手伝ってもらって、僕が車内のオープナーを引っ張りながら、
フロントグリル内にもあるオープナーを引くと無事開きました。
だったらスプリングいらないじゃん。
でもボンネットを開けるのに、常に二人がかりじゃめんどくさいので部品注文しました。
f0305050_07503995.jpg
純正部品がネットで約1300円。
安いけど、送料が900円もかかちゃいました。
でも、ほかにいる部品もないし。
f0305050_07582424.jpg
新品はこんな感じです。
爪で止まっているので、その爪をドライバーと
ペンチで押さえながら古いほうを抜き取ります。
f0305050_07571666.jpg
よいしょ。
f0305050_07583914.jpg
浮いてきました。
もう少しだ。
f0305050_07584440.jpg
外れました。
f0305050_07585601.jpg
外したあとは穴が開いてるだけ。

f0305050_07514550.jpg
こっちが新品。
手で押し込むだけで装着できます。
f0305050_07590018.jpg
よいしょ。
f0305050_07590512.jpg
装着完了。
ボンネットは熱がこもるので、プラスティックの部品には厳しい環境ですね。
これは安いし、取り換えも簡単だからいいけど、重要部品にプラステックを使うのは止めてほしかったです。










バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

# by yukifukaa | 2017-10-16 08:17 | メルセデス | Comments(0)  

南会津ツーリング その3

3台ともガソリン満タンにして国道121号を引き返します。
交通量は少なくて、気持ちよく走れました。
今度は分岐を右に国道352号線で南会津を目指します。
こっちも交通量は少なく、適当にくねくねして気持ち道です。

途中、見晴らしのいい大きな橋があったり、
下ってカーブしているジェットコースターみないな長いトンネルがあったりと飽きません。

f0305050_07474868.jpg
目的地の湯の花温泉に到着。
200円の共通入浴券を買えば4つの共同浴場で入浴できるという
スーパーお得なシステム。
入浴券は商店で売っています。
f0305050_07475394.jpg
こんな感じのお店で売っています。
f0305050_07474112.jpg
昔からある地域の何でも屋さん。
今はコンビニに取って変わられつつありますが、まだ残っています。
f0305050_07474405.jpg
入浴券くださーい。
f0305050_07473382.jpg
ついでにお水もくださーい。
f0305050_07552388.jpg
じゃーん。
これが入浴券であーる。
写真は清水さん。
f0305050_07551702.jpg
入浴券売っているよ~と表示があります。
(写真は清水さん)

じゃあ、さっそく風呂入ろうぜ。
f0305050_07475681.jpg
まずは弘法の湯
f0305050_07482078.jpg
風格のある看板です。
f0305050_07480688.jpg
中はこんな感じ。
上着や貴重品はロッカーに入れます。
ロッカー使用料の100円は返ってこないので注意してください。
弘法の湯を楽しんだ後は、次に行きます。
いちいち脱いだり着たりするのはめんどくさいので、パンツとTシャツで移動(笑)
f0305050_07485614.jpg
パンツなのに足元はブーツ。
変な格好ですが、人が少ないので気にしません。

次は石湯だぜ!
混浴です。
ここのお湯はめちゃめちゃ熱かったです。
55℃超えていて、ほぼ拷問。
でも気合で肩まで浸かりました。
f0305050_08125900.jpg
2人ともパンツには見えないでしょう。
見えるって(笑)。
f0305050_08125025.jpg
じゃれるオッサン2人。
アホです。

温泉巡りはまだ続きます。
次は天神の湯
f0305050_07491406.jpg
ここも混浴です。
f0305050_08112260.jpg
安心してください。
はいてません。
僕はもちろんはいてます。
f0305050_08195384.jpg
決してゲイカップルではございません。

最後の湯端の湯は少し離れているので行きませんでした。
また弘法の湯に戻って入浴。
f0305050_07481430.jpg
さっぱりした清水さん。

風呂も入ったし、飯でも食べようかと外に出ると。
f0305050_08264873.jpg
え?
雨じゃん。
がび~ん。
f0305050_07482628.jpg
しばらく雨宿りしていたら、止んだので出発しました。
少し山を下ると路面も乾いていていい感じ。
帰り道にあるオアシスって中華屋さんが美味しいので、
寄ったら残念ながら定休日でした。
f0305050_08260678.jpg
道の駅でお蕎麦を食べました。
店を出ると雨。

帰りはずっと121号線で日光方面に向います。
雨はだんだん強くなってきて、せっかくの鬼怒川沿いの綺麗な風景もかすんで見えます。
ただ、ディアベル3台とも装着しているドゥカティ純正スクリーンは、整流性がばつぐんでほどんど濡れません。

宇都宮市街の道の駅で休憩。
f0305050_08362433.jpg
ここからはケータイホルダーを装着している清水さんの先導で
ナビに頼って宇都宮ICまで走って、お土産の餃子買って帰りました。

帰りの高速はずっと交通量が多く、しかも雨。
疲れました。
途中で少し給油して、大泉まで走って流れ解散。
f0305050_08420440.jpg
電子キーの電池がないよ~って警告灯が点灯。
電池換えなきゃ。
f0305050_07483655.jpg
家に帰ってスクリーン外して、軽く洗車してツーリング終了。
日曜日なら渋滞が嫌なので早めに帰ってきますが、
平日は比較的遅くまで楽しめます。
といっても家に着いたのは19時くらい。
ちょうどいい時間でした。


























バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

# by yukifukaa | 2017-10-10 08:47 | Diavel | Comments(0)  

南会津ツーリング その2

千本松牧場から、国道400号線で塩原温泉を経由して南会津に向います。
適当にクネクネしてていい道なのですが、この日は平日にもかかわらず交通量が多め。
特に塩原温泉周辺は、道を探しているのか極低速のクルマが何台かいました。
ほぼ追い越し禁止区間です。
あまり知らないところで捕まりたくないので、前のクルマについてチンタラ走ります。

途中、お友達からインカムでガソリン残量警告ランプが点いたから、
スタンド寄って~っと言われました。
え~!もう??
出発する時に同じスタンドで満タンにして、同じtuneboyのプログラム使ってるのに。
僕のはトリップと燃費のモニターから計算するとまだ余裕です。
なんでそんなに減るの早いの~。
スポーツモードで楽しく走ったからだとおっしゃいますが、
同じペースで来たのに。

そーぞーするに、何か月かバッフルなしのサイレンサーで走っていたので、
抜けが良すぎてディアベルちゃんの学習機能が、ガスを濃いめにしちゃって、
その後バッフル付けだけど、学習機能のメモリーが足りず、濃いままなのかなぁ。

まぁ、原因はどうであれ、現実にガス欠になったら困ります。
400号線から121号線に入りました。
この道は以前にも何回か通っていて、途中にそこそこの規模のガソリンスタンドがあったはず。
そこで給油すればいいやって思ったら、ありません。
ありゃ、廃業しちゃったのかなぁ。

目的地は121号線を352号線に左折した先にありますが、
分岐から約30キロ弱はスタンドなかったはず。
しかも、そこそこの登り道です。
僕のは分岐まで来てもガスの残量警告ランプは点灯していないので、
余裕でもつ計算ですが、お友達のはランプ点灯後、30キロは走ってます。
ギリギリ持つと思いますが、スタート時にリセットしていないので
燃料消費量が分からず、微妙な感じ。

分岐を左折せず、そのまま121号線にを行けば基本下りだし、
街が近いのでスタンドも多いです。
念のためグーグルさんに聞いて見ると、近くにあるよ~っておっしゃります。
しゃーないから、とりあえずそっち言って給油しましょう。
f0305050_08305021.jpg
分岐で相談したあとの僕たち(写真は清水さん提供)
後ろは東部鉄道の会津鬼怒川線です。

空いてる道をびゅ~んと行くとすぐにスタンドありました。
f0305050_08325171.jpg
とうきょうより1リットル当たり約20円高かったけれど、
背に腹は代えられません。
f0305050_08325409.jpg
都内だと基本セルフ利用するので、フルサービスは新鮮
こいつは大喰らいのお友達号
f0305050_08325852.jpg
よし満タン!
どこまでも行けるぜ!
いけないけど

そこからまた分岐まで、戻って352号線を会津高原に向います。
ここまで来るとかなり空いていて、気持ちよく走れます。

つづく





バイク(ドゥカティ)ランキングへ
[PR]

# by yukifukaa | 2017-10-06 08:41 | Diavel | Comments(4)